« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

天皇杯3回戦 突破!

スタジアムに参戦されたみなさん、お疲れ様でした。

天皇杯3回戦突破、おめでとう!

点差だけでなく内容も良かったようですね。

みんなに愛されているダニーロのゴールもあって、更に幸せな気分で家路につくことができたのでは?

次なる戦いもすぐにやってきますが、とりあえず今日のところはゆっくりと疲れを癒して下さい。

| | コメント (0)

2009年10月28日 (水)

水曜日のクラハ練習

本日も新井場の姿が見えない。
どうやらクラハには来ているようですが、室内で別メニュー調整なのでしょうか。

それと今日は本山の姿も見えません。

大丈夫かな~?

Img_3182 今週の練習ボールは天皇杯仕様です。

週末のアビスパ福岡との戦いは、2006年10月のアウェー以来ですか?

間違っていなければ、ちょっと嫌な思い出のある相手です。

2006年の10月、リーグ戦の優勝戦線に踏みとどまることが出来るかどうか、その岐路となった大事な一戦。

ここでしっかりと勝利をものにして、優勝への望みをつなげようとしたが、アウェーの地でもろくもその望みは絶たれた一戦です。

その試合では、何とか野沢がゴールを決め一矢を報いてはいたものの、チームはそこからどんどんと下り坂を転げ落ちるように落ちていったターニングポイントとなってしまった一戦だった気がします。

その次の試合で、千葉に0-4で大敗し、連戦となった千葉とのナビスコ決勝では、忘れもしない野沢の涙!

でも、そこから現在のアントラーズへ繋がったとも思っています。

いろいろな意味で、思い出深い福岡との再戦になります。

今度はあの時の借りを何倍にもして返してやろうじゃありませんか?

 

先日の田代のゴールは、去年のFC東京とのアウェーでの追撃ののろしとなったゴールをオーバーラップさせるものがありました。

現在のリーグ戦を戦うアントラーズの状況は、昨年とその時と状況が似ているような気もします。

雰囲気は悪くない。

後はきっちりと結果を出していくだけです。

ここからがアントラーズのそこ力の見せ所ですね!

 

Img_3184 昨日、姿の見えなかったマルキも今日は元気一杯に動き回っています。

シュートもキレキレです!

Img_3188 昨日、「切れている」と心配していた小谷野は、別メニューですがかなりのスピードでランニングをしていました。

ほっとしました。大事に至らなくて良かった~!

でも、無理すんなよ~!

Img_3189 今日は野沢が絶好調!

スピードとキレが戻ってきたようです。

ゴールの予感も漂わせる調子の良さ!

リーグ終盤の厳しい戦いを確実に勝ち抜くには、やはりこの人のリズムアップが欠かせませんね。

頼もしい後ろ姿です。

Img_3190 遠藤のシュートは惜しくもゴールを外れ、スタンド見学者の中へ!

Img_3191 写真がハレーションを起してしまって見え難いですが、後藤のPKです。

小沢さんが見事にセービング。

 

今日の大笑い!

接戦でとなり1点を争う好ゲームとなった何セット目かに、お互いの入れるべきゴールは何処か適当に聞いてしまっていたビブスチームのメンバーは、相手チーム(ビブスなし)のパクに聞くことに・・・。
パクはその際、間違って自分達の入れるゴールを相手に教えてしまい、キックオフと同時にビブスなしチームのマルキがボールを持つも、ビブスチームは誰もデフェンスには行かず楽々とゴール!

大岩(ビブスチーム)「パクが嘘を教えましたー!」

中田(ビブスチーム)「パクが嘘をつきましたー!」

岩政(ビブスチーム)「そこまでして勝ちたいかー!」

パク(ビブスなし) ニコニコしながら、「日本語わかりませ~ん!」

選手・スタッフ、スタンドも巻き込んで、全員爆笑の中、ゴールは認められました。

 

良い雰囲気だ!

| | コメント (5)

2009年10月27日 (火)

台風一過、すっきり晴れ渡ったクラブハウス

昨日の大雨はやはり台風の影響が大きかったのでしょうね。

鹿嶋だから大雨に風が強く吹いて、それで「台風みたいだね」なんてことを床屋のご主人と話していましたが、本当に台風だったなんて・・・。

今朝は目が覚めたら、既にすっきり晴れ渡っていて、昨日とは一転して素晴らしい快晴の一日になりました。

Img_3171 クラブハウスでの午前練習は、いつものとおり9時よりもかなり遅れた時間から始まりました。

時間をタップリかけた入念なウォーミングアップが終わると、目の前のグランドには4つのゴールが並べられ、何やら複雑な練習が始まりそうです。

Img_3172 チームはビブスチームとビブスなしチームの2チームに分けられ、それぞれに2つのゴールが与えられ、ワンタッチ、ツータッチ、スリータッチ、右足のみ(効き足のみでフリータッチ)、左足のみ(効き足と反対のあしでフリータッチ)といった具合にそれぞれのゲームに条件が付けられていました。

Img_3173 選手達は戸惑いながらも楽しそうにプレーしていました。

ワンタッチだとやはり全体のスピード(パスワークなど)がやや落ちてしまうのは仕方ないことですね。

それでも、徐々にそのスピードが上がっていくのは個々の選手の能力や順応性の高さを証明しているかのようでした。

Img_3174 ゴールがそれぞれのチームに2つあるので、特にセンターサークルのところに2つ背中合わせにゴールが置かれているので、攻撃していたかと思ったら、ボールを奪われた瞬間にすぐに自軍のゴール前というようなシチュエーションになってしまいます。

だから、これこそ〝攻守の切り替えのスピードアップ〟、しかも、〝前線の選手の攻守の切り替え〟が絶対的に必要になるので、凄く意味深い練習なのでしょうね!

Img_3175 先週の千葉戦の勝利が選手に自然な笑みをもたらしているようです。

先々週までの笑顔とは違って、本当に自然な笑顔が各選手から伺えます。

Img_3177 気のせいかもしれませんが、先発を外された青木の動きがいつにも増して良かった感じがしました。
気合が入っているというか、アップに段階から一切手抜きすることなく、常に全力って感じが伝わってきました。

気のせいかな?青木自身はいつもどおりのつもりかもしれませんね。外野の我々(私)はそんな色眼鏡でついつい選手を見てしまいます。

でも、良くみえているのだからそれで良しとしよう。

Img_3178 そして、今年の夏以降にグーンと良くなってきているのが後藤圭太なんだけどな~。

まだまだ、(岩政、伊野波、大岩との比較において)パスや1対1でミスしてしまう粗い部分があるのは否めませんが、「どこが良い」ってことは分からないけど、練習や練習試合を見ていると何故か「いい!」と感じてしまいます。

是非とも、岩政や伊野波と組んで、トップの試合でどんなプレーをするのか見てみたいです!

Img_3179 楽しそうに進んでいた練習ゲームも、やっていた選手達には結構きつかったのですね。

終了すると同時に、その場に座り込む選手や給水している選手を見ていると、ハードな練習だったことが分かりました。

Img_3180 ここにきて、ライバル達に遅れを取った形が明らかになってしまった大迫。

不調の興梠はレギュラーの座を奪われるかもしれないという危機感の中から、先日の試合で見事復調を感じさせる活躍をしました。

磐田戦、千葉戦と途中出場の田代もようやく「得点」という結果を出し、得点以上に彼の存在感というか必要性をしっかりとアピールできていたと思いました。

今やFW陣の4番手、いや、練習試合でゴールを上げて負けじと奮起している竜太との争いでは5番手となってしまう可能性も充分にあります。

竜太との違いは、見た目の元気良さが伝わってこないところです。

ですから、竜太の方がずっと好調に見えてしまいます。
本当は大迫も調子は悪くないと思うのですが、春先に感じられた〝オーラ〟が消えてしまっているかのようです。

焦ることはないと思います。
ルーキーなのですから、この時期をどう過ごしていくのか?それが大切だと思うし、ですから我々サポーターは彼を成長させるための時間として、今は温かくゆっくりと見守ってあげることが必要なのだと感じました。

Img_3181 それは、この人にも言えることだと思います。

篤人です。

大迫と同じように、元気が無い!

にこやかな笑顔でプレーはしているものの、声も出ていないし、なによりも覇気が感じられない。

動きも少ないし、体調が優れないのかな~?

彼はチームに戻ってくれば試合に使われる立場にあります。

いくら新井場やパクが好調であっても、彼らを抑えて先発するだけの実力があるのですから、そこそこはやってくれるに違いありません。

でも、篤人が絶好調であるか否かによって、アントラーズの試合展開は大きく変わってしまいます。

ですから、出るからには絶好調で(絶好調でなくとも、嘘でも絶好調のように)奮起して欲しいです。

その〝気持ち〟を、今は篤人に期待します。

 

それから、今日の練習に参加していなかった選手は。

マルキ、新井場、小谷野、大道、川島、笠井だったかな。

クラハの顔見知りの情報によると、新井場は昨日もクラハには来ていたようですから、どこか悪くして治療しているのか、それとも別メニューで大事をとっているのか?といったところでしょうか。

川島は故障した箇所の手術らしく、先週の練習試合で負傷してしまったらしい小谷野と大道はどちらも「切れている・・・」重症らしいとのことでショックです。

小谷野はどれ位の期間がかかってしまうのだろうか?ここのところ好調であっただけに残念極まりない。

大道はやっとここまで回復してきていたのに・・・・。後藤の時と同じじゃないか。

本人は当然、悔しくて仕方ないだろうけど、(勝手に)回復を見守ってきた私も悔しくて仕方ありません。

でも、後藤が現在、元気に活躍している良い前例があるのだから、下を向く必要もないです。

ひたすら前を向いて、できること(今は治療)を毎日毎日コツコツとやっていくしかないですから、我々サポーターはそれを再び温かく見守るしかありません。

頑張れ、大道!

負けるな、小谷野!

待っているぞ、川島!

早く帰って来い、笠井!

君達が、将来のアントラーズを背負っていくんだから!!

| | コメント (0)

2009年10月26日 (月)

スケジュール変更

今日の鹿嶋は大雨です。

今日は15時からサテライトの練習試合があるから、「カッパと長靴の万全装備で見に行こう!」と思っていましたげ、残念ながら、先ほど「本日の練習内容の変更メール」が届きました。

なんとなくそんな気はしていましたが、今日の練習試合は中止のようです・・・。

楽しみにしていただけに・・・。

でも、風邪やインフルエンザが流行っているから、雨の中、試合をして選手が風邪でもひいたら大変だから仕方ないですね。

どうせ、今日の練習も室内での練習で見学できないだろうから、あとで散髪にでも行ってくるか!

その後、録画してある『アントラーズレポート#04』を観よう!

 

明日、練習試合やってくれないかな~?

| | コメント (0)

2009年10月24日 (土)

久しぶりの感触

勝った~!

良かったよ、本当に良かった!

FW全員が点を取って、守備陣も見事完封。

スタジアムで戦ったみんなの勝利です!

嬉しい。

本当に久々の感触だ~!

ありがとう。

| | コメント (0)

頑張れアントラーズ!

もりっちさんの練習レポを拝見して、小笠原の調子がいまいちで苦しんでいる様子が伝わってきました。

でも、そんな時こそ他のチームメイトが頑張って、苦境を乗り越えてくれるはずだと信じています。

ゴール裏の大声援もきっと彼らを勇気づけるに違いありません。

頑張れ!アントラーズ!

明日のことは考えず、今日、目の前の勝利に全力で立ち向かおう!

| | コメント (0)

2009年10月23日 (金)

鹿嶋市民になるまで(19)

(「鹿嶋市民になるまで」のカテゴリーをご参照ください)

〔前回に書いた「鹿嶋市民になるまで(18)」の最後の部分〕

単純に、“鹿嶋の価格は安い”のだということはなんとなく分かりましたが、それが家を建てるのにどんな違いになるのかを調べなくてはいけないと同時に感じました。
預貯金、ローン、こういった話になると何よりも現実的な話なのかそうでないのかについては、「総額」によりますから。
関西の4分の1、6分の1であることは分かっても、一体それが家を建てるのにどれくらいの差になるのか?
「坪」とはどのくらいの大きさなのか?
総額ではどれくらいになるのか?

新たな疑問が続々と出てきました!

都内で家を建てるには・・・?

私が好んで観ていたテレビ番組に『大改造!劇的ビフォー・アフター』や『完成!ドリームハウス』などがあります。

これらの番組では、一般的な土地に普通の住宅を建築するといった観点ではなく、〝狭小な都会の土地に家を建てる〟ことや、〝古くて住み難くなってしまった家をリフォームする〟ことをメインテーマに制作されていたためノーマルとはちょっと遠い家が多かったのですが、そんな中でも、土地の値段やどのくらいの土地の広さがあれば家が建つのか?といったことについては参考になった部分も多々あります。

そして、街を車や徒歩で移動する度に、分譲されている〝土地の大きさ〟や〝坪単価〟などをちらほら観るようにもなり、不動産屋さんの窓ガラスに貼られている物件情報にもひきつけられるようになりました。

また、会社の同僚で家を建てた経験のある人には、「土地は何坪くらいあるのですか?」とか「坪単価はいくらでしたか?」なんて質問も結構ズケズケとしていました。

そんなことで、「30坪あれば家は建てることができる」、「駐車場を考えるなら最低でも40~50坪くらいは欲しい」とか、「庭を検討するなら凡そ60~70坪以上あればOK」(全て私個人の感想ですのであしからず)といった自分なりの想定を立てるにまで至りました。

そして「坪単価」ですが、都会では1坪100万以上は普通、都市近郊では1坪60万以上、田舎なら1坪40~50万以下という、こちらも〝自分なりの基準〟を立てれるようになりました(但し、都会でも、都市近郊でも、また、田舎でも場所によっては値段の上下幅は大きくなることもあるということも同時にインプットしました)。

また、これら土地の情報を得ていく中で、「土地を購入してその上に家を建てる方法」と、「土地と家を一挙に入手する建売分譲を購入する方法」があることを改めて理解し、さらに、土地の上に家を建てるときはそれぞれの地域(県?or市?どうだったかな?)によって、「隣の家の壁との距離」や「隣接する道路に対する建物の高さの制限」があることも勉強しました。

従って、私のプランの中では、「鹿嶋という田舎に住むことを計画しているのだから、都会で家を建てるのと違って、広々とした空間を確保できるくらいの大きさの土地」ということを第1希望に、そして、「土地を買ってその上に家を建てるのか?それとも建売住宅を探すのか?ということについては、物件を探していく中で巡り合ったものに対してフラットに考えていこう」とも思いました。

まあ、実際にはまだ物件を探すことをスタートさせた訳でもなく、自分の夢の中でシミュレーション的に考えているだけなので、余計に理想が高く、現実はあまり考慮していない希望にしか過ぎないのですけどね。

これらの情報を得た後に、改めて鹿嶋の土地の値段を調べてみると、鹿嶋市内(スタジアムを北限として)の土地価格については「7万~14万くらい」という範囲に納まるという理解をして、そして売りに出されているそれら土地の広さの平均は70坪を中心に分布している(やはり都会と違ってかなり広めの土地として売り出されている)ということも分かりました。

ということは、平均的に70坪×7万円~14万円=490万円~980万円の土地購入費用が必要ということが判明しました。

これを「安い」と捉えるか、それとも「高い」と捉えるかは、何処に土地を購入しようかと探している人によって様々でしょう。

私は、これまでに自分が住もうと思った場所の分譲土地の情報を再度検証してみて、改めて「鹿嶋の土地は格安だ!」という見解に至りました。

この時点で、「都会なら頑張ってもマンションが精一杯だけど、鹿嶋なら土地付きの一軒家が可能かもしれない」という考えを一本立てるに至りました。

それと同時に、鹿嶋における土地に掛かる購入費用の想定から、「これなら建売でなくてもいけるかも?」とか「建売ならもっとリーズナブルになるのかな?」とかいうことも併せて想像して、益々、夢は膨らむ一方となりました。

でも、夢から現実に目を向けると、土地を購入できる現金も貯金もないのですけどね・・・!

さて、次の想像は上物(建物)です。

| | コメント (0)

2009年10月21日 (水)

体力回復

すっかり筋肉痛も治まり、体力も十分に回復しました。

しかし、もうリーグ戦には参戦することが出来ません。

スタジアムで戦うサポーターの仲間に託すしかありません。

お願いします。

アントラーズに力を与える応援をお願いします。

苦しい時こそ、みんなの声が力になります。

選手を勢いづけるのもゴール裏のパワーです。

相手も必死の覚悟で向かってくる千葉です。

相手以上の決意が我々にはあることを見せつけてやって下さい。

| | コメント (2)

2009年10月19日 (月)

シャムの国

磐田戦を終えて、スタジアムから帰ろうと試みるも、酸欠になり、足の自由も効かないくらいヘトヘトになっていました。

仲間にも「お疲れ様でした、もうちょっと休んでから帰りますので先に帰ってください・・・」というような始末。

スアタジアムの照明が徐々に消されていくので、いつまでもそこに残っているわけにもいかず、仕方なくゆっくりと歩き出すも、階段すらまともに下りられない状態でした。

なんとかフラフラになりながらも出口を進んでいくと、Iさんチームが「選手バスをチームコールで見送る」ということで、先を急ぐ旅でもないし、どうせ早く歩くこともできないし、駐車場は渋滞してるだろうからと一緒にチームコールに参加することにしました。

小笠原あたりがバスに乗り込む頃からバスに向かってチームコールを始め、バスが発車して見えなくなるまで、チームコールを続けた時間は実に30分以上!

ずっと、その間、一度も絶やすことなくチームコールを続けました。

試合が終わった瞬間に「もう駄目だ!余力は一切無い」と思っていましたが、やればできるもんですね~、試合が延長戦だったとしてもまだ戦えていましたね!

でも、さすがにその後は一歩一歩ゆっくりと歩くことしかできず、ちょっと離れた場所にある駐車場に着いた時には、そこにある車は私の車1台だけでした。

お蔭で、道はガラガラ、磐田ICまで僅か数分で行くことができました。

行きと違って、ゆっくりと80~100k/hくらいで走り、京都まで約2時間30分で帰り着くことが出来ました。

んんんん?

確か、京都から磐田に来る時もなかり急いで車を走らせたつもりだったけど、2時間30分かかったような???

久御山淀ICから15分で草津JCTまで来て、そこから新名神で亀山まで順調に進み、東名阪で亀山~四日市間で渋滞にはまり、伊勢湾岸道を通って豊田JCTまで1時間35分で来ました。
そこから約1時間でヤマハスタジアムの前まで来ましたが、駐車場を探して、車を降りて歩き、ゴール裏に着いた時は試合開始の15分後。

やはり、東名阪の渋滞があったから、行きは2時間30分もかかったんだなあ~。

続きを読む "シャムの国"

| | コメント (1)

2009年10月17日 (土)

まだまだやれる!

まだまだやれる!
限界までやった。

マジ、キツイ。

ここまでやったのは初めて。

フラフラで真っ直ぐ歩けない。
でも、まだ闘えるよ。

気持ちが残っているから!

| | コメント (0)

2009年10月16日 (金)

ヤマハ途中参戦!

明日の磐田戦は、多分、途中からの参戦になります。

京都での仕事を終えてから車で急いで向かうことになるため、ヤマハスタジアムへの到着はキックオフの後・・・、高速道路が渋滞していたら後半からになるかもしれません。

チームは残りの6試合すべてが決勝戦のつもりで戦うに違いありませんから、私も何とかいける試合は多少無理してでも参戦したいと思っています。

しかしながら、リーグ戦で参戦が可能なのが、この磐田戦しかありません。

年内は天皇杯の準決勝に勝ち残ってくれれば、その試合への参戦は可能となります。

 

でも、「見に行きたいから・・・」と言う気持ちよりも、「優勝したいから」と言う気持ちの方がはるかに強くなってきています(優勝することができれば、私はスタジアムに見にいけなくても構いません)。

勝ち点差を離して逃げていた頃は、「優勝」のありがたさを薄く感じていた時期もあったような気がします。

首位をすべり落ち、もしかすると優勝できないかもしれない状況になって初めて「優勝したい!」という自分の気持ちに気付くなんて、サポーターとしては失格なのかもしれませんが、ここにきてようやく自分の気持ちに気付けたことで、「何としてでも優勝する!」という強い意欲が湧き出してきました。

 

これからの残り6試合を全て勝つことは相当に難しいことだと思います。

一昨年のような奇跡の連勝を再び起こすことはかなり難しいことです。 

でも、アントラーズサポーターはそんな〝難しい状況〟にならないと本当の力を発揮できない不器用なところがあるとも思っています。

これからがアントラーズサポーターの本当の力の見せ所です。

 

2009年、再び、選手・スタッフとサポーターが一丸となって、「奇跡」を起こすべく走り出しましょう!

 

先ずは、明日が大一番です!

| | コメント (2)

2009年10月12日 (月)

天皇杯勝利

まずは、天皇杯の勝利おめでとう。

スタジアムで戦ったサポーターの皆さんもお疲れ様でした。

新聞で浦和が地域リーグのチームに敗れたことを知り、驚くとともに改めて天皇杯トーナメントの恐ろしさを実感しました。

アントラーズが内容はどうあれ、勝ち上がることが出来たことを素直に喜ぶべきなのでしょう。

全く映像を観ることが出来ていないので、試合内容が良かったのか悪かったのかもわかりません。

内容が悪ければ、結果的に試合に勝利していても・・・とスタジアムで戦ったみんなは言うかも知れませんが、スタジアムどころか映像すら観れなかった私にはアントラーズの勝利が全てです。

ですから、手放しに嬉しいです!

つくづくサポーター(私のことですが)とは勝手なものですね。

負けても内容が良ければよしとする。

内容が悪くとも勝てばとりあえずよしとする。

まあ、いいか!これで!

| | コメント (0)

2009年10月 8日 (木)

ご心配お掛けしました

昨日は試合が終わってから家に帰り、急いで風呂で汗を流して、20時半に出発しました。

海老名で渋滞にはまり、新名神で通行止めにあいましたが、何とか4時半に滋賀にたどり着くことができました。

途中、台風の影響で雨と風が非常に強く、運転もヤバかったです。

5時半から出勤だったので、そのまま仕事へ行きました。今日一日、何とか目を開けていることができました。

もう限界です!ちょっと早いですが、これから爆睡します!

今日は、ぼーっとしていた時に、何故か昨日スタジアムで見た一つのシーンが頭の中で繰り返し流れていました。

アントラーズのベンチ前でラインを割りそうになるボールに、スタッフ全員が一斉に駆け寄ったシーンです!

一丸となっていたよな〜。嬉しかったな〜。

うん、今日はこれからそんな夢を見ながらたっぷり寝ようっと!

| | コメント (2)

2009年10月 7日 (水)

渋滞と台風

渋滞と台風
只今、海老名手前で渋滞中。

台風来てるのに、なんで未だに集中工事やってんの?

その先に行こうとしてる利用者のことは考えないのかな?

がんばれ自分。

| | コメント (0)

きっかけ

おそらく、選手もサポーターも、テレビで応援した人も、携帯で試合経過を祈りながら眺めていた人も、みんな何かのきっかけを掴めた21分間だったと思います。

より一層の悔しさと「俺達はまだまだ出来る!」と可能性を実感したことで涙が出そうになりました。

可能性ある限り、絶対に諦めない!

それが鹿島アントラーズ、そしてアントラーズサポーター!

さあ、これからだ!

| | コメント (0)

2009年10月 6日 (火)

いよいよ!

いよいよ明日は、川崎との16分+ロスタイムの対決です。

日本で始めての〝再開試合〟です。

プロのトッププレーヤーが、ガチで16分間のみ全力で戦うサッカーは一体どんな展開になるのかsign02

鹿島の選手の勇姿を見るだけでなく、いちサッカーファンとしてもこの試合を生で観ることが出来る幸せを実感しています。

シチュエーションは中断した時のまま、しかも天候まで中断時を再現するかのように大雨となりそうです。

これも神の与えた必然sign01

そうとなれば、選手やサポーターの気持ちを中断時と同じ気持ちに早く帰ることができたチームが16分を制することができると信じます。

2点のビハインドがアントラーズにはありますが、奇跡を起すことを信じて、最後まで息を抜くことなく戦いましょうrock

最初からトップスピード、トップテンションsign03

| | コメント (1)

2009年10月 5日 (月)

新潟戦お疲れ様でした。

昨日の新潟戦をスタジアムで戦われたサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

残念な結果となってしまいましたが、これで全てを失ってしまったわけでも、優勝の可能性が無くなったわけでもありません。

私は試合に行くことはできませんでしたが、録画で試合の映像を見る限り、名古屋戦のように大変なチーム状態にはなっておらず、逆に非常に良い試合運びが出来ていたのではないかと見ました。

新潟に奪われた得点は、内田潤の素晴らしいパスとマルシオリシャルデスのスーパーなプレイによって奪われたもので、アントラーズでなくともどこのチームでも奪われてしまったであろう失点だと思います。
相手を褒めるべきであって、アントラーズの守備をとやかく言うような失点ではなかったと思います。

気持ちの入った攻撃や守備への切り替え、選手達には戦う気持ちが現れており、結果として負けてしまったもののブーイングするような試合ではなかったでしょう。
ですから、試合終了後にゴール裏から「ゴール鹿島?」が聞こえてきた時は嬉しくなりました。

選手達と共に積み重ねてきた貯金は無くなってしまいました。

しかし、トップから何点も離された順位に落ちてしまったのではなく、トップと勝ち点差では並んでいて、得失点差での2位というポジションは「優勝」を狙える絶好の位置にいることに違いありません。

苦労せず余裕での優勝もいいですけど、ヤバイ状況を選手と共にギリギリの戦いをして、最後の最後に劇的に歓喜の涙を流すのもいいじゃないですか!

名古屋戦から選手達はきっちりと切り替えて、これまでの強かった鹿島アントラーズを見せてくれました。

今度は我々サポーターがきっちりと気持ちを切り替え、優勝に向けて選手達のアドレナリンを出しまくることができるような大興奮の応援をしていこうじゃありませんか!

早速、水曜日には歴史に残るよな16分の戦いが待っています。

我々の応援で、本当に歴史に残る、語り継がれる奇跡を起しましょう!

 

PS. 今日のクラハではサテライト組が熱のこもった激しい練習を行っていました。気迫が伝わってくるようでした。残念なことに川島が途中で足を負傷して担架で運ばれていきました。大したことが無ければいいのですが、ちょっとやばそうです。

| | コメント (0)

2009年10月 2日 (金)

東上中

東上中
只今、東名高速道路を東京方面に向かって東上中です。

凄い雨です。どしゃ降りです。

明後日の新潟戦は残念ながら仕事のため参戦できません。

でも、水曜日の川崎戦に備えて車で向かっています。試合後に翌朝までに滋賀県へ戻らなくてはならないので、公共交通機関を利用したのでは間に合わないため車が必要なのです。

ちなみに、滋賀県の草津田上インターチェンジから伊勢湾岸道を通って磐田インターチェンジまで2時間10分でした。

渋滞状況や曜日の違いはありますが、ヤマハでの磐田戦は京都での仕事を終えてから向かったら、前半の途中にはスタジアムに着けそうです。

行ける可能性は十分ありますね!

現在、牧之原SAで休憩中です。

0時に東京インターを通過すれば1000円ですよね。まだ、どこかで時間調整が必要になりそうです。

安全運転で行きます。

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »