« ノーゲーム | トップページ | がっつり味噌ラーメン »

2009年9月14日 (月)

川崎戦あれこれ

昨日エントリーした記事はたった3行程度のあまり意味の無いものでしたが、なんと1000人以上の訪問者があり驚いています。

それほど話題を集めた一戦になってしまったということなのですね。

昨日は一日中外仕事で、前夜の疲労も重なり、私も体力的・精神的に疲れがピークになっていました。

それでも録画で試合を確認してみました。Img_3020

まず、最近失点が多い立ち上がりですが、特にヒヤッとさせられるような場面もなく、しっかりと組織されパスワークも充分、逆に惜しいゴールチャンスもあってここ数試合では一番良い試合の入り方が出来ていたと思います。

その後も主導権を握っていたのは鹿島で、攻め込まれて耐えたところでボールを奪ってカウンターを仕掛ける川崎といった展開が続きましたが、鹿島守備陣は慌てることなく、ボールを持たせてもいいところは相手に持たせ、その間に数的優位を作って、ミドルシュートを選択せざるを得ないような形に持ち込んでいました。

したがって、得点されるシーンまでは、いや得点された後も「やばい!」っていうシーンは後半のジュニーニョのシュートを岩政と曽ケ端が防いだシーンまで無かったと思います。

チョン・テセに得点されたシーンは、野沢らしくないボールの取られ方からテセにボールが亘ってしまい、岩政のスライディングも間に合わなかったほど、テセのプレーがスーパーだったのですね。

この後、マルキの得点に繋がる素晴らしいクロスを供給した野沢ですが、試合全体を通して〝らしくない〟プレー(パスミス・トラップミス等)が多く見られたところが鹿島としてはいつもと違った大きな点(誤算)だったのではなかったでしょうか?

1点目の失点で岩政と曽ケ端は責められないと思います。
また、ボールを奪われた野沢ですが、その後のアシストでミスも帳消しだと思います。

そして、2失点目も先述したとおり、相手がミドル(このシーンはロング)シュートしか選択するしかなくて撃ったボールが鹿島の選手に当たり、それがCKになってしまっています。
CKは中村のボールが良かったということは言えるのでしょうが、きちんと新井場が相手よりも先にボールをヘディングでクリアしています。
そして、そのボールが走りこんできたテセの顔面に当たって(鹿島にとっては角度が悪く)ゴールに入ってしまったというものだと思われます。
テセをフリーにした選手の責任なんて見方がされるかもしれませんが、あんなのははっきりいって「事故」です。
川崎側からみれば、〝そこにFWが走りこんでいたから〟、〝中村のボールの質が良かった〟故の得点だと解釈すれば良いと思いますが、鹿島側からみれば〝何かを修正しなければいけない〟ような失点ではなかったと思います。

その後も鹿島の選手の動きは悪くなく、ポゼッションもOKで川崎よりも遥かに多い得点チャンスを作り出すことが出来ていたと見ます。

しかし、決まらない。
最後の最後が決まらない!

残念ながら、前半終盤から降りだした雨のせいで、CSの受信状況が悪く、後半の一部分(15分弱)が録画されていませんでした。
従って、録画が再開された時にはジュニーニョに3点目を奪われていました。そのシーンは中断中のリプレーで見ることができましたが、その失点は「伊野波がスライディングしてればな~」、「曽ケ端はたまにあそこを開けてしまうことがあるよな~」とは感じましたが、だからと言って彼らを別の選手に代えるまでのものだとは思えません。

『サッカーはこういうもの』と表現されることがよくあるが、まさに取られた3点は紛れも無く事実であり、いくら鹿島がいい内容の試合を展開していても1点しか取れていない事実のもとに1-3というそこまでの状況が作り出されています。

しかし、「鹿島の試合内容が悪かった」とか「このメンバーである限りよくならない」といったコメントを他のブログ等で目にしましたが、決してそんなことは無いと思います。

Img_3021 また、豪雨は1時間で26ミリを記録していたそうです。

カシマスタジアムのピッチは国内のスタジアムの中でも芝の状態は上位クラス(まして水はけはトップクラス)なのではないでしょうか。少なくとも私はそのように認識しています。

そのカシマスタジアムであっても中断せざるを得ない状況になってしまうほどの大雨です。きっと他のスタジアムならもっとひどい状況であったとしてもおかしくないでしょう。

だから、スタジアム管理を批判する心無い多くの声には憤りを感じています。

逆に、カシマスタジアムだからあの状況であっても「最後までできた!」かもしれません。

ですから中断~中止が正解だったとは私も思ってはいません。

〝サッカーはこういう悪天候の状況でもプレーするもの〟と篤人と同意見です。

ですから、あの時も「辞めてくれ」とか「中止になれ」なんてこれっぽっちも思っていませんでした。
そんなことになるなんて夢にも思っていませんでした。

中断された後も、「一度中断してしまったからには、少しでも状況が良化していなければ再開判断しにくいだろうな」と思い、雨が一向に小降りにならない状況では「再開のタイミングが難しいだろうな~」とも・・・・。

「中止にしたら非常に難しい状況となる」と思っていただけに、殆ど雨の状況が変わらなくても、嘘でも「雨が小降りになった」といって再開されるだろうと、「そうしたら〝雨に強い〟増田がヒーローになる」とまで考えていました。

Img_3022 でも、〝まさか〟が起こりました。

川崎にとっては信じがたい判断、カシマにとっては〝奇跡が起きた〟とも捉えられる判断でした。

どうなるの?

これは15日のJリーグ理事会で審議されるらしいが、規則上は「原則、再試合」となっているが、「不測の事態」であればどんな状況からの再試合であっても良いとされているらしい。

正直言って、後半29分で1-3の状況から再開されるのは嬉しくない。
0-0からの90分再試合であって欲しいと願う自分が居るのも事実。

もし、この立場が逆なら、まったくその反対を望むだろう。
だから川崎側の不満は良~く分かります。

こうなってしまっては、理事会の判断に従わざるを得ないのですから、鹿島にとって最高の判断になることを期待しつつ、〝1-3で後半29分から〟という判断も覚悟しておこうと思います。

しかし、『勝負』に情けは禁物です!

相手に少しでも驕りを見せたら、その瞬間から転落は始まります。

何と言われようが、どんなに批判されようが、結果として「勝利する」こと「勝ちきる」こと、そのためには手段を選ばないほどの非情さを今は持ちたいと思います。

私は、〝岡田に田代を退場させられたあの試合〟を忘れてはいません。

あの試合も34分の1の試合には違いありませんが、その後の優勝争いに大きく影響していた結果になったと、個人的には思っています。

でも、そんなことはシーズンが決まってしまってからいくら吼えても何も意味がありません。

敢えて言います。

「サッカーはそんなもの」です。

そして、もう一つ。

「多分、リーグ関係者や審判団は鹿島よりも川崎の方が好きに決まってます!」

我々はそんなことを裏付けられる思いを何度もさせられてきました。

そんな状況も乗り越えて、今の〝連覇〟があります。

〝3連覇〟も、そんな苦難にぶつかっても、今までのように乗り越えて必ず達成します!

今の鹿島アントラーズに揺るぎはありません!

我々サポーターも気持ちがブレることなく戦い続けます!

|

« ノーゲーム | トップページ | がっつり味噌ラーメン »

コメント

等々力ならもっと水はけいいですよ。もっと酷い雨でも大丈夫でした。
あと

>「多分、リーグ関係者や審判団は鹿島よりも川崎の方が好きに決まってます!」

ベストメンバー問題や我那覇問題などでむしろ「川崎はJリーグに嫌われている」
と他サポの方にもよく言われています。残念ながらとりあえず好かれては無いですね(笑)
鹿島は何度もゴール裏が問題起こしても処分が軽いでしょう?余所ならとっくに解散です。

こうやって書くと煽ってるように見えるかもしれませんが
個人的には強い鹿島をリスペクトしています。堂々としていて欲しいですね。

投稿: クッキー | 2009年9月14日 (月) 14時48分

クッキーさん、コメントありがとうございます。

それぞれ自分達のチームやサポーターが他からどのように思われているか?(ここでは審判や協会関係者ですが)

我々もそうですが被害妄想がどうしても抜けないものですね。もしかするとどののチームのサポーターも同じように「うちは・・・」なんて思っているのでしょうね!bleah

私なんかは、「川崎は鹿島よりもずっと審判に好かれている」って思っていました。お互いに自分達のことをそのように思っているのですね。結局は審判は中立なんでしょうけど・・・(笑)

 
先日の中止は心中お察しいたします。

もし立場が逆なら、多分、我々はもっと騒いでしまっていたかもしれません。いや間違いなく、マチコミッショナーや岡田を囲みに、スタジアム出入り口を封鎖していたかもしれません。

川崎サポーターはアウェーという環境に配慮しながらもマナーを守って自分達のできる限りのアピールをされていたと思います。偉いです!

そんな川崎サポに向かって我々は「帰れコール」をしました。このコールは決して理解されるものではないと思っておりますので、弁解などいたしません。

しかし、そのコールのずっと前(中止の発表があって間もなく)に、鹿島のコールリーダーは「今日は川崎さんに配慮して、このまま静かに引き上げましょう」とゴール裏のサポーターに指示していたことも知っておいてください。

「理解してくれ」とはいいませんので、これに対する怒りを持って再試合戦って下さい。

我々は自分達で蒔いた種です。怒りや批判を受け止めて戦います!

鹿島よりも釈然としない川崎サイドだと思いますが中止(再試合→中止に訂正しました)は既に事実(決定事項→事実に訂正しました)です。どんな形での再試合になるか分かりませんが、もう一度、お互い自分達のチームを精一杯応援して戦いましょうsign01

「やっぱり鹿島は強かった!」といわれる試合と応援を是非やりたいと思っています。

もうひと勝負、お相手よろしくお願いします。m(_ _)m

投稿: 鹿莫迦 | 2009年9月14日 (月) 16時07分

ご無沙汰です。なんかまるで鹿島のピッチが悪いように言う相手チームサポさんがいるようですけど、あそこは砂だらけで芝を長く伸ばしていない上に、陸上競技場仕様ですから、比較されても困りますね。言えることは、一昨年の台風のホームでの大分戦、確か同年だと思いますがナビのホームでの広島戦、そして昨年の雷雨の浦賀戦、すべてに参戦した記憶では、比較しても「雨量」に関しては12日の試合がいちばん激しかったと思います。部分的ではなく、ほぼ全面で「アンチ・フットボール・フィールド」化していたのは初めてでした。本来ならば、もっと早くに中断して様子を見るべきだったのではないでしょうか。
とにかく、僕としては選手の怪我が最も怖いケースだと思っていました。申し訳ないけど、一昨年のアウェイ開幕戦では「マルキ」、ホームでは「ファポン」、そして今年のナビで「伊野波選手」が壊されている実績のある相手ですからね。怪我人が出なくてよかったと思っています。
僕なら「勝っていようと負けていようと、きっちり最初からやってはっきりさせようよ」という気持ちが強いですね。多分、勝っていたらなおさらそう思うんじゃないかな。チームに自信がありますから。
スケジュールが大変とか言っている相手サポさんがいらっしゃるようですけど、ちと情けないですね。チームが強いことの証なのにね。僕たちはもっとひどい理不尽を何度も味わっているので、耐性があるし、ひどい仕打ちを受ければ受けるほど燃え上がる伝統がありますからね。
さあ、次のかもめ戦、そしてシャチ戦を勝つという強いサポータースピリッツに切り替えて、勝利に向けて戦い続けましょう。それが僕たちのジーコスピリッツです。あちらの監督やコーチ陣は、確かそのことをよく理解しているひとたちばかりだったと思うのですが・・・。

投稿: とこしか | 2009年9月14日 (月) 16時55分

とこしかさん、お久しぶりです。

どうも、私が参戦する試合は鹿島にとってゲンが悪いのかもしれません。ヤバイっすよ!coldsweats01

昨日の試合でも前半の終わりごろ、鹿島陣地側のバックスタンドよりのサイドライン付近で青木とテセがボールを取り合ったシーンをご覧になりましたか?

青木が勝ってボールとテセの間に身体を入れたところを、真後ろから右足をアオキの右腰あたりに引っ掛けて反則したシーンです。

あれは青木が予測していない状況だったと思われるので、非情に危険なプレーです!annoy

あれをやるんですよ!あいつは!

鹿島サポの「帰れコール」に対して「スポーツマンシップは無いのか?」と意見するコメントを他のブログで見る機会がありましたが、テセのあのプレーこそスポーツマンシップのかけらも感じられ無いのではなかったでしょうか?サポーターの応援は〝戦(いくさ)〟ですからスポーツとしてやっている訳ではないでしょう。少なくとも私はそうです。

「奴らを血の海へ」とか「息の根を止めろ」を聖歌としている」鹿島ゴール裏にスポーツマンシップを求める人もどうかと思いますが、テセのあのプレーを〝ガッツ溢れるプレー〟と評価してしまう人がもし川崎サポにいるのなら、私はなりふり構わず戦いますimpact

昨日は本当に怪我人が出なくて良かったです。

この気持ちは川崎を相手にする鹿島サポーターにしか分からないでしょうねbleahsign01

投稿: 鹿莫迦 | 2009年9月14日 (月) 20時30分

まったくその通り。早くスタでお会いしたいものです。それでは、再会の日まで、お互いに元気で、鹿島を溺愛し続けましょう。

投稿: とこしか | 2009年9月14日 (月) 21時27分

川崎サポではありませんが、テセの件。
あれくらいは普通にありますよ。サッカーなんですから。

投稿: とおりすがりの他サポ | 2009年9月15日 (火) 00時41分

通りすがりの他サポさん、こんにちは!

試合で反則したら、いきなりイエローカードやレッドカードになることもありますが、「あれくらいありますよ」って反則なら、最初は口頭注意ですよね。
でも、同じようなことを続けてやれば、2回目はイエローカード、3回目はレッドカードになりますよ!

テセの場合、鹿島サポの私としてはファボンを潰されている件や等々力での岩政へのレイトアタック(とでもいいましょうか?)既にイエロー・レッドの域は超えていると思っています。(奴の場合はもう既にレインボーですよ!確定!確定!)(笑)

さらに、今年の初めのほうで他のチームですが、やつの肘打ちかなんかで顔面骨折させられた選手がいたのではなかったでしょうか?

「あれくらい」を他の選手がやったなら、「うん、そうだねサッカーなんだから」と私も答える事ができますが、テセに関しては誰に諭されようが私も感情的になっていますので、個人的には許しません!

〝サッカーが好きだから〟

その選手(鹿島以外の選手も含めて)を壊すようなプレーをする奴(敢えて選手とは言わず)は認めません。

投稿: 鹿莫迦 | 2009年9月15日 (火) 08時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノーゲーム | トップページ | がっつり味噌ラーメン »