« 弱いな~。 | トップページ | ムードを高めろ! »

2009年9月28日 (月)

サテライト 水戸戦

まず、週末の名古屋戦。
TVの録画を観ましたが、テレビではスタジアムで感じた「ヤバイ!」感は伝わってきませんね。
スタジアムで観戦した方は多分相当な危機感を味わっていたのではないでしょうか?少なくとも私はそうでした。

まさしくチームが崩れ去っていく瞬間を垣間見た気がします。

オリベイラ監督の立て直しに期待するしかありません。

でも、戦わない選手にかけるコールはありません。
我等の期待を背負ってピッチを駆け回り、相手とぶち当たって〝戦う〟選手をピッチに送り出して欲しいものです。

 

そういった期待感を持って今日の水戸戦を見学してました。

Img_3128 ピッチの向うのスタンドにはjunさんが掲げてくれた「SPIRIT OF ZICO」のダンマクがsign01

選手にサポーターの気持ちが伝わることを願います。

Img_3129 15時キックオフ、時間通りです。

Img_3130 先発のゴールを守るのは小沢さんです。次の新潟戦のゴールは貴方に任せますgood

Img_3131 右サイドバックは當間。
絶不調の篤人に代わって鹿島の右サイドを思いっきり駆け回って欲しかったけど、今日の當間は良くなかった。守備的な問題は無さそうだったけど、パスの精度が悪かった。何度もパスミスからピンチを招いていたよな~。

Img_3132 右センターバックは後藤。
今日〝も〟圭太の出来は最高happy01
守備面では高さとスピードが充分で、しかも攻撃参加も積極的。伊野波とのコンビネーションもOK。

前半15分に、増田のFKを見事に頭で合わせて先制点を奪いましたsoccer

Img_3133 センターバックの左は伊野波。
安定感十分でトップでずっと戦ってきた彼は何も問題ないsign01
「どうして伊野波がここにいるの?」って嬉しくなるような全力の攻撃参加(攻撃陣よりも早い駆け上がり)は本当に涙モンsweat02です。

Img_3147 左サイドバックはパク・チュホ。
動きは非常に良く、調子の良さが伺えましたが、新井場との比較においては、MFにボールを預けて更にライン際を追い越して再びボールを受けてクロスに持っていく形が物足りない。
でも、パクはSBよりもボランチの方が良いのかもしれないと感じました。

Img_3135 前半は増田とのダブルボランチの左側、後半は増田と縦の関係になっていたような感じがしましたけど、いずれにしても今日の中田は抜群でしたgood
守備的にも安定感が感じられました。そして何よりも中田にボールが入るとチームが落ち着くというか、きちっとそこから展開が組み立てられる起点となっていました。
青木に代えてのボランチ起用でも良いけど、個人的には青木とのダブルボランチで小笠原を一枚上に上げるといった布陣を見てみたいです。

Img_3136 中田よりも更に良かった印象を受けたのが増田です。

守備では身体を張ってガツンガツン行き、得点に直結するスルーパスを何本も出していました。
誓士にボールが入ると、ワクワク感が一気に高まり、ここでは格が一段上だということがはっきり分かりました。

Img_3137 攻撃的MFの一人は小谷野。今日は途中交代させられずに最後までフル出場でした。
裏への動き出しは興梠よりも回数が多く、右へ左へと獅子奮迅の働きでした。増田、中田と同じくらい好調さがアピールできていたと思います。何よりもシュート数の多さが彼の魅力でしょう。heart04

Img_3138 もう一人の攻撃的MFは遠藤。
上手さに加えて最近では強さが感じられるようになりましたね。相手との競りでは上手くFKを奪い、幾度と無くチャンスを作り出していたと思います。
〝いつもどおり〟出来は良いんじゃなかったでしょうか。

Img_3139 FWの一人は大迫。
一対一で勝負する場面もあったし、確実にパスを回してチャンスを作る場面もあった。前半42分にはパクが自陣左サイドでインターセプトしたボールを増田が左前方で受けてそこからクロス→大迫はDFに身体を寄せてクリアさせずにボールを奪いゴール左サイドからゴールsoccersign01
「興梠に代えて先発は田代よりも大迫かな?」と感じさせられる出来でした。

Img_3140 FWのもう一枚は田代。
「前回の練習試合やトップでの途中出場の時の方が調子は良かったかな?」と見ましたが、それでもボールを受けるターゲットマンとして今は彼が必要だと思います。
そこで必ずボールにワンタッチできることで、味方選手がセカンドボールを取りにいける時間やスペースを生み出していると思いました。
以前よりもドリブルやワンツーパスで抜け出そうとする回数が俄然増えたとも感じました。
気持ちが伝わってくるプレーが多かったよ!

Img_3142 ゴール裏にはいても立ってもいられない大東社長の姿も。

Img_3144 このレベルでは、一人でも展開を打開することができていた遠藤。

Img_3146 田代の存在が、きっとチームを変えてくれると信じてます。

Img_3148 試合の方は、後藤のヘッドで1点を先制したものの、前半37分にパクが自陣ペナルティエリア内で相手の後ろから競り合って倒してしまいPKを取られました。小沢が横っ飛びするも決められ同点に。sweat01

しかし、前半42分に、パクがミスを取り返すインターセプト→増田の左クロス→相手DFとの混戦から大迫がボールを奪いゴールして、2対1と再びリードして前半が終了しました。

Img_3149 後半10分、増田が中盤でボールを奪われ、カウンター気味に相手に来られてこれがGK(杉山)と1対1になり決められてしまう。再び2タイ2の同点に。sweat02

Img_3150 後半の頭からGKは小沢から杉山に。

Img_3151 後半途中から相手GKに首藤が出てきました。

Img_3153 後半途中から大迫に変えて竜太が登場sign01

Img_3155 左サイドのパクに変えて宮崎。

Img_3156 小谷野ではなく遠藤に代えて川島。

後半に出場したフィールドプレーヤー3人の動きも先週の練習試合のときよりもミスが少なく、しかも、自ら仕掛けたり動き出してボールを引き出したり、文句の無い出来だと思いました。

後半20分に、小谷野が右サイドを駆け抜けてあげたクロスが開いてDFに当たってゴールに入るオウンゴールsoccerがあり、三度リードの3対2になり、その後両チームとも得点の動きは無く試合終了。

最後の方は、中田と増田の安定感、田代と竜太の前を目指す激しさ、そして小谷野の出来の良さが際立っていたと思います。そして、後藤と伊野波に関しては文句の付けようの無い素晴らしい内容happy01

最終的には、「誰がレギュラーとして出てきてもいいんじゃないか」と思うくらい〝気持ち〟の入った試合だったと思います。

そう、今の鹿島には「懸命に走る」、「怪我を恐れず相手にぶち当たれる」、「戦える」選手が必要なのですsign03

今日のメンバーにはそれらの全てを感じることが出来たと思います。

今、再び『熾烈なチーム内での競争(ポジション争い)』が起こることを節に願います。

|

« 弱いな~。 | トップページ | ムードを高めろ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弱いな~。 | トップページ | ムードを高めろ! »