« だめだ・・・ | トップページ | オズの魔法 »

2009年7月30日 (木)

まだ、できることがある

ユーチューブで動画を観ました。

ショッキングなシーンばかりで、きっと、スタジアムで選手とともに戦ったサポーター達の落胆は想像できないほど大きなものだったでしょう。

でも、私自身、映像を観ることができて、チーム(選手)にもまだまだやれることがあるような気がしました。

また、私自身もサポーターとして「まだまだ何かできることがあるんじゃないか?」という気持ちにもなってきました。

「立ち直りが早い!」と言われるかもしれませんが、選手やサポーターの顔や姿を観て、気持ち的に前を向くきっかけになりました。

現地で戦ってもいない私が落ち込んでいては、120分フルに戦ったみんなに叱られます。

 

やらにゃーsign01

何かできることを探して、もがかにゃーいかんですsign03

倒れても、再び前に突き進むしかないのです、我々にはpunch

 

傷ついた心は〝勝つこと〟でしか癒されないimpact

|

« だめだ・・・ | トップページ | オズの魔法 »

コメント

鹿莫迦さん、こんばんは。
覚えていらっしゃいますでしょうか?
G.Bです
昨日は非常に残念な夜でした。
「勝ったな」と思ったのですが・・・

実は後期ポスターを頂いてきました。
こういう時はポスター貼りして
憂さ晴らししちゃいましょう!!
かっこよく仕上がっています。
今回は80枚行きます!!!

みんなで頑張りましょう!!!!


投稿: G.B | 2009年7月30日 (木) 23時31分

G.Bさん、お久しぶりです。

KUMIKOさんのブログ「☆SEASON TICKET」でも紹介されているように後半戦のポスターが出来上がったようですね。

自分は今、鹿嶋を離れた生活をしていますが、休みには毎週鹿嶋に戻っていますので、その休日を利用して引き続き〝ポスター配り〟のお手伝いをしたいと考えております。

今、ポスターを仲間が手配してくれているので、その連絡があり次第、協力したいと思っています。

この〝ポスター配り〟が始まった頃は、有志の人々がスタジアムに集まってアントラーズグッズを身に着けて鹿嶋の町を歩いて配った記憶があります。

それから何年も経ってはいないのですが、いろんな仲間と出会うことが出来、また、多くの様々な試合に参戦し、何度も涙を流し、何回も歓喜に溺れ、本当に沢山の出来事がありました。今では、全てが素晴らしい思い出・出来事と言えるでしょう。

サッカーの試合を見るという単なる趣味に留まらず、生活の一部として、いや生活の中心としてアントラーズが私の人生に必要不可欠となった大きな要因としてこの〝ポスター配り〟がありました。

これからも、そんなきっかけを多くのアントラーズファンに与えられるボランティア(ポスター配り)であってくれればいいと思っています。

先日のナビ戦は残念な結果でしたが、アントラーズのためだけでなく、我々が前向きになるためにも、〝ポスター配り〟をお互いに頑張りましょう!

投稿: 鹿莫迦 | 2009年7月31日 (金) 09時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だめだ・・・ | トップページ | オズの魔法 »