« 頑張れ | トップページ | 録画観戦-清水戦 »

2009年7月20日 (月)

録画観戦-ナビスコカップ川崎戦

ようやく川崎とのナビスコ第1戦を録画で観ました。

アントラーズとしては良い試合をしていましたね。

珍しく蒸し暑いカシマスタアジムでの苦しいゲームでしたが、気持ちとプレーが上手く噛み合って、強敵の川崎を相手に見事先勝しました。

やはり、新井場へのレナチーニョのプレーに対するイエロー止まりの判定には作為的な何かを感じるところです。

また、伊野波の残り数分の気迫のプレーには、日立台で靭帯を切ってから10分間プレーを続けた小笠原の気迫が乗り移っていたと思います。

凄いです!

とこしかさんをはじめ、多くの鹿島サポーターが川崎のプレースタイルに大きな不満を抱いていることが分かりました。

いや、鹿島サポーターだけではなく、他の川崎と対戦したチームのサポーターも同様に感じているかもしれません。

確か、開幕~2,3戦目の試合で、テセに壊されたプレーヤーが居たのではなかったでしょうか?

私もファボンを壊された、いやファボンは彼に選手生命を奪われたと言っても過言ではないでしょう。今も以前のようなプレーはできていないのではないでしょうか?

やはり「試合は戦闘だ!」といっても、そこは同じくサッカーで人生を歩んでいく選手同士、身体を張ったプレーであっても、〝ルールでは許されても守るべき選手間のモラル〟があってしかるべきでしょう。

〝自分さえ良ければいい〟

そんな考えのプレーはサッカーを、Jリーグを駄目にしてしまう。

サッカーだけではなく、スポーツ全般で『スポーツマンシップ』があって始めて思い切り戦い合うことができる。

ただの乱暴ものならばピッチを去るべき。

そして、そんなプレーヤーを軸にしているチームならば勝つ資格はない!

我等は、絶対にそんなチームに負けたくない!

|

« 頑張れ | トップページ | 録画観戦-清水戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張れ | トップページ | 録画観戦-清水戦 »