« 悔しい | トップページ | まだ、できることがある »

2009年7月30日 (木)

だめだ・・・

映像も観れていない。

マスコミ報道しか見ることができていない。

なんとか消化しようと、気持ちを整理したいが・・・、だめだ・・・・。

事実を受け止めることができない。というか、〝始まり〟と〝終わり〟を自分の中で作れていない。

こんな気持ちで次の試合に切り替えることはできない。

今の私には、次の試合を向かえるサポーターとしての資格が無い。

|

« 悔しい | トップページ | まだ、できることがある »

コメント

もう既に「前向きになる」と決めているから、あんまりグチグチ言いたくなかったので、エントリーせずにコメントとして書き留めようと思いました。

川崎戦を録画で観ました。

そして、感じたことは、

①勝てなかったのは、決めるべき時に決めておかなかったことが原因。

②トーナメントを勝ち抜けなかったのは、明らかに高山のせい!(前半のロスタイムが1分なのに、全く試合がストップしていない後半で、何故4分もロスタイムがあるのか?ロスタイムを作るのが常識だとしても、そういったケースでも3分以内が普通なのでは?鹿島を勝たせたくない、あるいは川崎を勝たせたいという見えない大きな力が働いているに違いない!)

③また、高山のジャッジはプレーや反則が見えていないことが多く、あれでは戦っている選手が可愛そう(これは川崎側にも言えることでしょうが・・)。
.
④新井場を蹴り上げた相手選手はやっぱり川崎イズム!(左足がでるのはしょうがないけど、右足で蹴り上げているのは明らかに故意)

⑤そして、森の巧妙な目潰し!(肘打ちだけでなく、指先まで器用ときたもんだ!)

⑥さらに、テセはDFが先にジャンプして防御体勢がとれないタイミングを狙っての体当たり!(馬鹿なアナウンサーはこれを「強い!」って言いますけどね)

⑦最後の試合の終わらせ方として、田代や青木の淡白すぎるプレーは、潔い戦い方だけど、結果としてこうなってしまう虞があることは事実。確実に勝利を手にするまでは、徹底的にならないといけない!(時間を稼ぐとか遅延行為でイエローを貰ったとしても、敗退するよりは勝ち進む道を選ぶべき、まだまだマルキやダニーロから勉強するところがあるね)

⑧内容的にはこれまで勝ち進んできた鹿島アントラーズの戦い方が充分に出来ていた(心配ないよ!)。

以上、いつまでもグチグチと諦めの悪い私でした。

投稿: 鹿莫迦 | 2009年8月 3日 (月) 09時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悔しい | トップページ | まだ、できることがある »