« 地震で目が覚めた | トップページ | さあ、マルキが居ないぞ! »

2009年4月30日 (木)

選手たちの疲労が伝わってきた

昨日の神戸戦は業務上の都合により、後半の残り15分しかテレビ観戦が出来ませんでした。

そして、その時は既に選手の足はばったりと止まっているのが画面からも十分に分かりました。

瞬間的に「声!声!」と思わずテレビに向かって叫んでしまいましたが、ゴール裏の応援の声は十分に大きなものでありましたね。テレビからでも良くそれがわかりました。

皆さん、お疲れ様でした。

選手もサポーターも死力を振り絞っての勝利だと思われます。

苦しい状況の中での、貴重な勝ち点3shine

長いリーグの戦いの中には、こうした苦しい時は少なからずあります。

戦術、技術、気持ち・・・色々と要因はありますが、戦い(試合)が始まったらそんなことを考えている暇はなく、とにかく目の前の敵に勝つことしかありません。

綺麗な勝ち方じゃなくても、泥臭くても「勝利」、ただそれだけを求めて。

勝利を祝う、試合終了のホイッスルを聞くためだけに。

そんな勝利じゃなかったんじゃないですかね、昨日は!

「勝利」をありがとう。sign03

PS.マルキーニョスの怪我が大事に至らないことを祈っています。

|

« 地震で目が覚めた | トップページ | さあ、マルキが居ないぞ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地震で目が覚めた | トップページ | さあ、マルキが居ないぞ! »