« 来年、いや今年から変わる移籍のルール | トップページ | お疲れ! »

2009年4月23日 (木)

ACL グループ首位通過が見えてきた

昨日はシンガポールに大勝、水原三星も勝ったようだが、これでグループ首位での通過も見えてきた。
楽観的な見方ではなく、残り2試合に自ら勝利すれば首位で通過することが出来る。

ACL16は首位チームのホームで試合ができる優位性があり、これは選手の移動も軽減することができるため、そういった面からも是非ホームゲームとしたいところである。

Jリーグ関連の記事では大分のホベルトが怪我で数ヶ月、柏のフランサが同じく4週間の休養を余儀なくされているが、両チームとも昨年のリーグ戦を賑わした実力あるチームである。
その両チームが現在16位17位、17位18位と低迷しており、その中で今回の有力選手のリタイヤである。

両チームにとっては非常に痛い状況に違いない。

他人事ではなく、こういった選手の負傷は、いつ我々の選手に襲い掛かってくるかもしれない。
そして、これから先の戦いに非常に暗い影を落とす要因となる。

鹿島が現在、首位でいられるのも、こうした選手のリタイヤが少なく、常に安定した力を発揮できるチーム状態が維持されているからに他ならない。

アレックス(フィジオセラピスト)達のスタッフの存在が鹿島にとっては欠かせない、そして、昨年、一昨年ともクローズアップされることは少ないが、連覇に大きく貢献している。

今年も、表には出てこないが、影で彼らの活躍がチームを支えている。

クラブハウスで練習を見学していると、こういったことにも目が行くようになります。

 

話は変わって、今日の新聞はどれも大迫の3戦連発が取り上げられている。

それも凄いが、サポーターにとっての嬉しいニュースは青木抜きでも、そして、本山、伊野波を休ませながら、勝ち点3をとることができたことなんじゃないかな?(スタジアムに行ってもいないし、映像すら見れていないので違うかもしれませんが)

マスコミが注目するところと、サポーターが注目するところ、違って当然か・・・うん、納得!

|

« 来年、いや今年から変わる移籍のルール | トップページ | お疲れ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 来年、いや今年から変わる移籍のルール | トップページ | お疲れ! »