« 耐えろ! | トップページ | ACL 上海申花戦、前日の練習風景 »

2009年3月16日 (月)

先週のゲームの録画観戦

昨晩、水原三星戦を、そして今朝、昨日行われた新潟戦を録画で観ました。

水原三星戦は選手のコメントから、「走れない」とか「球際で負けた」とか結構厳しいコメントが聞かれていましたが、テレビで見る限りそんなに悲観するような内容ではなかったかと思われます。

サッカーに詳しい人からみると、それなりにマズイ点も指摘されるのかとは思われますが、自分自身の感想としては、〝仕方ない〟とか〝ついてない〟部分がかなりあったのではないかと感じました。

「サッカーなんだから、このように上手くいかず大敗してしまうこともあるさ」って感じでした。

だけど、新潟戦の前半は「マズイなっ!」って思いました。

プレーや組織自体がマズイって訳ではなく、選手たちが〝イラついている〟と感じました。また、そのためなのか、アントラーズの選手たちが戦っている相手は新潟ではなく、自分自身を相手にして、勝手に〝もがいている〟というようにも見えました。

ちゃんとやっているのに、ちょっとした我慢ができない。〝気持ち〟の部位の我慢ができないように思いました。

だから、ちゃんと新潟を相手に戦っていれば、いつものアントラーズで戦えたのだと思います。それができる選手は、その場面では小笠原だったのでしょうね。彼が入った後半からは皆が落ち着いたようにも・・・。

矢野のゴールなどは〝アンラッキー〟以外の何物でもなく、その後の曽ケ端のファインセーブは素晴らしかった。守備も大崩れせずに、きちんといつものアントラーズの守備でいられたと思います。

現場で共に戦った人たちから観ると、「もっともっと○○」といった要求があるのでしょうが、TVから観た感想は「大丈夫だよ!」って感じでした。心配ないよsign01

小笠原は「去年のように崩れてしまっては、昨年から何も成長していないことになる」と言ってチームを戒めているそうです。

そのとおり!これからの踏ん張りが成熟した鹿島アントラーズの証明でもあるし、そして慌てることなく、しっかりと戦う相手を間違えずにサッカーをすれば、俺達の強いアントラーズとして戦っていける。

迷うなsign01慌てるなsign01
これまでやってきたことをこれからもやり続けるのみrocksign01

それで大丈夫happy01sign03

|

« 耐えろ! | トップページ | ACL 上海申花戦、前日の練習風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 耐えろ! | トップページ | ACL 上海申花戦、前日の練習風景 »