« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月30日 (火)

今年もアントラーズ福袋!

恒例となりました『アントラーズ福袋』の購入に、今年も早朝からクラブハウスまで行ってきましたsign01

いつもの年と違ったのは、既に天皇杯に負けてしまっているため、アントラーズを感じる日々が例年の年末よりも非常に少なかったので、クラブハウスで待ち列に並ぶことを妙に楽しく感じてしまったというところでしょうか。

今年も9時に列整理、9時30分から発売開始となっていましたが、今年は列整理の時に「整理券」を配布して、一旦解散としてくれたのが良かったです。

その後、9時30分よりも若干早い(20分くらいかな?)発売開始となりました。

Img_2908 今年も一人が一度に購入できるのは、2万円、1万円、5千円各1個の合計3個まででした。

私は例年どおり、2万円と1万円の福袋をそれぞれ一つずつ購入しました。

2万円と1万円の福袋は「今年は同じサイズの袋」ということで、紅白の帯が上部に入っているのが2万円、入っていないのが1万円です。

Img_2910 こちらは1万円の福袋の中身です。

練習着は〝おまけ〟です。
「ユニフォームの方が良い」という人は多いと思いますが、私はこちらの練習着のほうが嬉しかったですshine
ジョギングやトレーニングにしようできるのでとても実用的なのですlovely
でもサイズが・・・XLってMサイズの私には大きすぎっshock

Img_2914 こちらは2万円の方の中身です。

広げてあるウインドブレーカーが〝おまけ〟ですsign01だけど、こちらもサイズはXL・・・でかすぎるっweep

それでも、私にとってはこちらも〝大当たりgood〟です。

やっぱりアパレル系は嬉しいな~wink

その他には、紺の〝トラックジャケット〟と10冠分の優勝トロフィーやシャレーの数々が飾られた〝優勝記念楯〟がとても嬉しかったですhappy01

両方の福袋に共に入っていた〝トレーディングカード1箱(合計2箱)〟は封を開けずに置いておきます(将来、値打ち出ないかな~?まあ、それはちょっと無理か!)。

興味ある人にはそれなりの値打ちを感じる福袋でしょうが、興味ない人には何の値打ちも無い〝在庫処分〟と言うことなのでしょうが、私にとっては大切な、大切な〝年中行事sign03〟なのでした。

| | コメント (2)

2008年12月24日 (水)

今年、最後の主役!

この前のJリーグアウォーズを見て、一発でファンになりましたheart02

川窪通訳、最高ですねっsign03

アントラーズファミリーは奥が深いですね~happy01

来年はマルキと共に、どんどん表舞台に出てきてくださいねkaraokegood

日本のサッカーファンに誇れるshine「鹿島アントラーズの我等がスタッフsign01」です。

| | コメント (0)

2008年12月23日 (火)

Jリーグアウォーズ

最優秀監督賞 オズワルド・オリベイラ監督Img_2903

最優秀選手賞(MVP) マルキーニョス選手Img_2902

得点王 マルキーニョス選手

ベストイレブン マルキーニョス選手、内田篤人選手、岩政大樹選手

優秀選手賞 マルキーニョス選手、内田篤人選手、岩政大樹選手、曽ケ端準選手、新井場徹選手、小笠原満男選手、青木剛選手、柳沢敦選手

功労選手賞 秋田豊氏、名良橋晃氏、黒崎久志氏

「鹿島アントラーズファミリー」の皆さん、本当におめでとうございましたshineImg_2904

我等 Jリーグチャンピオンcrown 鹿島アントラーズsign03

| | コメント (0)

2008年12月21日 (日)

海水魚水槽の取り置き写真

クラブ・ワールドカップは凄かったよな~。

ルーニーもテベスも、あの瞬間的な身体の捌きとシュートの正確性!しかも、強くて速い!

あれが世界のFWなのか!

慎三、真似しようぜ!

 

ってことで、今日はサッカーとは関係のない海水魚水槽の撮り貯めた写真をアップしておきます。

アントラーズとは関係ありません。

Img_2863 鮮やかなキイロハゼです。

Img_2864 おっと、海水魚だけじゃなかった。
こちらは繁殖力旺盛なグッピーです。4匹からこうなりました。

Img_2867 デバスズメダイはやっぱり群れでみると綺麗ですね。

Img_2868 マルチカラーラスは元気良すぎて、僅か2日で飛び降り自殺してしまいました。これを飼う時はガラス蓋が必要です。

Img_2869 Img_2872

ハコフグは元気一杯で、少しは大きくなっているのかな?毎日見ていると分からないものです。

Img_2875 我が家の水槽はハードコーラルよるもソフトコーラルのほうが長生きします。その中でもウミキノコ類は長寿です。

Img_2876写真では 小さくて見えにくいけど、右上にミドリイシを入れました。

久々のミドリイシへの挑戦です!できるだけ水槽内の高い位置で、光の強いところに置いてみました。

うまくいくかな~?

| | コメント (0)

2008年12月20日 (土)

忙しくて

忙しくて
忙しくて
忙しくて
ここのところ、仕事がとても忙しくてブログを更新する時間がありませんでした。

食事をしていたら、突然!鼻血が出てきたり、左手の手のひらだけ痺れたり、私の身体もかなりお疲れのようです。

試合がないのも影響しているかな?

まあ、運動不足でしょう!

とりあえず、クラブハウスの写真を貼っておきます。

| | コメント (0)

2008年12月14日 (日)

今頃、アウェーを攻略する(札幌ドーム)

今更ながらですが、一応、札幌ドームの「アウェーを攻略する」です。

といっても、ノーマルな行き方だったので攻略するも何も無いのですけどねsign01

ずっと前から、「最終戦の札幌だけは絶対に行こう」と決めていたので、初めは〝ビッグホリデーのツアー〟に申し込むつもりだったのですが、ホテルが二人一部屋(相部屋)だったので仕方なく他に安く行ける方法を探すこととしました。

安く行くために〝日帰り〟という選択肢もありましたが、そうなると格安航空券を利用することになるのですが、それでも往復で24,000円~となる方法しか探せませんでした(ちなみに、大分に直前で行こうと試みたのですが、その週は連休で〝早割り〟も終わっていたので往復で70,000円オーバーだったので已む無く断念しました)。

そこで、インターネットで検索して、ANA利用(出発時間がエアドゥよりも優先されると思って)のホテルパックで2万円台のツアーがいくつか見つかりました。エアドゥーなら17,000円台からありました。

ということは、日帰りよりも1泊した方が料金が安いということです。しかも、その中でも千歳-札幌のJR往復料金(1,040円×2)と千歳空港でANA FESTA(売店)の利用券1,000円分が付いているというかなりお得なパックでした。
ホテルもウォシュレット完備と言うことだったので、これに決めました。最終的に、料金は時間指定(行きの時間だけ始発~10時までという出発時間を指定して1,000円増し)を入れて、23,500円ぽっきりでした。

試合当日、朝6時ちょっと前に自宅を出発し、東関東自動車道から湾岸で一気に羽田空港駐車場(翌日15時までで5,200円)へ、空港内へのツアーデスクには7時30分前に到着することができました。すると、空港内の出発ロビーには〝赤い人〟達がウジャウジャいて、フラッグを手荷物預かりに出した時も「旗ですね~」と係員から先に言われる状態で、結構ニヤついてしまいました。

Img_2886 しかし、ANA8時便が順調に出発したのを見届けたまでは良かったのですが、私達が搭乗する9時の便は・・・、危惧していたとおりになってしまい「機材の到着遅れ」により、結局25分遅れとなってしまい、ややドキドキ・・・。

Img_2887 ここ(羽田)は快晴なのに、もしかすると千歳の天候はかなり吹雪いていっるのかな?

Img_2888_2 遅れを取り戻す分、早いスピードで跳ぶのかな」って思ってみたけど、"予定どおり〟11時に千歳に到着。やっぱり千歳は「雪」でした。

Img_2889 遅れを取り戻すためもありますが、ここからJRに乗って札幌へ行き、そこから地下鉄(東豊線)に乗って札幌ドームのある「福住」に行くよりも、到着ロビーの目の前にある空港~札幌行きの路線(高速)バスに乗って「札幌ドーム」前に行く方が断然早いとのことで、パックのJR券は無駄にして1,000円のチケットを購入してバス乗り場へ。

ロビーから一歩外に出ると、そこは鹿嶋の住人には厳しい寒さ(冷たさ)が待っていました。

Img_2890 時間は雪にも拘らず、予定通り40分で札幌ドーム前に到着しました。そして、到着とほぼ時間を同じくして空には〝晴れ間〟が現れました。

Img_2891 「札幌ドーム前」のバス停からはこの階段を上って、右に進で行きます。

Img_2892 アウェー側の待ち列はドームを右にぐるりと回りこんで、ホーム側の待ち列の横を通って、屋内通路も潜り抜けてほぼ半周した反対側にありました。ここから先は、とてもじゃないけど入場するまで撮影する余裕はありませんでした。

この寒さの中、朝早くから並んでくれた仲間達には感謝しても仕切れません。

この場を借りて改めてお礼申し上げます。

ここからは、一気に試合後の歓喜に跳んでしまいます。ドーム内の売店とかレポートする気持ちの余裕が無くてすみませんでした。

席の構造は、かなり勾配はきついけどその分前の人との高さに差ができるので見易さはまずまずでした。隣の人との間隔が狭いと感じましたが、これは座席の横幅が少し狭いせいかと思われます。
ただ、前の席との間隔は足元のコンクリートが前の席のギリギリまであるので、その分は広く感じました。
また、カップホルダーが設置されているので、これも非常に便利です。やっぱりカシマスタジアムにもホルダーが欲しいな~。

Img_2893_2

Img_2895 Img_2896 

同じ時に続けて撮影した2枚の写真です。

ピンボケしてしまいましたが、上の明るい写真がスタジアムで見ていた照度だと思います。デジカメが小さいのでフラッシュを使用すると下のような暗さになってしまいます。

〝優勝〟の雰囲気を伝えたかったのですが、こんな写真しか取れなくてゴメンナサイ。

Img_2897 最後に、気持ちよく目覚めた翌日のホテルから見た市内の風景です。

札幌らしいといえばらしいのですが、やっぱり「冬季のリーグ開催には反対sign01」です。

スタジアムに足を運ぶファンやサポーターのことを一番に考えなくてはいけないと改めて実感した今回のアウェーでもありました。

PS.ホテルは安宿かと覚悟してましたが、広くてとっても綺麗なホテルで、しかもススキノから歩いて帰ることが出来る立地条件もバッチリの良いホテル(アイスバーグラッソ)でした。次もここにしようhappy01sign03

| | コメント (0)

2008年12月13日 (土)

鹿島神宮駅前

Img_2899 今年も神宮駅前は〝光のミュージアム〟開催中ですsign01

ちょっとだけ去年よりも電球の数が多くなったのかなflair

Img_2901 今年はエンブレムじゃなく、卜伝が描かれています。

都心よりも少しだけ暖かい鹿嶋ですから、この光に包まれて神宮への坂を歩くのも気持ち良さそうです。shine

明日はクラブハウスのセール最終日なので、ぶらりと立ち寄ってみますかsign02

それと、「秋田豊引退試合」のポスター配りをします(神栖地区)。run

仕事が忙しくて明日になってしまいました。

遅くなってすみません。

| | コメント (2)

2008年12月12日 (金)

札幌の思い出

仕事が相変わらず忙しく、そのお陰もあって、何とかいつもの頭(脳ミソ)に戻ってきたため、アントラーズのことを冷静に考えられるようになってきた。

〝優勝〟に歓喜し、嬉しさのあまり記憶が飛んでしまっていたようだが、それも徐々に甦ってきているようだ。

札幌ドームでの記憶は、オリベイラ監督が〝優勝記念Tシャツ〟の背番号『12』を指して、「これは君達の優勝だ」と言ってくれていると勝手に思い込んで、それを心から嬉しく思った瞬間が一番記憶に残っている。
その時は、優勝記念のシャツにサポーターの背番号を入れることで監督、選手、チーム関係者がサポーターへの気持ちを表しているのだと真剣に思っていた。
でも、良く考えてみると〝12冠目の『12』〟と引っ掛けていたんですよね。

しばらくしてから、そのことに気付きました。bleah

そして、マルキーニョスには感謝すること(したこと?)がまた一つ増えました。

優勝シャーレを「君達の分だよ!」といわんばかりにゴール裏を指差し、サポーターと共に掲げてくれたあのシーンには本当に感動しました。

とっても嬉しかった、最高だよ!マルキsign01ありがとう。

札幌の思い出は試合中のことよりも、この二つのことが頭の中を支配している。

そして、次に思い出されるのは仲間と共に喜んだススキノでの祝勝会になります。

他のお客様の迷惑を考えず、思いっきり大きな声でチームコール、ロール、選手コールをしながら喜びまくったことは本当にいい思い出になりました。
普段、仲間達とは試合が終わったらスタジアムで別れてしまうパターンだったので、皆と共に喜びを分かち合うことの楽しさを味合わせてもらうことができました。

「ここでこんなに大きな声が出せるなら、スタジアムでもと出せよ~wink」とI隊長が言っていたくらい、周りに迷惑な集団でした。

多分、再びあの店に入れてもらうことはできないでしょうね!

でも、なんで「アツシゴール!~」とヤナギコールの時が一番みんなの声が揃っていた(しかも一番ボリュームが高かった)の????
まあ、しゃーないか!それが結構嬉しかったし!

みんなと別れた後、寒くて冷たいススキノの街を「あ~本当に良かった」としみじみと感じながら、ひとりホテルにゆっくりと歩いて帰ったあのシーンは、私にとって一生の思い出となりそうです。

| | コメント (0)

2008年12月10日 (水)

気持ちはまとまらず・・・

優勝の歓喜から4日が経とうとしているのに、未だ気持ちのまとまりがない。

当然のことながら、非常に嬉しい気持ちに浸りまくっているのですが、今年1年の戦いを思い返そうとしても何故か・・・頭に浮かんでくるシーンがない。

幸せに浸りすぎて頭がボケてしまったのかもしれない。

苦しかった想い出や、感動した喜びなど数え切れないくらいあるはずの1年だったはずなのに。

また、優勝の喜びを振り返ろうとしても、言いたいことが(ブログで書きたいことが)まとまらない。

取り留めの無い文章になってしまうことが分かっていたので、敢えて気持ちが落ち着くまで札幌で体感した気持ちについてはすぐには書かず、頭の中で整理されて残った気持ちだけについて書こうと思っていました。

もうちょっと時間が必要かな?

チームがもう試合が無く、長いオフに入ってしまったので、私の気持ちの糸もプッツりと切れてしまっているのかもしれないね。

ジュビロとベガルタの入れ替え戦を観ました。

どっちが勝て!とか負けろ!とかいった気持ちは全く無く、「もし、鹿島がここで戦っていたらどんな気持ちだったんだろうな~」というように万が一をオーバーラップさせながら見ていたけど・・・・それはもう大変なことだよね!

絶対に行ってはいけない領域だと感じました。

かつてリーグの覇権を争った盟友がその戦いの最中にいる。

〝明日はわが身〟という言葉があるが、「絶対に我等はそこには行かない!」という強い気持ちが必要だよね。

今年のスローガンが『挑戦!』でなかったら、昨年の優勝に胡坐をかいてしまっていたら、そこにいたのはジュビロではなくて我々だったのかもしれない。

「強い気持ち」

あったよね!我等には!

うん、その気持ちだけは想い出すことができた。

| | コメント (0)

2008年12月 7日 (日)

優勝報告会

なんとか「優勝報告会」にも間に合いました。

札幌で優勝の瞬間に立ち会うことができて、仲間達と夜に楽しくお祝いができて、そして、鹿嶋に帰ってきて優勝報告会にも参加することができた。

私は最高の幸せ者です!

皆に感謝!

アントラーズに感謝です。

 

正直、疲れました。

少し休んで、体と頭を回復させてから、色々と書きたいと思います。

改めて、アントラーズファミリーの皆さん、優勝おめでとうございます。

| | コメント (3)

2008年12月 6日 (土)

優勝

優勝
優勝だ!ありがとう!

みんなおめでとう!

| | コメント (1)

始まります。

始まります。
さあ、戦いです!

絶対に勝ちましょう!

| | コメント (0)

札幌ドーム

札幌ドーム
着きました。

高まってきました!

| | コメント (0)

吹雪

吹雪
千歳に到着しました。11時30分、かなり遅れました。

吹雪です!

札幌行き高速バス、臨時増発です。ドーム直行です。

開門は厳しいかな?

| | コメント (0)

出発

出発
羽田9時発です!

仲間が沢山います。皆、爆発しそうな気持ちを、静かに静かに抑えています。

8時発の仲間達が搭乗ロビーに入って行きました。

| | コメント (0)

2008年12月 4日 (木)

心ひとつに

カシマスタジアムではPV(パブリックビューイング)が実施されることになったらしい。

これは札幌に行くことができないホームタウンの人々やサポーターにとって、とても嬉しいことである。

札幌に行ける人も、行けない人も一つになって〝優勝しよう〟というクラブからのメッセージだsign01

試合2日前になっても、相手の札幌の戦力のことや名古屋や川崎のことが不思議と気にならない。

去年の優勝の瞬間から今年の戦いの思い出だけが、頭の中を静かに駆け巡っている。

その感慨深さを背景に、今にも爆発しそうな〝闘争心〟だけが心の中に確かなものとして存在している。

自分でも、札幌ドームでの1発目のチームコールは今年一番のテンションで叫ぶだろうということが分かる。

チームもサポーターも今年1年の集大成となる戦いsign01

札幌に参戦できる人もできない人も、選手やスタッフとともに心を一つにして戦おうrocksign03

| | コメント (2)

2008年12月 2日 (火)

今年最後の準備

いよいよ今週末には大詰の一戦が待構えているというのに、相変わらず仕事が忙しく何も準備することができていない。

多分、金曜日の夜に慌てて準備するのだろうけど、雪予報の札幌だからいつものアウェーよりも準備に気を使わないといけないのだろう。

幸いドームでの試合となるので、ドームに入ってしまえばカシマスタジアムと同じような用意で事足りるのかと思う。

まあ、そこさえ何とかなれば、後は野となれ山となれ!

航空券(引換券)も手元に届き、試合当日の9時羽田発のANA便で千歳に出発します。

千歳からはドームまで空港バスで早くても40分、開門に微妙なタイミングです。
先発で札幌入りする仲間によろしくお願いするしかないです。

札幌に行きたくても行けないサポーターが大勢いる中、現地に参戦できる幸せを充分に感じなければいけないのでしょうね!

その仲間の気持ちも現地での声援に込めて、選手に届けたいと思ってます。

現地に行く我々だけが選手と共に戦うんじゃない。

TVの前で応援するサポーターも、TVも見ることができなくてやきもきするサポーターも皆で一丸となってたたかうんだということを、改めて自分に言い聞かせすつもりです。

今年最後の戦いに向けての準備、〝心の準備〟もしっかりとしなきゃね!

一丸だよ!一丸!アントラーズファミリー、一丸となって優勝しようsign03

| | コメント (2)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »