« ちょっと見えにくいけど | トップページ | そういえば、アジア枠? »

2008年9月14日 (日)

川崎戦を終えて

残念ながらホームでの勝ち点3を奪取することはできなかったけど、これからの戦いに大いなる可能性を感じ取ることができた試合だったと思います。

後半に足が止まって攻め込まれるシーンもあったけど、そんな中からボールを奪ってカウンターといったシーンもあり、最後まで諦めないアントラーズを見ることができたと思います。

相手の川崎も実力を持ったチームであり、鹿島に次ぐ得点力を備えた攻撃陣が揃っているので、勝てることが当然といった相手でないことは周知のことでしょう。

そんな相手に主導権を握り、多彩な攻撃パターンから何度もチャンスを作ることも出来ていたし、守備陣の踏ん張りにも充分に頼もしさを感じました。

3人が交代した後のメンバーが、(中田を除いて)昨年優勝時のレギュラーメンバーとなったことにはある意味驚きがありました。

最後の最後の場面で、フレッシュなあのメンバーとなることは相手にとってはとても脅威なんでしょうね。

しかし、本当に我らのエースストライカーには敬服いたします。

我等の期待にしっかりと応えてくれるマルキーニョス

次節ダニーロが累積で出場停止となりますが、マルキも3枚カードをもらっているので、次の1枚をもらわずに、今シーズンを終えてくれることが〝ベスト〟なんですけどね~。

応援もかなりいい雰囲気になってきていると思います。

得点した後の「ふっ」と抜けてしまう時間帯にも、危機感を持って〝気持ち〟をキープした応援ができていたのではないでしょうか。

あと、もう少し選手を鼓舞するパワーを出すことができれば、きっと選手達の止まった足を再び動かすことができるようになると思います。

昨日も良かったけど、次はもっともっと頑張ろう!

 

昨日の私のベストプレーは、ダニーロのイエロー後にジュニーニョに倒された小笠原の激しいアピールと、直後の〝FKへの猛ダッシュ〟に「気概」を感じました。

あれを見せられるとなると、我々もやらにゃならんでしょsign03

|

« ちょっと見えにくいけど | トップページ | そういえば、アジア枠? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ちょっと見えにくいけど | トップページ | そういえば、アジア枠? »