« 明日はアデレードとの決戦! | トップページ | 踏ん張ろう! »

2008年9月25日 (木)

ACL終戦、無念

ただ、ただ〝残念〟であるとしか言えない。

ホームでの戦いも合わせて、アデレードに〝完敗〟でした。

でも、やり残し感とか後悔といった気持ちもない。
レバタラとは関係なしに、その〝強さ〟に敵わなかった。
鹿島の選手達が死力を振り絞って戦う姿や、スタジアムに僅かしかいないはずのサポーターの声がTVの画面から大きく聞こえてきたことからも、現地の誰もが必死で戦ったことが私には充分に伝わってきました。
だから、「小笠原が出ていなかった」とか「新井場がいれば」といったことすら感じることは無かった。
失点の原因を探せば探すことはできるでしょうが、勝てなかった理由、負けた理由はそんなことではないでしょう。

力強いポテンシャル、巧みな技術、そして速さと高さ、さらに、徹底された戦術とその浸透度。
振り返ってみると、それら全てが(鹿島が)理想とするようなものではなかったかと・・・。

故に、素晴らしい強さのアデレードに勝てなかったことは、レバタラとか悔しいとかでなく「残念である」としか言葉が無い。
現地で直接戦った仲間は、どういった印象が残ったのだろうか?

とにかく、今は現地で戦った選手やスタッフ、そしてサポーターの仲間に「お疲れさま」と言いたいです。

そして、今晩だけはゆっくりと疲れを癒してください。

 

ただ、今回の敗戦によって、我々には新たな目標ができました。
『ACLベスト4への壁を打破すること』
これは、アントラーズファミリーにとっての新たなる大きな目標となります。

そのためには、まず、今年のJリーグを制覇すること!
〝残された〟Jリーグの冠を奪いに行くのではなく、〝我等の次なる大目標を達成するために〟Jリーグで優勝するのです。
「連覇」することが目標ではなく、新たなる目標のために、ACLの舞台に再び立つために、今年のJリーグを〝制覇〟することが必要なのです。

ここから、「挑戦」のリスタートです。
その「挑戦」は、4日後の清水戦から始まります。
振り返ることが許される日々は僅かです。
明日からは、すぐに気持ちを切り替えて、残り9試合のリーグ戦に、今一度、魂を込め直さなくてはなるまい!

みんなが、出来るサポートの全てを、アントラーズのために!

|

« 明日はアデレードとの決戦! | トップページ | 踏ん張ろう! »

コメント

悔しいと言えば悔しいです。確かに相手の方が一枚上手でした。
去年あれだけ勝つこと優勝することの難しさや苦労を知っての今回の出場
そして今年はガチンコ対決ノックアウト方式の厳しい戦いの経験値を高める事ができました。
敵地での満員のスタジアムの光景、アデレードサポーターの雰囲気作り、正直敵ながら天晴れだと思いました。今年の経験値を生かすためにも来年の為にもリーグ戦、天皇杯を何としてでも取り更なる高い山を乗り越えるべく精進させましょう。こんな所でつまずいているわけにはいきませんよ。次節清水戦からまた頑張りましょう。

投稿: 鹿一番 | 2008年9月25日 (木) 03時50分

鹿一番さん、お疲れ様です。

本当にここからが大切な時だと思います。サポーターは選手やチームの足を引っ張っているばかりでなく、力強く後押しができなければ「12番」をつける資格はありません。

一人ひとりが「気付く」こと、「意識する」こと、「想いを強める」こと、そして「願う」ことが絶対に必要です。

これまで我々サポーターは正直言って選手にパワーを与える存在ではなく、選手からパワーを貰っていた存在だったと思います。

これではいけない!

だから、やらねば!なんとしてでも、やらねば!です。

何を?

分からないけど、とにかくやらねば!です。

お互いに頑張りましょう!

投稿: 鹿莫迦 | 2008年9月27日 (土) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日はアデレードとの決戦! | トップページ | 踏ん張ろう! »