« 超高校級FW獲得? | トップページ | どっち? »

2008年7月16日 (水)

しょーがないよ!

「柳沢の気持ちが昨日は・・・」なんて言葉で済まされるような、今日の結果だとは思わない。

確かに、今日の彼の動きにはそう感じさせるものはあったし、京都の他のメンバーもそれに触発されているかのように思えた。

大岩岩政の鉄壁のDF陣も、いつになく、どこか浮き足立ったようにも思えた。

 

それでも、鹿島は後半の9割方、ゲームを支配できていたと思うし、選手の動きも中二日にしては充分に評価できる献身的なものだったと思う。

だから、負けた原因など探しても仕方ない。
それに、何よりも今日の選手達は、サポーターに鼓舞されなきゃならないような動きではなかったと思う。

アグレッシブで、献身的で、これまでの戦い方と何ら変わらぬゲームではなかっただろうか。

中二日と移動による疲労、予想通りの京都の蒸し暑さ、こういったものに〝あと一歩〟が届かなかっただけだと思う。

 

水曜日のナイター、しかもアウェーにも関わらず、明日の仕事さえ眠らずに出勤する覚悟で西京極に参戦されたサポーターの後押しも、充分に、選手の止まりかけた足を更に動かすことができていたと思う。

だから、選手、サポーターの皆さんには「お疲れ様でした」と感謝の気持ちです。

きっと、帰りの道中ではやりきれない気持ちで一杯だと思うけど、充分に戦ってくれたと思います。

次は、中3日になるけど、すぐに横浜との戦いが待っています。
選手共々、疲れを癒して、エネルギーを充填してください。

今日の負けは、しょうーがないよ!

気持ちを切り替えて、次の戦いに備えよう!

次も、我々はこれまでと同じように戦うのみです!

|

« 超高校級FW獲得? | トップページ | どっち? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超高校級FW獲得? | トップページ | どっち? »