« 鹿嶋で自主トレ! | トップページ | 今日はエアロビ »

2008年1月21日 (月)

プロの力

今日はとあるところでプロの選手の自主トレを見る機会があった。
プロの選手とはいっても、Jリーグではなくて「野球」の方である。

自主トレということなので、さすがにベテランはいなかったようだけど若手や新人の選手が汗を流していた。
もう既にボールを使った練習も始めていたようで、ブルペンでのピッチングや野手のノックなども見ることができた。

その印象はといえば、とにかく凄い!
マジでビビッた!
「プロだから」といえばそれまでだが、それでもとにかく凄かった!

何が凄いかといえば、体がでかいということもあるが、一つ一つの能力・技術に圧倒された。
そもそも、「キャッチボール」というものからして全然違った。
私が想像していたキャッチボールは、彼らにしてみればリハビリ程度のものであろう。
どうして軽く投げているのに、投げたままの高さでしかもスピードが全く落ちずに相手に届くのだろう。
キャッチボールですらこうなのだから、ブルペンなんてもう本当にビビりまくりでした。

初めて間近でそれを見て、“ボールが浮き上がる”というのが分かった。
「分かった」といっても、一本の線のようなものが残像として残っていただけであって、実際のボールなど全く見えなかった。
そのスピードや威力を目の当たりにして、「こんなのあたったら絶対に死ぬな」と感じました。

でも、それを打つ人がいるんですよね!
もう、ホントに一般人には考えられない世界だ。

ノックにしても、どんなバウンドになっても顔をそらすことなく余裕でキャッチ、更には、流れるようなモーションであっという間に返球される。
とにかくボールをキャッチしてから投げるまでが早い!
これがプロの技なんだろうな。
うん、“綺麗”だった。

紛れもなく、そこにいた人々は1億人の中から選ばれた「プロ」の人々であった。
自分から何をアピールすることもなく、ただ一つ一つのそのプレーを見せるだけでその能力は誰からも認識されるだろう。
そして、そこには努力や頑張り、根性がいくらあっても、それだけでは絶対に入ることは出来ない世界だということも実感した。
間違いなくセンスが重要だと思った。

 

(我々は鹿島の選手を見る機会が多いが)サッカー選手も、当然のことながら、特別の能力・資質がなければプロの世界には入ることができない。常人には理解できないような技術と体力を備えている人間のみ存在が許される世界だと思います。

野球との違いで一番感じたことは、今日、私が体感したように「“凄い”という印象を受けることが野球よりも少ないのでは?」ということでした。
クラブハウスで毎日のように練習を見ることができるため、彼らのポテンシャルやプレーのレベルを「そんなもの」として見てしまっている自分であったことにも気付きました。
いわば、評論家気取りの見学者だったのでしょうね、私は!

全選手が1時間も2時間も練習中にずっと走り続けていること、曽ケ端がボールを蹴ると相手は殆ど動かずにボールをキャッチできること、田代が何度も他の選手の腰の高さまでジャンプできること、小笠原が相手と相手の間を何気なく味方にドンピシャでパスを通せること、野沢がペナルティの外からいとも簡単にゴールを決めてしまうこと、ダニーロがなかなかボールを奪われないこと、新井場がどんなボールでも簡単にトラップしてしまうこと、本山がドリブルで何人も相手を抜き去ってしまうこと・・・etc.
まだまだ挙げればきりが無く挙げることが出来そうだが、そのような“凄いこと”に気付いているようで実は気付いていなかった。
振り返ると、自分自身はアントラーズの選手に対して、プロのサッカー選手に対してそんな感覚になってしまっていたと思う。
非常にもったいないことをしていた・・・。

そういえば、高校サッカーのTVを見ていて、何故かグランドが大きく見えた。
Jリーグと大きさは同じはずなのに、攻めあがるのに相手ゴールまでの距離を遠く感じていました。
それだけプロのスピードやテクニック、そしてパスの距離と制度が違うということなのですよね。更にスタミナも・・・。
やっぱり、それらを生で実感しながら見なきゃいけないような気がする。
折角、自分達の町に『日本一強いサッカーチームとその選手達』がいるというのに、“そのように見なくなってしまっている自分”になっていることに今日まで気付けなかった。

今日はプロ野球選手のパフォーマンスに圧倒されてしまいましたが、そのお蔭で「プロ選手」を見る感覚が新鮮になったような気もします。
「この印象が残っているうちに、我がチームの選手達のプレーを見てみたい!改めてその凄さを堪能したい!」という思いに駆られました。

今日は頭の中が興奮しているのか、言いたいことが上手く言い表せないで取り留めのない文章になってしまいました。
お許し下さい。

|

« 鹿嶋で自主トレ! | トップページ | 今日はエアロビ »

コメント

はじめまして。いつも拝見させていただいてました。東京在住の鹿サポです。

プロってすごいですね。十分伝わります。
「それが仕事」では済まされない、心技体があるような気がしました。


以下、今回の記事と関連しないことになりますがお許しください。
実は、私のブログの07年11月13日更新分で、こちらの「マイフォト」のところにあるオリベイラ監督のゲーフラを写した写真を使用させていただいたことがあるのです。
(http://blog.goo.ne.jp/remindsme/e/5162a6cbacfb40f10c29ea7f18e50c86)
カッコイイので思わず写真を撮ってしまいました。
たまたまこちらでお見かけして、お詫びを申し上げたかったので初めてコメントさせていただいただきました。
事後報告になって本当にすみません。不都合でしたら取り下げますので、もしよろしければお返事いただけますでしょうか?

投稿: イチ | 2008年1月22日 (火) 01時11分

イチさん

はじめまして。というか多分スタジアムではきっと何度もすれ違ったりしているのでしょうね。これからもよろしくお願いいたします。

写真使用の件については全く問題ありませんので、どうぞ遠慮なくご使用ください。また、評価していただいてとっても光栄です。私のサポ仲間のYさんに手伝ってもらってできたゲーフラなので、私の腕だけではとても完成は不可能でした。ですから、「これは自分が作った!」とはまだまだいえないものなのです。

今年も何かいいものを作りたいと思っていますが、あれ以上のものは出来ないと思います。でも、何とかあれを超えたいとの気持ちもあるので、今年は、もっと熱い気持ちを込めた作品を作りたいと思うので、戦う直前や直後にひらめくイメージをモチーフにゲーフラを一つ作りたいです(現在作成中のゲーフラとは別に)。

また、いただいたコメントに質問する形となって申し訳ないのですが、是非イチさんのブログをリンクさせていただきたいと思いますがいかがでしょうか?ご了解いただければ幸いです。

投稿: 鹿莫迦 | 2008年1月22日 (火) 08時34分

>鹿莫迦さま

ご返答ありがとうございます。

お許しいただけて嬉しいです。
これまでもずっと記事を拝見していたのにゲーフラのことには気づかず、たまたま気が付いて、一言お詫びを申し上げなければと思いコメントさせていただきました。
カッコイイですよ~。監督のサインは入ったのですか?
私も今シーズンはゲーフラにチャレンジしてみたいです。
思わず、こちらで製作工程をガン読みしてしまいましたよ。笑

きっとスタジアムでもすごく近くにいるのかもしれませんね。
まだ可能性は低いですが、本気でACLアウェイ参戦を検討中です。

リンクの件ですが、あんなもんでよろしければどうぞご自由になさってくださいませ。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

コメント欄に長くなって失礼しました。

投稿: イチ | 2008年1月22日 (火) 21時09分

ありがとうございます。早速リンク晴らせてもらいました。ブログ楽しみに拝見させていただきます!

監督にサインをもらって写真を撮って年賀状にしようと思っていたのですが、思わぬ仕事が入ってしまい、例年はゆとりのある12月のはずが超多忙の12月になってしまい、休日もままならず、、、ということで、練習日にクラハに行けたのは僅か一日。
それも祝日で、ミックスゾーンは黒山の人だかり、とてもじゃないけどサインはもらえず仕舞いでした。

そんな訳で、今年の目標の一つになりました。
春くらいには記念撮影までいきたいです!

投稿: 鹿莫迦 | 2008年1月22日 (火) 22時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿嶋で自主トレ! | トップページ | 今日はエアロビ »