« エヴァンゲリオン | トップページ | こういう記事は嬉しいものですね »

2008年1月 8日 (火)

柳沢の理由

ある報道によると、大東社長が新年の挨拶の中で柳沢の移籍を容認する発言があったとのこと。
それでも、正式発表があるまでは一縷の望みを繋いでおきたい。

 

ここから先は、私個人の勝手な想像ということでお読みいただくようお願いします。

 

彼が移籍を考える理由は一体何なのだろう?

一番考えやすいのが、「出場機会を求めて」とか「あのような使われ方をするのなら」というものになるのだけれど、どうもそれだけが理由のようには思えない。

全くもって勝手な想像だけれども、体の何処か(故障していた足とか?)がかなり厳しい状況にあるのではなかろうか?

アントラーズの事情通のNBさんに以前聞いたことがあるのだが、「痛みがひどく眠ることも出来ない。」といった日もあったそうで、続けていくことが苦しいのだといったような話だった。
それでも、当時には「そんなこと(引退)はありえないだろう。まだまだ充分にできるじゃないか!」という風にしか考えていなかった。

でも、移籍の話が出てきた時に、その時の話が頭をよぎった。

それ以外に、移籍するそれらしい理由が見つからないのです。

昨年、千葉から浦和へ移籍した阿部が言っていたように、アジアや世界で戦うことはサッカー選手にとって夢であり憧れであるはずなのに、その権利を手に入れた鹿島から、よりによって今、出て行こうとする理由が良く分からない。

また、先発で出場することを最も重く考えているというなら、彼ならばその座を奪い返すという姿勢で臨もうとするはずであり、もし、監督から正当な評価が得られないからというなら、そのようにコメントして自己の正当性をアピールするのが普通の選手なのではなかろうか(だからヤナギは特別な選手だということも言えるが)。

さらに、偉大な主将本田泰人が引退して、何よりも精神的支柱がチームに必要な時に、自らが主将としてその任を全うし優勝に導いた。

だからと言って、主将としての責任を果たした今、そのチームから去っていこうとするものだろうか?

 

チームのためにやるべきことはやった。だから今度は自分のために?

その選択肢が移籍であり、京都であるというのか?

 

やっぱり、そういった理由で鹿島から離れるのは理解できない。

彼ほどの選手、人物が・・・、う~ん、そう簡単なことではないだろう。

だから前述のような体の問題ということを勘繰ってしまうのである。

天皇杯の直前練習で、監督と個別に話をした後に練習を切り上げてしまったこと(もりっちさんのレポート等からの想像)、その一方で、甲府戦やHondaFC戦、最後は決勝戦においても短時間出場できっちり結果を出して好調であったこと。

監督の起用方法にも戦術以外の要素(使いたい選手を先発では使えない?等)があってもおかしくなく、一見絶好調に見えるヤナギが、その間の練習の仕方等からの想像だが、やりたくてもできなくなっているのでは?ということを考えてしまう。

 

アジア、リーグ、ナビスコと全選手がフル回転となるチームでは足がもたないかもしれない?

例えば、浦和の小野のように故障を常に抱えながらのシーズンを送るようになってしまっては、チームに迷惑や余計な心配をかけることとなってしまうとの配慮?

ならば自らが移籍することで、後輩達のの出場機会を増やし、さらには新たな戦力補強のために資金や枠を確保させるため?

そうして、新しい世代の鹿島アントラーズを育んでもらいたいとの気持ちから?

 

いいように考えすぎかもしれないが、なんかこれが最も“しっくり”ときてしまう。

彼も人の子、一人のサッカー選手であり、決して神ではない。

こういった考え方は「神聖化」しすぎだとは分かっているが、「柳沢の理由(わけ)」についてはこうとでも考えない限り、私には理解できない。

 

冒頭で申し上げたように、これらの考えは私個人の勝手な想像と理解だということでお許しください。

 

やっぱり彼の口から真意を聞きたい。

いや、今からでも「やっぱり、熟慮の結果、鹿島アントラーズで選手生命を全うすることとしました。」というコメントを聞きたい。

|

« エヴァンゲリオン | トップページ | こういう記事は嬉しいものですね »

コメント

 昨年、練習終了時、ヤナギは、おばさんの声援に対して、「補欠」と大きな声で言っていたのが非常に印象的でした。
 ヤナギの移籍は、スタメン出場が無理であると考えたからだと思います。
 自分はもっとやれると思うからこそ、移籍を選んだのではないでしょか。

投稿: 鹿嶋に越した人間 | 2008年1月 9日 (水) 21時20分

う~ん、それが移籍の本当の理由なら残念です。

でも、それならスパッと諦められるような気もします。

この世界、誰にもレギュラーなど保障されていないのですから・・・。

正式発表があれば、気持ちを切り替えていきます!

投稿: 鹿莫迦 | 2008年1月10日 (木) 08時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エヴァンゲリオン | トップページ | こういう記事は嬉しいものですね »