« 仙台雑感 | トップページ | 海水魚水槽の新しい仲間と謎の生物 »

2007年12月23日 (日)

コール

もう一つ、昨日のヤナギコールについて。

後半になり、アップのためにサポターの目の前に現れたヤナギに対して、いや試合もなかなか思うような攻撃が出来ずに田代の運動量が落ちてきたこともあり、コールリーダーは「俺達のキャプテンを呼ぼう!」とヤナギコールを行った。

違和感を感じてしまったが、声が中途半端になることでゴール裏の応援がバラバラになってはいけないと思い、最初は大きな声でコールした。

でも、みんなの反応は「?」だったのだろう。

やはりバラバラになってしまった。

2回目の時は、ヤナギコールの瞬間に、ゴール目指して攻めあがってくる野沢の顔が目に入った。
その時の野沢の顔を見たら、ヤナギコールはできなかった・・・。

青木篤人の懸命に走る姿を見ていたら、ピッチにいる彼らを差し置いてヤナギのコールをする気にはなれませんでした。

結果として、コールリーダーの指示には従いませんでした。
ゴール裏で力を合わせて戦うサポーターの一人として申し訳なく思う気持ちもあります。

コールリーダーも、引きとめるためとかそんなんじゃなく、“試合に勝つ”ためだけの手段として、“意味のあるコール”だったんだと想像します。

そのことにアントラーズサポーターの足並みが揃わなかったあの瞬間、本当に失点しいなくて良かったと思う。
そうなってしまったら悔やんでも悔やみきれない。

そういった面で、まだもう少し、ゴール裏のみんなが気持ちを合わせられる“シロ”が残っていそうです。

国立でのあと2試合には、もうちょっとだけでもサポーター全員が一試合を通して気持ちを合わせたコールを出来るようにしたい。

そのために心掛けるのは、自分のコール!
コールリーダーを信頼して、迷うことなく叫べるようにすること!

これが次の試合における私の課題です。

それができれば、きっと勝てる!

|

« 仙台雑感 | トップページ | 海水魚水槽の新しい仲間と謎の生物 »

コメント

実は僕もあのコールには同意できませんでした。ひとつになることだけにこだわらず、強制ではない自発的な思いがある場合とそうでない時もある、というのはとても健全だと思います。リーダーの方を批判はしません。その重圧はものすごいと思いますから。これからも、僕はそんなゴール裏でいいと思います。リーダーの方には引き続き、ものすごく個性的で激しいリードに向けて努力されればいいと思います。どんどん頑張っていただきたいです。

投稿: とこしか | 2007年12月24日 (月) 01時21分

 なぜヤナギは、こんなにもインに人気が高いのですかね?前から不思議でした。

 ヤナギには、ACL獲りたいのなら「移籍できないだろ」と言いたいです。

投稿: 鹿嶋に越した人間 | 2007年12月24日 (月) 07時46分

インファイトに人気があるかどうかは私は分かりませんが、ミツオよりは人気があるのは事実のようです。それでも、田代や中後、興梠、船山の方が人気あるようにも思えます。

>ヤナギには、ACL獲りたいのなら「移籍できないだろ」と言いたいです。

これについては私も?です。
去年、阿部が千葉から浦和に移籍した理由のひとつとして、「ACLやCWCを戦いたい。」というのがあったと記憶しています。
来年、アジアや世界と戦うアントラーズを出ようという決断(熟慮中か)の裏には、やはり『プライド』があるのでしょうね。
調子は悪くないのに先発起用してもらえないといった環境に満足できないのでしょう。
そうでなければ“今”アントラーズを出てゆく理由が見つからないのです。

でも、理由はどうあれ残って欲しい選手です。戦力としても、ファミリーとしても!

投稿: 鹿莫迦 | 2007年12月24日 (月) 19時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 仙台雑感 | トップページ | 海水魚水槽の新しい仲間と謎の生物 »