« 天皇杯開幕! | トップページ | ゲーフラ完成&お披露目 »

2007年11月 6日 (火)

再度、水戸戦について

先日のブログは試合が終わった直後で、本当にその時に感じた感想を書きましたが、その後、選手のインタビューや他の方々のブログを読んで、少し考えをまとめ直さなければいけないと思いました。

「久々に見ましたね、ああいうサッカーは。」(小笠原)
「辛抱出来ずに縦に入れて取られることが多かった。」(本山)
「引き気味だったので、正直厳しかった。ドリブル突破でないと無理だと思った。」(新井場)
「変に回して取られるのが怖かった。」(小笠原)
「トーナメントですし、勝てばいい。満男さんもそういう意図で引いてさばいてくれた。」(岩政)
「相手が真ん中を固めていたから、サイドから崩そうと思った。」(小笠原)
(J's Goalから)

このように選手が考えて、そしてそれを実践しようとしていたことが確認できたのは試合後のインタビューを聞いてからでした。

目の前で試合を見ていながら、そういったことに気づかないサッカー観のなさに自己嫌悪に陥りそうです。

まあ、評論家になるつもりはなく、スタジアムで肌で感じたものを大切にしていこうとは思っているので、もう少しだけアントラーズの選手のやろうとしていることや気持ちを、試合を見て理解できるレベルには成長したいと思います。

それでも、その日に「自分が感じたものや期待していたものは何だったのだろう?」という思いが残りましたが、それに気づかせてくれたのは「鹿島を写真で紹介するBlog」さんの一文でした。

「もうちょっと組織として崩すシーンが見たかった。」(勝手に引用してすみません)

そういうことでした。

「サイドからの攻撃とドリブルでの仕掛け」が必要なことは分かっていましたが、期待していたのは、
新井場のサイドから、そして、大きく篤人へサイドチェンジして今度は右から仕掛けるといったような大きな揺さぶりで相手を引き出し、そこに出来た相手守備陣のほころびをガンガン突いて行く、そして、嵐のようにシュートを打ちまくる。」
といったシーンを期待してました。

でも、それも小笠原が行っているように、トーナメントであることを理解して、「引いて固めてカウンターを狙ってくるチーム」を相手にするリスクを最小限にするたの〝かけひき〟が必要であったこをくみ取りきれませんでした。

もうちょっと、アントラーズの戦い方を理解し、また、それを応援する自分の肌にも馴染ませないと〝気持ち〟が持ちませんね!

私もサポーターとして成長しなくては・・・。

|

« 天皇杯開幕! | トップページ | ゲーフラ完成&お披露目 »

コメント

極端なひきこもり戦法を組織として崩す戦術は、僕の少ない知識からしても、実はあまりないと思います。①相手を片方のサイドに寄せて、空いた別サイドからクロスを入れる。②はとても危険な戦術で、相手にわざとパスカットさせて、ボールホルダーをサイドに追い込んでボールを奪い、カウンターを仕掛ける。③ものすごく大きなポストプレーは絶対に負けない選手に浮き球を当てて、サイドまたはセンターで待ち構えてズドンくらいかな。
あとは、つまりサイドまたは中央でワンツー・スクリーンパスを仕掛けてマークをはずしてスドン=これは二人の個人技。そしてバルサのメッシのような天才ドリブラーが、怪我を覚悟で突破してズドンまたはパスしてズドンという完全な個人技。基本的に、カウンターを仕掛けさせて、その間隙を突く、ということだと思いますが、カウンターすらなく、ベタッと11人がハーフコートゲームにようにへばりついていたら、どうにもなりませんよ。
それと、BSのダイジェストご覧になりましたか、すごいシーンがありましたよ。試合後に握手する両チームの選手の映像で、野沢選手が、Mチームの「17番」を思いっきり、意識的に避けていた、というシーンがありました。許せない、ということでしょうね。どれだけ悪意があったか、稚拙な技術しか持ち得ない選手の仕業であるか、どれほど痛かったか、本人にしかわからないのです。軽軽しく「悪意はなかった、だの選手ならつきものだの」とほざくやからが、僕は許せません。

投稿: とこしか | 2007年11月 6日 (火) 14時23分

①のような展開を期待していたのかも知れません。私も前半が始まってちょっとしてから、相手側半分のエリアに21人が入っていることに気付きました。
その状態では①も無理でしょうね!でも、将来的にはそれを実現できるチームになってもらいたいです。
BSダイジェストは見てないんですよ~。そんなシーンがあったんですね。とこしかさんのおっしゃる最後の部分については、私も同感です!

投稿: 鹿莫迦 | 2007年11月 6日 (火) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天皇杯開幕! | トップページ | ゲーフラ完成&お披露目 »