« ゲーフラ作成(絵完成) | トップページ | 天皇杯開幕! »

2007年11月 3日 (土)

因縁の茨城ダービーマッチ!

「茨城ダービーマッチ」とは、到底いえない明日の戦いだろう。

水戸といえばプレシーズンマッチで戦った相手だが、何と言っても野沢を怪我させた憎っくき相手との印象しかない。

同じ県にあるチームだが、「絶対にぶちのめす!」といった怒りの感情しか湧いてこないのは、そういったことが理由であろう。

野沢が怪我から復帰して以降の鹿島のリーグ成績は、何と、浦和とほぼ同じような成績であるらしい。
ということは、野沢がPMSで水戸の誰だか?に無謀なラフプレーを受けていなければ・・・我々はもっと違ったリーグ戦の終盤を迎えることが出来ていたに違いない。

水戸のJ2での成績は、皆さんご存知のとおり散々な成績であるが、そんな実力的なことよりも気になるのは、「チーム全体が自暴自棄になっていて、とんでもないラフプレーを繰り返す、とても乱暴なチーム」になってしまっているらしいということである。

“相手をなめてかかる”というようなことは、選手は勿論、PSMのこともあってサポーターにもそんな気持ちで臨む人は一人もいないと思うが、この大切な時期に無駄な怪我をさせられてしまう虞があることの方が何よりも心配である。

今日のナビスコでは、“やはり”ガンバが点差以上の強さ(私にはそう見えた)で、ナビスコ初栄冠に輝いた。

我々アントラーズファミリーは、その姿を見てメラメラと燃え上がる闘志を心に感じているにに違いないでしょう!

既に、今年の1冠を失ってしまった以上、残る2冠に向けて、文字どおり「全勝」で今年度の全ての戦いを終えなくてはならぬ。

そう、今年の残りの試合は一試合も、負けること、いやいや、引き分けることすらも許されぬ戦いとなる。

だからこそ、明日の水戸との戦いも「背水の陣」で我等は望むこととなるであろう。

水戸の奴らは幸せ者である。

全力!ベスト!の鹿島アントラーズと戦えるのだから。

“鬼気迫る”カシマスタジアムのゴール裏を体感することができるのだから!

それが、同じ茨城県にあるチームに対して、「最大限の敬意」となるだろう。

|

« ゲーフラ作成(絵完成) | トップページ | 天皇杯開幕! »

コメント

あれは、悪意は無かったと思うので同県のよしみで忘れてあげましょうや。

投稿: そんでも | 2007年11月 3日 (土) 20時45分

いいえ、悪意の固まりでした。17番の金澤という奴です。膝を狙って蹴り上げていたのを、テレビ画像ははっきりと記録しています。汚い連中には、無惨な敗北でその劣悪な根性を叩き直してやるのがふさわしいのです。

投稿: とこしか | 2007年11月 3日 (土) 22時23分

野沢の負傷のシーンは水戸の左サイドコーナーより、鹿島のスローイン。ほぼイーブンの浮き球を野沢が左から、金澤が右から取りに行って、野沢の左足外側から体を入れに行った金澤の左ももが乗ってしまったという風に見えた。その後、金澤は踏ん張ったが、野沢が嫌な倒れ方をした。少なくとも、キープしているボールを真後ろからレイトチャージ、という状況ではない。直後に金澤が謝罪をしている映像もあった。

投稿: ブログから転載 | 2007年11月 4日 (日) 08時36分

いやいや、そもそもPSMでやらねばならぬようなプレーであったのか?
プロであるからこそ、また、サッカーの試合であればどんなゲームでも“真剣勝負”というのか?
両チームともシーズン前の「調整試合」であり、茨城県にあるJリーグチーム同志の、地域イベント要素もたっぷりの試合であるはず!
そして、その試合では、負傷したシーンよりも前に同じようなラフプレーがあり、それを審判は笛を吹くことなく流してしまっている。
危険なプレーに警鐘となるはずの審判のジャッジが、その時に無かったことが、「これくらいは大丈夫」と水戸の選手のラフプレーを誘発したとも思っています。
そのプレーが同のこうのというよりも、そういった結果を両チームとも望んでいなかったはずであることを重視したい。
PSMでの負傷とリーグ戦での負傷は同じではないと思う。

投稿: 鹿莫迦 | 2007年11月 4日 (日) 17時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゲーフラ作成(絵完成) | トップページ | 天皇杯開幕! »