« 健康診断の結果 | トップページ | 後半7分に・・ »

2007年11月 9日 (金)

横浜マリノス戦

明日の横浜は雨模様です。

参戦される方は着替えのご用意をお忘れなく!

まだまだ残り試合、優勝を賭けて戦い抜かなくてはなりませんから、風邪をひかないように自己管理を怠らないようにしましょう。

 

さて、明日の試合ですが、私が気になるのは横浜がどんなモチベーションで臨んでくるのかというところです。

退任の決まっている早野監督の下、来年を見据えた戦い方をしてくるのか、それとも今年一年試行錯誤してきたサッカーを明日も続けてくるのか?

そして、肝心の選手の気合はどうなのか?

当然、一丸となって優勝を目指している我がチームは、こんなところで止まってしまうわけにはいきませんので、決して敵を侮らず、強い横浜を想定して油断せずに望むべきです。

強い横浜とはどんなチームだったのか?

それはこれまでの対戦成績が示しているとおり、普通に戦っていては勝てないチームといった方がよいでしょう。

守備も固く、破壊力のある攻撃陣、そして、苦手?としている日産スタジアム。

今年、鹿島が苦しむ展開となった試合で見られたのは、中盤での早い潰しに慌ててしまい、いつもならかんがえられないようなイージーミスからピンチを招いてしまっていることや、それがために必然的に低い位置に封じ込められてしまった両サイド。

そこには小笠原への徹底マークや、野沢、本山を自由にプレーさせないといったポイントあったように思えます。

もう“勝ちにこだわる必要の無いチーム”は、そういったことのみを仕掛けてくる、謂わば、「負けないことに重点を置いた試合運び」をすることは、強い横浜なら比較的、容易なことなのではないでしょうか。

そこで横浜が勝ちに拘ってくれればサイドの隙間や中盤のほころびも出やすくなり、カウンターでの打開が可能と考えられますが、「鹿島を勝たせない」狙いで最後まで来られてしまっては、どうしても勝ち点3が欲しい鹿島にとってかなり厳しい戦いになると思います。

そういった展開にならずに、いつものようにポゼッションから両サイドを効かせた攻撃を仕掛ける「主導権」を握る展開になることを期待します。

エコパのジンクスも関係なかったように、もうここまでくればスタジアムが苦手だのどうだののジンクスは、全く関係ない“ゾーン”に入っていると思います。

 

オフィシャルで「クラブワールドカップへ出場した場合は・・・」と案内されているように、もう一歩も後が無い状況になっても、「優勝」を諦めている人は誰一人いません。

とにかく、我々は一戦必勝で勝ち抜くしかありません!

スタジアム参戦される方も、テレビで応援される方も、この「一戦必勝!」の気持ちを共に持って、同じ気持ち、同じ意気込みで戦いましょう!

そして「勝利」しましょう!

「奇跡は起きるものではなく、起こすもの!」

コールリーダーの言っていたこの言葉を、今一度 胸に刻んで。

|

« 健康診断の結果 | トップページ | 後半7分に・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 健康診断の結果 | トップページ | 後半7分に・・ »