« 横浜マリノス戦 | トップページ | 順調に回復しています。 »

2007年11月11日 (日)

後半7分に・・

久々の日産スタジアムでの勝利 おめでとう!
参戦された方も参戦できなかった方も、本当に良かったですね。

苦しいギリギリの戦いをしているのだということが、昨日の試合から改めて感じることが出来ました。

Img_2293

決勝点となったマルキーニョスの3点目、見事なゴールに思いっきり「やったー!」と大声で喜んだ瞬間、「パシュ!」と音をたてて(私自身はそう感じました)自分の声が消えてしまいました。

回っていたモーター音が突然に停電で止まってしまうような時の感じです。

後半7分、声を潰してしまいました。

叫ぼうにも自分の声はスカスカ状態で、なんとか搾り出そうとしても「ヴ~ォ~、ゥフ~」と唸りにもならない状態でした。

それからは、情けないけれど“タンバリン”と“飛び跳ねること”しかできず、ブーイングのひとつもできませんでした。

試合が終わって、新横浜駅で「のど飴」を買って、東京駅で高速バスに乗るときに「ほっとレモン」を買って飲んだら、ようやく、かすかに「音」が出るようになってきました。

そんな状態では晩御飯を食べようにも注文できないので、スタジアムからそのまま鹿嶋へ直行で帰ってきました(お腹もそう空いてはいなかったので、また、都会で食べるよりも鹿嶋でゆっくり食べた方が落ち着くので、一旦家に帰ってから吉野家へ行きました)。

以前に購入した「喉の治療器」を使い、一晩たった今は何とか会話が出来るまでに回復してきました。

日曜日までには何とか直さねば。

 

さて昨日の試合はといえば、横浜の頑張りもありましたが、かなり苦しい展開でした。

『取るべき時にきっちり得点できた』ことで勝利できましたが、そうでなければどうなっていたのか、考えるだけでもぞっとしてしまいます。

 

松村主審はWikipediaによると、

少々の接触プレーではほとんどファウルを取らない、Jリーグでも屈指の「流す主審」として知られる。時に明らかなファウルすら流して物議をかもすことはあるが、頻繁にプレーを止めて試合を壊すことのない、その判定姿勢は評価が高い。スペシャルレフェリーではないが、日本国内ではそのジャッジが最も安定している主審として、サッカーファン、サポーターから支持を受け続けている。

といわれているが、まさに「そのとおりのジャッジだった」のではないかと思われました。

ビデオでいくつかあったの問題のシーンを見返してみると、開始早々の田代のPKシーンは他のファウルと比べても笛が吹かれていてもおかしくないでしょう。

しかし、ペナルティエリア内でのファウルはよほど明らかでない限り決定的なジャッジとなってしまうので、ペナルティエリア外でのファウルのように簡単には笛を吹かないであろうことも想像できます。

そういうことで、後半9分にあった本山と狩野のペナルティ内でのシーンで彼が笛を吹かなかったことも納得できてしまいます。

幻の4点目となったシーンは、マルキーニョスはオフサイドではないものの、田代の位置がオフサイドと見られ、そこからボールに絡もうとしていたので副審が“思わず”旗をあげてしまったのでしょう。

これはどうなんだろうか?(主審ではなく副審の技量の低さなのでは?)

笛を吹いて止めてしまうのも仕方ないような気がします。

柏原やその他の主審のように「怖い顔」して笛を吹かず、穏やかにニコやかに裁くため悪く言う人は少ないのだろうが、まあ、Wikipediaの評どおりのジャッジだったということでしょうがないですね。

ただ、私個人の感想としては、意外と松村主審と我がチームの「勝利」の相性は良いような気がします。

まあ、昨日の試合はジャッジがどうのこうのというよりも、それ以前に反省すべき点が多かった試合であったと思います(私の喉も含めて)。

 

横浜の選手の動きは素晴らしかったですよ!

パスを出したら必ず走る、所謂、パスアンドゴーが実践されていて、しかも、そのゴーがことごとく相手サイドに向かうスタイルでスピード感に溢れアグレッシブさもかなりあって、「どうしてこれで勝てないのだろうか?」と思うチームでした。(山瀬功がいたら、どうなっていたのだろう・・・)

ビデオで観た後では、鹿島の選手の頑張りが良かったこともわかりましたが、生で観ていると殆ど攻められていたような感じでした。(ほんと見えにくいスタジアムなので、相手シュートがポストに当たっていたことなんて全く気付いていませんでした。アブねえ~な~、ホントに!)

アウェーで守備の意識を高く持とうとすると、そのような試合展開となるのも仕方の無いことなのかな?

次はホームなので、積極的な試合運びをすることは想像できるので、それを助長する勢い付ける応援をしなくてはいけませんね。

そう、昨日の応援のように。

昨日の応援は凄かったですよ。

屋根の反響もありましたが、サポーターの必死さや、鬼気迫る気持ちが思いっきり込められた“意志のこもった応援”でした。

あの応援を是非ホームでもやりましょう。

 

新しいチャント(ロール?)が出来ましたが、試合前に何度も練習したのに、試合終了直後はどうしてもそのイントロが出てきませんでした。

帰りの道すがら思い出そうとしてもダメでしたが、家に帰ってビデオを観ていたら入っていましたよ!新しいチャントが。

「オッ・オー・オ・オオオオオ_オ_かっしま  /  
 オッ・オー・オ・オオオオ お・れ・た・ちの_ほ・こ・りよー」

スカパー181Ch、放送開始から5分後~1分ちょっとの間、このロールが聞こえてきます(リポーターのしゃべりの後です)。

ど忘れされたサポーターの皆さん、是非これで思い出してください。

なかなか渋くて、声のトーンも低く響き渡るのでかなり良いかと思います!

|

« 横浜マリノス戦 | トップページ | 順調に回復しています。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 横浜マリノス戦 | トップページ | 順調に回復しています。 »