« 頑張ろう! | トップページ | 声が枯れるまで »

2007年10月10日 (水)

さあ、これからだ!

選手のみんな、万博に参戦されたサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

今日は不運な失点で0-1という結果に終わってしまいましたが、決して内容は悪くなかったと思います。

監督の意図するところのプレーは充分に出来ていたと思われ、前回の大敗からきっちり修正はかけられていた内容であったと思われます。

アウェーでの戦いのリスクを充分にケアし、さらに、最後までゴールを奪いに行く姿勢をみせた戦い方は立派であったと、選手や監督を「誇り」に思うことが出来ました。

ガンバとのセミファイナルはようやく前半が終わったところで、後半はまだこれから始まるのです。

そして、その後半戦は、ホームカシマスタジアムで戦えるアドバンテージが我々にはあり、今日のように意思統一された戦い方ができれば、それに最近のホームでの勢いが加わり、必ずやガンバを逆転できるものと信じています。

 

今日、試合後の選手達は“生きた目”をしていました。

そして皆が、後半戦となるホームでの戦いをイメージしているかのような顔つきでした。

サポーターの皆さんも、胸を張って鹿島に帰ってきてください!

 

今日の結果で、ガンバサイドは自分達が有利だと思っているでしょうが、第2戦をカシマで戦える我等にも充分に勝算はあります。

オリベイラ監督選手達を信じて、そして鹿島を応援する自分達を信じて、ホームで奴らを迎え撃ちましょう。

土曜日まで少ない日数ですが、奇跡を起こすべくしっかりと準備して、ナビスコタイトルという女神をふりむかせるようなパフォーマンスを見せてやりましょう。

“何かが起きる雰囲気”を、土曜日のカシマでは作り出そう!

忘れてないよな、去年の国立で味わった屈辱を!

もう二度とあんな思いをするのは嫌だ!

『聖地カシマスタジアム』でやったろうぜ!

何が何でも行くぞ国立へ!

|

« 頑張ろう! | トップページ | 声が枯れるまで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 頑張ろう! | トップページ | 声が枯れるまで »