« ユニクロキッズ | トップページ | 頑張ろう! »

2007年10月 7日 (日)

神戸戦雑感

終わってみれば1点差の際どい勝利でしたが、スタジアムで戦っているとそんな感じは全く無く、「完勝」と言いたいくらいの嬉しい勝利でした。

最後まで油断せずに戦わないと、『もしも・・・』なんてことになったら今年のリーグ戦は幕が下りてしまうので、本当に安心して大勝と言えるように決めるべきところをもっと決めておかないといけませんね。

さて、昨日大活躍の興梠でしたが、田代との相性は抜群に良いのではないでしょうか?

開始早々に田代が相手ゴール前で競り合って頭で落としたボールに、読んでましたといわんばかりに素早くマイボールにしてしまう興梠とのプレーには、「新たな鹿島のFWコンビの誕生」なんて気持ちになってしまいました。

Img_2223 それにしても、昨日のフォーメーションはまりましたよね!

途中で気付いたのですが、レンアドロをマークしていた青木がそのままDFの位置に入り込んで、すると石神や新井場が上がり気味にポジションして“変則3バック”の形になっていました。

前回、左に石神、右に新井場となった時に、石神の守備と新井場の攻撃不足があって、今度もそれを試合前は懸念していましたが、このように変則3バックで新井場が高い位置にいることで、彼の攻撃は見事に生きていましたね。

石神の守備に関しては、失点シーンのように決定的なミスというか、ポジショニングが今回も浮き出てしまいました。
小沢さんが怒鳴っていたのも、石神に対してではなかったのですかね?

彼だけの責任といった失点ではありませんが、こういったピンチを逆に救ってくれるような守備での活躍を期待したいところです。(何事も経験ですから、また、試合に出て、今度はフルタイムでお願いね!)

そして、変則3バックが出来るのは、何といっても青木の縦横無尽の走りと切れることないスタミナの賜物であります。

とにかく、昨日の、いや、ここのところの青木の活躍は凄い!

マンマークはきっちりこなして、相手のストライカーに全く仕事をさせていないし、インターセプトから攻撃参加して自分で出したボールを自分でとりに行く献身的な姿には感動ものでした。

極めつけが左サイドから右サイドライン際の本山への『正確無比なロングボール』、2本続けてありましたが、この2本目が見事にゴールに繋がりました。

あの距離を、あの正確さで・・・とにかくこれを見れた人は幸せ者でしょうね。

この得点シーンですが、更に凄いのが青木からのボールを受けた本山新井場

青木のロングパスをピタッとトラッピングして、ノールックで後ろを走りこむ新井場にスパッと。

新井場の走りこむコースとスピードにも全く無駄が無く、本山と阿吽の呼吸で決まりましたね。

だから、相手DFの空振りがあってもそれはラッキーと言うものではなく、“必然”であったと思わずにはいられません。

そして、田代もきっちり詰めていたのですが、昨日のラッキーボーイ興梠の嗅覚の方が勝りましたね。

この鹿島の戦士達の素晴らしい高度なテクニックと、スピード感溢れるプレーに惚れ惚れしてしまいます!

守備陣はセンターバックの二人ですが、これといって目立ったところはありませんでしたが、きっちりと仕事はこなしていました。
というより、この二人の名前が出てこないことが守備陣の出来が非常に良かったということの裏づけとなります。

最後にとられたがどうか分からない“認定ゴール”がありましたが、さすがにみんなバテバテとなっていましたから、こればかりは守備陣だけに責任は被せられないでしょう。

新井場が高い位置で仕事できるようになれば、おのずとFWと同じような位置でプレイすることになるのが野沢本山

この二人のテクニックとパスセンスはやはり凄い!

野沢のボレーは決まりませんでしたが、「絶対に狙っていた!」と思えるあのボレー、決まっていたらファンタスティックなゴールだったでしょうね。

ここのところ、少しずつ本山が攻撃面で顔を出すようになってきたと思います。

これもやはり小笠原効果だと思いますが、ここにも青木の働きがあることを見逃してはならないと思われます。

さあ、あとは小笠原に火がつけば、鹿島の中盤は恐ろしい程の力を発揮することになりそうです。

交代で入ったヤナギにも気合が感じられました。(これは中後にも同様のものを感じました。)

前からのディフェンスは本当にお手本のようなものであり、そして、ボールを奪った後のゴールへ向かうスタイルに気持ちを感じました。

そんな中でも、小笠原への冷静なパスには「さすが!」と言わざるを得ないし、早く再び先発で見たいところであります。

最後に、足がつりながらも小笠原からのスルーパスを絶妙のタイミングで受け取って、見事ハットトリックを達成したかと思った興梠ですが、無常の線審は“見誤って”オフサイドの判定を・・・。(あれは絶対にオフサイドじゃなかったよな~、返せよ興梠のハットを!)

Img_2224 この気持ち分かるよ!

でも、ありがとう興梠、スタンドに上がってきてくれて!メガホン持ってくれて!

サポーターはこれだけの事で全てが報われます。

田代中後と共に鹿島のスタイルを改革してください。

『優勝』したら、こんなもんじゃないぞ!

最後に、小沢さん、ナイスセーブ!

|

« ユニクロキッズ | トップページ | 頑張ろう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ユニクロキッズ | トップページ | 頑張ろう! »