« 激勝!激怒!激怒! | トップページ | 国立へ行こう! »

2007年9月23日 (日)

やっぱ、いいよな~ホーム・カシマスタジアムは

一日経っても昨晩の余韻がず~っと残っていて、とってもいい気分であります。

ビデオで観ても奥谷のジャッジには本当にあきれてしまうが、やっぱり勝利という結果が「そんなことはもうどうでもいいよ」なんて気にさせてくれている。

曽ケ端の退場シーンや、興梠・ダニーロの倒されても倒されても流されてしまうシーンは印象に強く残るが、それよりも美しいシーンの連続だった昨日のゲームであった。

Img_2216 最初に失点してしまったシーンは、相手の矢野を認めるべきなのか岩政を責めるのかよく分からないうちの出来事だったので、その後も1点ビハインドだなんて思わずにいることができた。
そんな私の気持ち以上に落ち着いていたのがピッチ上の選手達であった。

“田代効果”というべきなのか両サイドからのクロスがいつもよりも美しく放たれていた。

決して田代だけがそのターゲットではなく、その背後に位置する野沢小笠原も自由空間を動き回るが如くにそのクロスを捉まえていた。
それほど新井場篤人には中がよ~く見えていたのだろうな。

新井場⇒小笠原⇒田代の同点段は本当に美しかった!

そして、3人に囲まれていても落ち着いて「ここでしょ?」と言わんばかりに堂々とクロスをあげる篤人、それを身体を投げ出す勇気のダイビングヘッドで決めてしまう田代、これまたホント美しい!

野沢の3点目は本山小笠原の華麗なテクニックでボールを回し、マルキーニョスのポストから右にいた野沢に回ってきたチャンス。
“ドフリー”とは言っても、左足であの位置からズバーンと決めるのはそう簡単なことではないでしょうに。
野沢の足元から放たれたボールがゴールネットに突き刺さるまでの軌道が目に焼きついています。

綺麗だ!

守備の意識も凄かった。
皆がガツガツぶつかっていく、懸命に走りまくってボールを追い続ける、そんなプレースタイルから「あきらめない気持ち」が具現化されていると思った。
そして、それが攻撃の基点に・・・。

中盤では大きくボールを左右に展開し、相手の守備がそれに振り回され波打っているかのように見えた。
いつもの“後ろでの単調なボール回し”とは違うものだった。
面白いように大きく展開されていた。

そして、何よりもその後のゴールに向かう姿勢が強かったと感じた!
右からであろうが、左からであろうが、中央からであろうが、常にゴールへの意識が感じられた。

熱かった!

本当に最初の「失点」と最後の「独り舞台」以外は、90分の全てが鹿島の時間だった。
とても美しく、そしてエネルギッシュな時間と空間だった。

 

田代がメガホンで言ってくれた「今日は熱い応援、ありがとうございました!」との一言でサポートの全てが報われる。
興梠といい田代といい、選手がスタンドに上がってメガホンでアピールしてくれる、サポーターを煽ってくれる。
マルキ本山、そしてヤナギ中後までもゴール裏を煽ってくれるようになった。

こんな瞬間が来るとは思っていなかった、昨年までは・・・。

美しいプレー、激しい興奮、そして選手と気持ちを共有できる感動!

今のカシマスタジアムには、間違いなく“ホーム”の強さがある!

|

« 激勝!激怒!激怒! | トップページ | 国立へ行こう! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 激勝!激怒!激怒! | トップページ | 国立へ行こう! »