« カシマスタジアムのゴール裏 | トップページ | 何かが変わってきている? »

2007年8月17日 (金)

真夏の雑感

まずは猛暑の中、カシマスタジアムに参戦された皆さん(選手を含めて)お疲れ様でした。苦しい環境で勝ち得た「勝利」、試合前の『奇跡を起こせ』が全てに通じたお陰かと思います。

特に今年のサマーシリーズはラニーニャの影響なのか“暑すぎる”くらいで、夜であっても30度をゆうに越える状況での戦いを強いられています。
そして次の大宮戦は、何と日本の観測史上における最高気温40.9度を記録した「熊谷」での戦いとなります。ただ、この日の天気予報では「曇りのち雨」との予想がなされているためアウェーの我々にとってやや追い風が吹くかもしれないということですね。

さらに、G大阪と鹿島についで失点数が少ない強固な守備力を誇る大宮ですが、得点力が低く、しかも今回はレアンドロが出場停止となって大宮にとってはやや向かい風の状況のようです。

千葉戦同様に“負けない自信”たっぷりで熊谷に乗り込みますが、連戦の疲れがいつもの鹿島らしさが見せられないなんてことにならないように、ゴール裏から汗だくになって熱中症と戦いながら応援します。

余談ですが、太腿の肉離れで離脱していたG大阪のマグノアウベスが25日の川﨑戦から復帰するようです。
まあ、マグノがいようがいまいがあのチームにとってはそれほど変わりない強さを見せていたので、鹿島にとっても有利不利といった感とはなりませんよね。
ホーム開幕戦で見せた吉澤の徹底マークが思い出されますが、あの時もあと少しというところでの失点でしたから、たとえベストメンバーのG大阪であっても今の鹿島であれば「がっぷり四つ」に組んで戦える相手だと思っています。
どうせなら、強いG大阪に勝って足腰立たないようにしてやりましょうよ!

この話とは逆になってしまうので「をコロコロ言っていることを変えるのだ。」とお叱りを受けてしまうかもしれませんが、名古屋のヨンセンと金が負傷のため(多分、肉離れ?)全治4週間だとか・・・。これだと鹿島戦への出場が微妙となりますね。
だからといって喜んではいけない、う~ん、でも少し嬉しい!

すみませんね、勝手なことばかり書いてしまって・・・。

でも、暑い熊谷が雨模様だとか、G大阪が死のロードだとか、名古屋の主力が負傷だとかいった情報を耳にすると、やはり喜んでしまっている自分が居ます。

他人の不幸を喜んでいて“しっぺ返し”が来ては困るので自重しますが、鹿島の選手達にはこの暑さの中で出来る限り全力で戦えるように、十分に栄養と休養をとって試合に臨んでもらいたいです。

オリベイラ監督がイヤーブックでコメントしていたように、今こそ「疲労回復」ということがポイントとなるのでしょう。
フィジオセラピストアレックスの腕の見せ所ですよね。(この理解はあっていますか?)

サポーターの皆さんも、遠征疲れとこの暑さでかなり疲労していたことがこの前の試合で分かりました。
うちの子供も試合中に体調が悪くなっていたように、ゴール裏のみんなの体調も心配です。
幸いにも夏休みを取ることができたり、日頃のトレーニングが効いているのか体力的にも精神的にも私はまだまだ元気一杯です。
さすがに千葉戦の90分は堪えましたが、まだ体力的には頑張れそうな所はありました。
熊谷でも皆が苦しい時には意識的に声を張り上げて行きたいと思います。
金沢に参戦できない分、熊谷での大宮戦とその次の横浜FC戦で頑張ります!

それから、小笠原のパフォーマンスといい19,600人の観客動員といい、何かが変わってきているようですね。
良い傾向であると素直に喜びましょう!

今日はとりとめも無く書き綴ってしまいました。
読み辛くなってすみません。

|

« カシマスタジアムのゴール裏 | トップページ | 何かが変わってきている? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カシマスタジアムのゴール裏 | トップページ | 何かが変わってきている? »