« 茨城新聞 | トップページ | 筑波大学との練習試合風景 »

2007年7月 8日 (日)

消耗戦だったのか・・・

前回のFC東京戦に引き続きどこか歯車が噛み合わない内容だったけど、これは篤人が居ないことによるもんあのか、それとも暑さによる体力消耗によるものだったのか?

 

まずは、広島で戦った選手とサポーターのみんなには「お疲れ様でした。」と言いたいです。

なんか噛み合わない、きっかけのつかめない試合だったけど、選手は頑張っていたと思います。

広島の選手も足をつってしまい交代しているシーンを見ていたら、かなりの熱さだと感じました。

そんな中、それなりに最後まで走って攻撃できていたことは悲観するものではありません。

だた、前半は明らかに広島の選手の方が動きは良かったです。

その差が試合の結果に出てしまいましたね。

 

前の試合に引き続き鹿島の翼は羽ばたかず!

左サイドは攻め手も押さえこまれ、守備面でも狙い打たれ、若い選手を鍛えるためには今は耐え時なのかもしれない。

得意の左サイドではなく慣れない右サイドで、阿吽の呼吸でのスピード間溢れた飛び出しも出来ず、無念の途中交代となってしまったゲームキャプテン。

このような状態を見せられては、やはり「鹿島の宝」は物凄く大きな存在だったことを思い知らされます。

動けないトップ、簡単なプレーで何故かボールを奪われてしまう中盤、居場所を大物達から狙われている“プレッシャー”が返って彼らの必死さを焦りに変えてしまったのか?

ここのところ2連敗と意気消沈してしまっても仕方ないが、幸い息の根を止められる敗戦ではなく、次のホームでの戦い方次第で充分に挽回可能な大会のシステム。

ホームでしっかり勝てば言いだけの話!

相手をゼロに押さえることが出来れば、後は我が方が得点を奪えばそれが次なる戦いへの手形となる。

そのために必要なものは、1点も取られてはいけないという「危機感」!

 

少ない人数にもかかわらず、広島に全然負けていないほどの大きな声で応援が出来ていた今日のサポーターと、必死で戦った選手達はこの危機感を肌に感じて持って返ってきてくれるでしょう。

今日のんびり家でテレビを見ていたメンバーは、この危機感を共感しなくてはいけないだろうな!

次戦、「どんなメンバーで戦うべきか!」なんてことはオリベイラ監督が考えてくれる。

サポーターは、スタジアムで“どれだけでっかい声で気持ちを送れるか”が勝負の分かれ目になるだろう。

 

今日、参戦できなくてゴメン。

アントラーズ、選手達、ゴメン!

次、ホームで絶対勝とうな!

|

« 茨城新聞 | トップページ | 筑波大学との練習試合風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 茨城新聞 | トップページ | 筑波大学との練習試合風景 »