« 名古屋戦 | トップページ | FC東京戦 »

2007年6月24日 (日)

苦しみながらも勝利

Img_2121 今日はホントに苦しかった試合だったが、勝って良かった!

杉本や中村をベンチに下げて、本田はDF登録となっていたので、「若手を試すのか?捨ててるのか?」などと思っていたのですが、それはとんでもない間違いでしたね。

キックオフからすぐに名古屋がボールを支配し、セカンドボールも殆ど名古屋、鹿島はボールを奪ってもなかなかいつものように繋げない。

その内に段々と鹿島ペースになるだろうと思っていても、時間は経つものの依然として主導権は名古屋に。

ピンチもそれほど無かったが、それ以上にこちらのチャンスもなくハーフタイム。

後半の最初は、今日チャントが披露された青木にチャンスがあったが、2回とも惜しくもゴールの枠を捉えることが出来なかった。

「この雰囲気はやばいぞ。」と肌で感じるも、遠くに見える名古屋のワイドな攻撃と、どうしても競り勝つことが出来ないヨンセンの高さ。

大岩が先に落下点にポジションをとっていても、ジャンプ力の差で後から来たヨンセンにボールを触られクリアすら出来ず、曽ヶ端の再三にわたる好セーブが無ければ、カシマスタジアムでの無敗伝説も破られていたでしょう。

増田に秀逸のボールを出したのは、たぶん野沢?(これは良く覚えていない)野沢のヘッドからマルキのヒール(足の外側)⇒増田でした。

結果に飢えていた鹿島期待の若手が閃光一戦!強烈なゴール

それに続いて、またしても岩政の頭が絡んだ、マルキーニョスの憎いほどの見事なループ!代表GK一歩も動けず!

歓喜に包まれるゴール裏を、一瞬のうちに不安に陥れたヨンセンの抵抗弾。

これは、ゴール裏からは「曽ヶ端がファンブルでもしたのか」といったようなプレーに見えた。

「またしても悪い癖が出たのか?」とその後に起こりそうな悪夢をどうしてもイメージしてしまっている自分が恥ずかしかったが、大分、柏とあの時間帯の出来事を目の当たりにしてきているからこそ知り得る恐怖感だった。

とにかく残りの時間が長い!そして、なかなか時間が過ぎて行かない。

その間はずっと名古屋の攻撃を受け止め跳ね返すばかりの時間帯が続いたが、それでも以前のように慌てて浮き足立つことが無くなった我らの戦士達のプレーに、こっちが落ち着かされていた。

「慌てるな!落ち着け!」そう叫びながら、自分に言い聞かせていた。

久々にピッチに立ったファボンが、遠く向こう側の鹿島のゴール前で高々と舞い上がっていた姿に感激し、彼がジャンプしてヘディングでクリアした時には「ほら見たかー!ファボンが勝ったぞー!」と誇らしげに叫んでさえいた。

名古屋の猛攻を最後まで必死に凌いで、苦しんだ末の大きな“勝ち点3”をゲットした。

でも今日は、久しぶりに最後まで主導権を握れなかった試合だったのではないだろうか?

録画の予約を忘れてしまったので、生の試合で感じたことだけなのでこういった見方が正しいかどうかは分からないが、周囲の仲間にも「いや~、今日は本当に苦しかった!でも勝って良かった!」という言葉しか出なかった。

スカパーの再放送は明日の早朝6時なので、録画して明日の夜にでも見ることとしよう。

昨日、既にガンバと浦和の上位2チームが昨日先に勝っていたので、今日は本当に負けることが出来なかった試合でした。

もし負けていたら・・・、というプレッシャーの中での試合をものにしたことは非常に大きく、今度は“取りこぼしたら鹿島が来る”というプレッシャーをガンバと浦和に与えることができる。

「ピンチの後にチャンスあり」

今日勝ったからこそ言えることなのだが、次のFC東京戦には柳沢中後が帰ってことが予想されており、今日の苦しい試合をものにした鹿島アントラーズは益々その勢いを加速させることとなるであろう。

|

« 名古屋戦 | トップページ | FC東京戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名古屋戦 | トップページ | FC東京戦 »