« マルキー! | トップページ | アウェーを攻略する。(味の素スタジアム) »

2007年5月27日 (日)

じわりじわりと

甲府戦は、本当に強い鹿島の試合が見れたような気がしました。

何よりも守備が良かった。
DFの守備ではなくチーム全体の守備ということですが、甲府にボールが渡っても必ず誰かがすぐにチェックに行き、その簡にしっかりと陣形を整え、一人ではなく二人でボールを奪いに行く。

素晴らしい守備でした。

だから誰がということでなく、全員が素晴らしかった。

相手に得点を与えないところでチームに負けはなくなり、1点あれば勝利が転がり込んでくる。
さらに、もう1点が加われば勝利を確実に掴み取ることができる。

それも、全て相手をゼロに押さえることができる全体の守備ができているからこそのチームの安定感、強さだと感じることが出来ました。

昨日は曽ヶ端のファインセーブが勝負のポイントになりましたね。
あそこで入れられていたら・・・、そんなゲームのポイントをきっちりと防いでくれたのは非常に大きかったですよね。

運動量が多く細かいパスを見事につないでくる甲府を、本当に見事に押さえ込みました。

チーム共通の守備と言う仕事を全員が手を抜かずにやり遂げ、そしてそれぞれ個々の仕事(能力)を場面場面で発揮したことで、点差よりも大きな2点を得ました。

点差以上に差のあった昨日の試合だったと思います。

さらに、交替で入ったメンバーがヒーローとなった佐々木、そしてスピードと切れが増したような気がするダニーロ、控えではもったいない増田とは豪華な選手層ではありませんか。

昨日のベンチにはファボンも居たし、怪我でスタンド観戦となっていた柳沢マルキーニョス佐々木にも決して負けていない能力を持った船山石神、きっとスーパーサブとなるであろう遠藤、必ず結果をだしてくれるはずの小谷野、物凄い選手層じゃないですか?

どこに中田小笠原が必要だという考えになるのでしょうかね?

今のチームで勝ち進んで行きたいという気持ちがあります。

若いまだ開花していない選手達を見てみたい、応援したいと言う気持ちがあります。

昨日の試合が、アントラーズにとってリーグ戦の再スタートとなる試合だったような気がします。

|

« マルキー! | トップページ | アウェーを攻略する。(味の素スタジアム) »

コメント

後半部分について心底同意です。
頭よりも気持ちで今のアントラーズ見てる人は、ほとんど皆そう思ってるんじゃないっすかね。

そういう意味で
昨日の監督コメントは糞嬉しかったっす。
ここだけの話、ちょっと涙腺に来ちゃいました(笑)

投稿: dai-is-big | 2007年5月27日 (日) 20時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マルキー! | トップページ | アウェーを攻略する。(味の素スタジアム) »