« 勝利 | トップページ | 今朝の茨城新聞から »

2007年5月 4日 (金)

勝って良かった~

昨日の試合は本当に勝って良かったです。
私だけかも知れませんが、苦手意識をもっていた味スタでの戦い、そして昨年から苦汁をなめさせられている横浜FMとの連戦は、下手すれば・・・、なんてことも頭をよぎっていたので昨日は本当に良かった。

Img_1941 対するFC東京は、今期低迷しているようだが、ここ数戦は調子を上げていたようで4戦くらい負けが無かったということは、家に帰ってからビデオを観て初めて知りました。

メンバーを思い浮かべてみると、ワンチョペ、ルーカス、石川、福西、今野、梶山、平山、伊野波、金沢、鈴木、徳永、土肥、茂庭・・そうそうたるメンバーです。

なのに、どうして低迷しているのか?

うちと似たような所があるのかもしれませんね。

それぞれの選手とつなぐものは「、」でしかなく、「-」で繋がれた連動性が生まれていないので、選手層の割には試合での強さが発揮されていないのでしょう。

昨日は、ワンチョペ、「ルーカス-石川」、福西、今野といったような連動しかなかったように感じました。(ゴール裏からの感想なので、本当に思ったまま)

福西に至っては、家に帰ってビデオを観るまで居たことを忘れていました。(これ本当の話)

さて、我がアントラーズの出来ですが、前半は何度か決定的なチャンスがありましたが、これを決めることができまでんでしたが、嫌~な雰囲気はありませんでした。

でも、どこかちぐはぐな内容になっていて、責めあぐねるというよりは「今日は良くないぞ」というような感じでした。

田代に頑張ってもらいたかったけど、正直言って昨日の田代は殆ど消えていましたね。
復帰後、初先発なのでしょうがないといえばしょうがないのですが、次こそアピールできる動きを見せて欲しいです。

ダニーロに関しては、いいポジションでボールを貰うのですが、そこから決定的なチャンスに結びつかない。
それでも以前よりはスピード感が出てきたと感じたのは私だけでしょうか?

守備陣の動きがよく、得点を取られるような気には殆どなりませんでしたが、遠目から狙ってくるルーカスは怖かった。(青木が良かったな~)

後半になって、どうしようもない失点後に、これまで同様にチームは浮き足立ってしまうのかと思いきや、昨日は違いました。

以前にあったような、反撃そして逆転の可能性を感じられる前への動きが野沢本山から現れ、それがマルキーニョスという類まれなスタミナをもつFWによって現実へと結び付けられました。

コーナーキックをダニーロがGKと競り合い、こぼれたボールに皆でプレス、ルーカスのクリアボールを中後が目の覚めるような弾丸シュート!
ゴール裏からみたネットに突き刺さった瞬間の残像は、これからもずっと記憶に残るでしょう。

そして、そのまま看板を飛び越えて、スタンドの真下まで来てくれて、マルキーニョスばりのガッツポーズ!中後がこのようなパフォーマンスをするとは思いませんでした。

そして、マルキーニョスの「どうやって抜け出したの?」というような個人技から、日本平の再現のようなセンタリングで増田にドンピシャ!
攻撃的な位置で使わってもらった誓士にも、「本当に良かった。」と言ってあげたい素晴らしいヘッド!

その誓士がガッツポーズを、あの控えめな喜び方しかしなかった増田が・・・。

嬉しいな、本当に嬉しいな。

試合に勝ったことも滅茶苦茶嬉しいが、それ以上に二人のパフォーマンスに感激しました。

ロスタイムの東京の総攻撃を、ほら内田だ!ほら野沢だ!おー青木!、大岩ー!佐々木ー走れーっ!曽ヶ端ー!と皆で一丸となり跳ね返した。

泥臭い「全員サッカー」で掴んだ勝利でした。

最後にベンチから出てきた選手とともに皆が看板を越えて来てくれて、万歳の前に手をつなごうとしていた時など、確実に「ゴール裏のサポーターと一緒に!」という気持ちがひしひしと選手から伝わってきました。

Img_1946

最高の勝利と、それ以上のお土産を貰った昨日の試合でした。

|

« 勝利 | トップページ | 今朝の茨城新聞から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 勝利 | トップページ | 今朝の茨城新聞から »