« 神戸戦、雑感 | トップページ | 気持ちはあるか! »

2007年4月 4日 (水)

しかるべき結果

全く可能性の感じられない試合だった。

“しゃにむ”にやっているのは分かる。

しかし、凍えるような雨の中、一生懸命頑張ってそのまま評価されるのはサラリーマン。

プロはこれではいけない!

選手達も勝ちたいのだろう。

でもこれじゃ本当に勝ちたい気持ちは伝わってこない。

自覚しなければ・・・。

 

本当に弱い!

同じJリーグ未勝利の甲府より、確実に弱い。

パスどころかトラップさえもままならぬ、ならば走れ!

走れない、いや走らない。

いったい、どんなサッカーがしたいのか?

 

今日、雹が混じる凍えるような春雨の中、ゴール裏から声援を送ったサポーター達はとても“大きな不安”と“どうしようもなさ”を感じたに違いない。

「ホームで負けたら、それはサポーターの責任」

それはそれで構わないし、4000人しか集まることが出来なかった我々が、選手に対して偉そうに何を言えるものではない。

だけど、ボールに向かって走れるのは選手だけ、体をぶつけてでも相手からボールを奪えるのも選手だけ。

だから、選手達よ、俺達の声援を背負ってくれ!戦ってくれ!

 

オリベイラ監督はどこかでこの試合を観ていただろう。

アウトゥオリは「戦わない人間は不要だ。」と言っていた。

今日の試合では、まさにその言葉が当てはまる。

誰が?

それは全員だろう・・・。

ベンチから離れて見えたこともあるだろう。

それに期待する。

 

ピッチに立ったら戦おう!

立ち止まっていないで、何とかしろ!

何とかできなければ、大声だして怒れ!

 

今日の試合だけが“日替わりメニュー”であったと思いたい。

そうであって欲しい。

そうでなければ、「かなりやばい!」

 

ヤバイから応援する!

今まで以上に!

 

何ができる?今・・・。

われわれサポーターに出来ること・・・。

 

とにかく、週末の大宮戦は、サポーターは“目の色変えて”声出そうぜ!

選手が変わるためには、サポーターが先に変わるしかない。

 

落ちたくなければ、スタジアムで叫べ!!

|

« 神戸戦、雑感 | トップページ | 気持ちはあるか! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸戦、雑感 | トップページ | 気持ちはあるか! »