« リーグ戦、初勝利 | トップページ | 「回復」というキーワード »

2007年4月16日 (月)

篤人が代表、浦和が首位

昨日は勝利の余韻に浸れた日曜日でしたが、そんな中、「内田篤人が日本代表に召集」という情報を耳にしました。

まさか、A代表とは夢にも思っていませんでした。(自分のことじゃないっていうの!)

昨年の篤人ならあってもおかしくはないかと思われましたが、今年の篤人のパフォーマンスではどうなんだろう?というのが正直なところです。

でも、それは篤人自身の状態が悪いというのではなく、チームの連携やバランスが良くなかったことでアントラーズの翼(新井場とともに)が羽ばたいていなかっただけなのでしょう。

とにかく代表のいない現在の鹿島にとっては、スタジアムに観客を集めるためにも人気選手の存在は不可欠ですので、常陽銀行のポスター起用とともにこの篤人のニュースは鹿島アントラーズ関係者(ファンも含む)にとって朗報なのでしょうね。

 

そして、にっくき浦和が首位に立ちました。

今年度はアジアチャンピオンズリーグ参戦のため、今ひとつ国内成績がパッとしなかった感がありましたが、改めて成績を見てみると浦和は今年まだJリーグで負けていなかったのですね。

この底力は認めなくてはいけないでしょう。

悪いなりに成績を纏めることが出来ている、その結果が首位とは・・・。

ガンバや川﨑の調子も完全には乗り切っていないようで、柏レイソルがJ復帰していきなり上位争いというこの混戦模様が、“負けない強さ”を発揮したチームを首位に押し出したということでしょう。

鹿島の成績で△△△となったことについては、“負けない強さ”と言うよりは“勝つべきところで勝てなかった”ことによるものなので、浦和と同等には扱うことは出来ませんが、これが最後の頃になって効いてくるようにするためには、これから“負けない”ことが重要なこととなります。

これからの連戦は、清水をはじめ浦和、FC東京、横浜M、磐田とネームバリューのあるチームとの対戦になり苦しい戦いかもしれませんが、ここで負けないように戦い抜かなくては今期の優勝争いはありません。

「優勝」と言ってしまうと、厳しい鹿島サポーターからは笑われてしまうかもしれませんが、選手や監督が諦めていない限り、私も優勝を絶対に諦めません。

チームコンディションが上がってきている今、我々以上にネームバリューというものに怖さを感じているのは、「鹿島」を相手にする敵チームの選手やサポーターの方であることに間違いありません。

「鹿島」というJリーグで最も強靭なネームバリューが、特に今の苦しんでいる鹿島アントラーズにとっては一番の武器になるのかもしれません。

この“威風”に“勢い”が加われば、決してどんなチームにも引けをとるわけがありません。

この勢いを演出する力こそ、ゴール裏からの応援に他なりません。

やらねばなりませぬぞ!

「われらも鹿島の戦士なり!」

|

« リーグ戦、初勝利 | トップページ | 「回復」というキーワード »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リーグ戦、初勝利 | トップページ | 「回復」というキーワード »