« 「回復」というキーワード | トップページ | アウェーツアー »

2007年4月17日 (火)

星取計算

つまらない内容なので、軽~く読んでスルーしてください。

今年の初めに優勝ラインなるものを自分勝手に想像しておりました。

昨年の浦和とガンバの最終節の優勝争いが、勝ち点69を挟んだクライマックスになっていましたが、結果として浦和が勝ち、トータル勝ち点72で優勝しました。

2位には横から滑り込んできた川﨑が勝ち点67となり、最後まで優勝の望みのあったガンバが浦和に破れ勝ち点66で3位ということになりました。

このあたりから、勝ち点70というのがひとつのボーダーになるのではないかと勝手に想像しました。

ふと、「ホームで全部勝ち、アウェーで全部引き分けたら、一体勝ち点いくつになるのか?」と計算したところ、
勝ち点3×17=51点
勝ち点1×17=17点
51点+17点=68点となり、このペースであれば充分に優勝圏内に入れる数字だと思われます。

では、現実に今の鹿島の状況はどうかというと、
アウェー  川﨑   ●  -1点
ホーム   G大阪  ●  -3点
アウェー  千葉   △  ±0点
アウェー  神戸   △  ±0点
ホーム   大宮   △  -2点
アウェー  横浜FC ○  +2点
 現在計           -4点
という状況です。

自分なりの頑張る目安として、このプラスマイナスがゼロになることを目標にします。

これからホームで2連勝、さらにアウェーでも2連勝というのは今の鹿島にとって厳しい目標ですね。

ちなみに、「アウェーは引き分けでいいや」といったいい加減な気持ちではないことを申し添えておきます。
この考えを持っていれば、アウェーで引き分けたからといって短絡的に選手に「何やってんだよー!」的な気持ちにならないで済むかな。

戦うには、常に勝利を目指しています!

まあ、独り言ということで御了承ください。

|

« 「回復」というキーワード | トップページ | アウェーツアー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「回復」というキーワード | トップページ | アウェーツアー »