« みんな頑張れ! | トップページ | 雨中の名古屋戦 »

2007年4月10日 (火)

それぞれがやるべきことを

今朝の新聞では、中田浩二小笠原満男の鹿島復帰のニュースが賑わっている。
悲しいことだが、鹿島の文字が太い文字で掲載されるのも久しぶりのような気がする。

個人的には彼らの復帰を期待する部分もあるが、結論としては現有勢力で戦っていきたいと思っている。

いつまでも「過去」に頼っていては道は開かれないであろう。

その証拠に、中後田代、野沢といった選手の台頭があり、彼らはまだまだ中田小笠原の領域にはほど遠いにせよ、世代交代として今のようなチーム環境は絶対に必要な時期だと思っている。

現在のチーム状態からすれば、フロントが自らの立場でいまなすべきこと、いや、いま出来る事として動いているのであろう。

だから、それを否定も肯定もしない。

どんなメンバーになるにせよ、アントラーズレッドのユニフォームを着ている選手が我々の応援すべき選手たちなのだから、それが誰であろうと関係ない。

カシマスタジアムのゴール裏からピッチを見て、そこに立っている11人の赤いユニフォームを着た選手が鹿島アントラーズそのものなのだ。

だから、この話題の成り行きはフロントに任せればよい。

今いる選手達はこれを新たな危機と感じてプレーに表して欲しいし、それが彼らのなすべきことであろう。

では、我々サポーターはのなすべきことは?

今、アントラーズレッドのユニフォームを着ている選手を応援すること!

そう、明日のホームでの戦いに備えること!

さあ、今から何ができるかな?

やれることは全てやろう!

|

« みんな頑張れ! | トップページ | 雨中の名古屋戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みんな頑張れ! | トップページ | 雨中の名古屋戦 »