« 明日やるぞ! | トップページ | う~ん、信じるか?どうする? »

2007年4月 7日 (土)

危機的現実に目を背けるな!

11対10で引き分け。
これは間違いなく敗戦に等しい。
いやそれ以上のダメージを受けたに違いない。

情けない。
「選手達が」ではなく、「自分達」が情けない。
ピッチとゴール裏の違いはあれど、選手と共に戦った者として、物凄く不甲斐なさを感じている。

かなり危機的状況だ。
Jリーグの順位だけでなく、チーム内外の信頼関係やお互いを思う誇りの気持ちが音を立てて崩れていくような気がする。
正直、J2のことを現実として考え、その恐怖とも戦わなくてはならなくなった。
安穏としていられなくなった。

客観的に見て、今日の試合で背番号「12」の選手達はいつもより頑張っていたと感じた。
試合の時だけではない。
試合終了後にも、この危機的状況を何とかしようと模索して、インファイトやバーニングの面々は住金ゲートでアピールをしてくれたらしい。
どういう状況や行為であったかは分からないが、少なくともなんとか現状を打破しようとして選手やクラブとの対話を求めたことはサポーターとしてありがたいと思う。(但し、バスに唾を吐きつけたり、水を掛けたりして世間から非難されなければよいが・・・)

一方、選手や監督はお互いに話し合ったのだろうか?
いつもの通りのミーティングではダメだ!
「ちょっと、みんなで飯でも食いに行って、気分転換しようや!」というようなことはしたのだろうか?
気持ちの部分だけでも、“もがいて”欲しい。

非常に心苦しい。
出口の無い苦しさを実感している。
八方塞がりとはこのことか?

今のチーム状態で「休み」など到底考えられないと思っていたが、明日は予定を変更してオフとなったようである。

それでいいのか?本当に!
「勝つ気あんのか?」と言いたい。
お互いに言い合う(指摘し合う)ことすら出来ずに、練習不要の“気持ち”の部分すら鍛えられず、それでいてオフだと!
こんな時こそ、がむしゃらに走れ!走って頭の中全て空っぽにして、純粋にゴールだけを目指せ!完封だけを目指せ!
ボールを蹴れ!
休んで何になる!

このままでは、水曜日にはカシマスタジアム未勝利の名古屋に、しかもナビスコを捨てて若手中心の1.5軍で戦ってくる名古屋に完敗するに違いない。
いよいよ、名古屋のカシマスタジアム初勝利である。

物好きな奴、馬鹿な奴、Mな奴、見届けてやろうぜ、最後まで。
3,000人位は集まるだろう。

勝っても負けても、俺達が応援するのは鹿島アントラーズで間違いない。
誰が悪いのではない、鹿島を愛してしまった奴が悪い。

そんな3,000人で水曜日見届けてやろうぜ、俺達の鹿島が戦う様を。
そして、また再び、90分間、その選手達と共に戦おうぜ!

不思議と勝っている時よりも負けている時の方が、アントラーズのことが片時も頭から離れないものだ。

そうじゃない?みんな!

|

« 明日やるぞ! | トップページ | う~ん、信じるか?どうする? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日やるぞ! | トップページ | う~ん、信じるか?どうする? »