« 連敗スタート | トップページ | 胴体着陸とスカウト裏金問題 »

2007年3月12日 (月)

なんで?って負け

今日は代休ということで、朝はぐっすり眠ることが出来ました。
昨日は疲れて9時過ぎまでしか起きていられなかったため、今朝起きるまで10時間も眠ってしまいました。
おかげで疲れがすっかり取れました。

昨日の敗戦については、何が悪くて負けたのかすっきりしなかったのですが、ビデオを観ても?どうして負けたのかその原因は探せませんでした。

色々と「あら」を探せば敗因はいくらでもあるのだろうが、勝ったときでさえ「あら」はあるもの。

では昨日の「あら」はといえば、吉澤のマークミス?FWの決定力不足?ダニーロの凡ミス?ファボンの退場?中盤の力負け?出場できなかった岩政?監督の采配ミス?野沢田代といった怪我人のせい?、それとも吉田に続き西村のジャッジ?

ビデオで再検証しても、どれもこれも「敗因」には当てはまらないと感じました。

小学校から高校までサッカーを目一杯やっていた私が、昨日のビデオを観た後の客観的な感想としては、
「鹿島の方が試合の主導権を握っていた。」
「シュートが無かった訳ではなく、再三と惜しい場面があったが、相手GKのファインセーブに止められた。」
「ダニーロは前の試合よりも動きは良く、ミスはあったが敗因とはいえない。」
「ファボンのレッドは・・・、今更どうしようもない。」
「吉澤は95%マグノを抑えており、充分に合格点。1点におさえたらなら上出来。」
「中後、青木、新井場、内田、増田、本山みんなで二川や遠藤を自由にさせなかった。」
「マルキは惜しい場面を数多く作っただけでなく、守備においても献身的だった。」
「西村はどうしようもないが、それはガンバにとっても同じ。」

昨日の試合は、アントラーズの方がガンバを攻略できていた。
ガンバはカウンターのみ。
試合内容としては、アントラーズの方が褒められると思いました。

遠藤、二川、マグノ、家長等々個人の能力は相手の方が上だったが、そんな中で一番上だったのは播戸の演技(仕掛け)でしたね。

昨日の試合は、決して悲観するような内容ではなかったと思えます。

それではどうして負けたのか?

そう、これといった原因が分からないから「なんで?」といった感覚になってしまっているのだと思う。

勝負だから「勝ち」もあれば「負け」もある。
どんなに攻めていても負けるときもあり、逆に89分間攻め込まれていても最後の1分で勝てることもある。

勝敗は気まぐれなもの。

ついていなかったのだろうな~。
それはアントラーズを愛する者全ての人々がついていなかっただけ。

だから結論としては、今のまま戦って行けば良いと思います。
一つ何とかできるのであれば、マルキのイエローを取消して欲しいことと、ファボンのレッドをイエローと同じ処分にできないものか?
審判のミスジャッジはやはりチームのアピールにより訂正されるべきだ。
そうでないと危険を冒して、飛び込む選手が報われない!

ビデオで客観的に眺めるとこのような感じの試合内容に思えましたが、スタジアムでライブで見ていると展開の云々や組織がどうのこうのよりも、勝った負けたといったことがダイレクトに伝わってきて、とにかく勝てなかったことがショックとして全身を打ちのめします。

色々と分析してみたところで、それは求めるものではなく、スタジアムで肌で感じることができるものを求めていきたいのです。

昨日はそれが「敗戦」だったから、訳も分からず残念で仕方なかった。

今度のフクアリでは、どんな内容でもいいから「勝利」が欲しい!

|

« 連敗スタート | トップページ | 胴体着陸とスカウト裏金問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 連敗スタート | トップページ | 胴体着陸とスカウト裏金問題 »