« 等々力開場一時間前 | トップページ | 川崎戦のビデオを観ました。 »

2007年3月 5日 (月)

落ち込んでいるわけでは

開幕初戦で負けたことに落ち込んでいるわけではありません。

ブログ更新が滞っていますが、仕事が忙しくて更新できなかっただけです。

試合のビデオも全部観ることが出来ていないので、試合内容についてはコメントできませんが、2階席から見ていた嫁さんによると「選手達の必死さは伝わってきていた。」ということなので、負けはしたものの悲観することはないと思っています。

「シュートが少ない」「「打たなきゃ入らない」との批判もあるようですが、“打たなかった”わけではないと思いますので、川﨑のDF陣を褒めるしかありませんね。

認めるところは認めましょう!

 

さて、JsGoalの監督インタビューで気になる質問がありました。

「レフリーに勝っていた試合を負け試合にされたという感じではありませんか?」といったような内容の質問が掲載されていました。

気になるのは監督の答えではなく、マスコミや記者の人々も“そう感じていた”のかもしれないということです。

我々サポーターがそのうように言っているのならそれは贔屓目でしかないとされますが、より中立な立場の人々が見ていてそう見えたからこそ、そのような質問が監督に向けられたのでしょうね。

う~ん、やっぱり吉田のジャッジは不公平だったのだ!

それが分かっただけで充分です。

終わったことはつべこべ言わず、さあ、次はホーム開幕だ!

|

« 等々力開場一時間前 | トップページ | 川崎戦のビデオを観ました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 等々力開場一時間前 | トップページ | 川崎戦のビデオを観ました。 »