« 落ち込んでいるわけでは | トップページ | ビッグバンカシマ! »

2007年3月 5日 (月)

川崎戦のビデオを観ました。

Img_1853 遅くなりましたが、ようやく開幕戦のビデオを観ることができました。

やはり敗戦については、それほど悲観するようなものではなく、今後に期待できるというか、オリベイラアントラーズの初戦としてはまずまずではないでしょうか?

当然、勝利を掴むために“緩い”ことを言うつもりはありませんが、冷静に客観的な見方をすれば、現時点ではこのようなものだということを受け入れなければならないでしょう。

当初、掲げられていた攻守の切り替えといった課題やボールを奪われた後の素早いプレスなど、求められていたことを選手達は忠実に実行できていたと思います。

だから、チームの成熟度といった点や審判による“ツキ”の差といったものが、勝敗となって現れただけで、再び試合をしたらまた別の結果になるでしょう。

それにしても、ビデオで確認しましたが吉田のジャッジはひどい!というか醜い!

海外のゲームでのミスジャッジは納得できます!(目の前のひどい反則:箕輪が本山を正面から両手で突き倒したプレーに相手側のアドバンテージを取るなんて・・・)

ジョージ、ジャスティスに続き「アンラッキー」とでも呼びましょうか?アントラーズサポーターの怒りを呼び覚ます審判の出現ですね。

そんな残念な試合でしたが、良く見るとかなり良いプレーも随所にありました。

ダニーロがあれほど守備が上手いとは思っていなかったし、ファボンに関してはすでに鹿島の砦になっていたといえるし、中後のFKは蹴れば蹴るほど良くなっているようだし・・・、細かいところでは、新井場と青木のスライディングタックルは見事に失点するところを防いでいました。

柳沢とマルキーニョスの動き出しは、少し噛み合う所がずれているだけでこれがマッチすれば恐ろしい連動性を生み出すと思えました。

本山にしても、失点したシーンのマークミスを取り返そうと必死になりすぎて、やることなすこと全て悪循環となってしまった感があり、こちらも少しのきっかけさえあればすぐに好転するような気がしました。

敗戦によって少し弱くなった自信でしたが、ビデオを観て経ち直ることができました。

気合いを入れなおしてガンバをぶっ倒しに行きましょう!

 

それにしても、久々の90分はきつかったですね。
足は筋肉痛になっていましたが、もう既に回復してきています。
喉の調子も悪くありません。

選手ばかりに「頑張れ!」と言うのではなく、自分自身にも「もっと声を出せ!もっと飛び跳ねろ!」と気合を入れたいと思います。

ちなみに今回公式戦デビューした私のダンマクです。Img_1854

文字は小さくても蛍光塗料は目立ちますね。

でも、この大きさじゃテレビで抜いてくれないとピッチからは見えませんね!

次回はもう少し文字を大きくすることとします!

|

« 落ち込んでいるわけでは | トップページ | ビッグバンカシマ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 落ち込んでいるわけでは | トップページ | ビッグバンカシマ! »