« 余韻に浸りたいが | トップページ | 直行カシマサッカースタジアム行き »

2007年3月27日 (火)

サポーターの行動と選手との関係

今朝のスポーツ新聞では、久々にアントラーズの記事が(比較的)大きく取り扱われていました。

やはりネームバリューのある柳沢が活躍すれば、マスコミはこぞってニュースにしてくれるのですね。

直接題名には関係ありませんが、最近のスポーツ紙の“アントラーズ度”は、ニッカン>報知>スポニチといった順であると個人的には受け取っています。

 

そのニッカンと報知に気になる記事がありました。

ともに昨日の試合の勝利を伝えた内容の記事ではありましたが、その文中に柳沢のキャプテンとして結果を出せない責任感に苦しんでいたことが書いてあり、その一部分に、練習後に、『(サポーターから)どのようにサポートすれば勝ちにつながるのか?』と聞かれた。サポーターの気持ちはそれほど熱い。」との彼のコメントが掲載されていました。
その記事の最後には「サポーターの熱い気持ちを冷ますわけにはいかなかった。」と記者は締めくくっていました。

 

そうです、サポーターの小さいけれど気持ちのこもった行動は、その熱い気持ちを確実に柳沢に伝えていたのです。

同じように、ぐれんブログのJUNさんが行った“ダンマクを用いたアクション”がサポーターの気持ちを選手に伝えたと言えるのではないでしょうか。

柳沢に質問したサポーターが“どなた”であったのかは分かりませんが、ネット上の口先だけの事ではなく、実際に勇気を持って起こした行動が昨日の2ゴールに、そして「勝利」に繋がったのだと思います。

素晴らしいと思います。

 

クラブが今年新しく作ったMIX-ZONEが勝利をもたらしたともいえます。
クラブにも賞賛を送りたいと思います。

  

これまで、サポーターは「選手のために、アントラーズのために」と行動してきています。

選手も「チームのために、サポーターやファンのために」との気持ちで頑張ってきました。

でも、お互いに向き合っているよう見えて、実際はその視線は合っていなかったと思われます。

 

しかし、昨日、試合後の選手挨拶でゴール横に並んだ時に、ファボンが先に手を挙げて応えようとしましたが、サポーターが「オー、オイ!」と声をそろえようとしていたのに気付いてなのか、(多分)曽ヶ端が選手に手をつなぐよう促し、サポーターの声と同調して一斉に手を挙げてくれました。

その時の選手の笑顔とサポーターに向けられた視線は、「サポーターとともに」という彼らの気持ちを伝えるのに充分であったと思います。

選手とサポーターの気持ちが確実に繋がった瞬間ではなかったでしょうか。

 

それはなんてことも無いようなことですが、アントラーズの選手とアントラーズサポーターにとってはとっても画期的なことでした。

先ほどの柳沢のコメントと同様に、サポーターが選手に伝えたい気持ちと選手が感じていたい気持ちが最近ようやくジョイントされてきたような気がします。

「負けた時や引き分けた時にはブーイングで迎えるべき」との意見もありますが、ここのところずっとそのような時でもブーイングせずにチームコールを送り続けた効果のあらわれであるとも思います。

 

今回はクラブハウスでの行動が大きく取り上げられましたが、そのように取り上げられなくてもサポーター達はアントラーズのために、そして選手のために色々な行動を起こしています。

それは日の目を見ない地道な行動であったとしても、今のキャプテンはそのようなサポーターの気持ちをしっかりと感じ取ろうとしてくれていることが分かりました。

いや、キャプテンだけではないでしょう。

他の選手達も同様に感じ取ろうとしてくれているはずです。

MIX-ZONEが新しく用意された今こそ、そのような活動が大きな効果をもたらすでしょう。

その場所で、ゴール裏のサポーターの気持ちを直接選手に伝え、一方通行ではない気持ちのやり取りを選手とすべきなのですね!

|

« 余韻に浸りたいが | トップページ | 直行カシマサッカースタジアム行き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 余韻に浸りたいが | トップページ | 直行カシマサッカースタジアム行き »