« 選手と共に鹿島神宮で必勝祈願 | トップページ | アウェーを攻略する。(笠松陸上競技場) »

2007年2月26日 (月)

茨城ダービーマッチ(プレシーズンマッチ)

昨日は笠松で行われた「茨城ダービーマッチ」に参戦してまいりました。

待ちに待ったアントラーズの今年度初ゲームということで、遂に昨日から今シーズンが始まったこととなります。

先発は予想どおりのメンバーでしたが、以外だったのは控えに大岩船山が入っていなかったことでしょうか?(これは個人的な見解ですけどね)

当初は、新加入選手の動きやチームとしての昨日がどの程度出来上がってきているかに興味がありましたが、昨日の試合の見所は「ワクワクできる試合を見せてくれるチームになった」ということでした。

ボールの流れ、ピッチを大きく使った試合運び、個々の選手の機敏な動き、がっちり受け止める守備の強さ、どれをとっても見ていて楽しくなるものばかりでした。

試合中に「うぉ~」っと唸らせられたことが何回あったでしょう。
マルキーニョスの動き、野沢の安定感、中後の存在感、ファボンの人への強さと強烈なFK、新井場のFWのような攻撃参加、篤人の縫うようなドリブル、本山のボールを受ける縦横無尽な動き、ダニーロの頑強さと強烈な左足のシュート。

一体何なんだこのチームは!

残念なことに、野沢膝の怪我で長期離脱(手術があるかも)が決定的になってしまいましたが、代わりに入った青木の「ここぞ!」と言わんばかりの精力的な動き、今のアントラーズは選手個々の力では間違いなくリーグ上位だと実感しました。

あとは、これがチームとして連携できるかどうかということでしょう。

監督曰く、「まだまだ修正すべき点はいくつもある。」とのことで、更なるチームの成熟に期待が高まります。

家に帰ってから録画したビデオを観ましたが、一番良かったと思うのが相手がボールを持った時のプレスの速さでした。
これは教科書どおりなのでしょうが、前線から素早い献身的なプレスで相手ボールを中盤で奪い、そこから二人の動きまくるFWと駆け上がってくる両翼、さらには飛び出してくるボランチでカウンターを仕掛けるといった具合に、攻撃に関しては文句の付けようがありません。

文句を付けるとしたら守備力でしょうか。

でも、昨日の水戸を相手にした戦いではその文句もつける隙もなく、曽ヶ端のスーパーセーブも飛び出したように、守備陣の仕上がりもなかなか良好だと思いました。

だから、強いて言うなら“リーグ随一の攻撃力”を持った川﨑、そして絶好調間違いない二川と遠藤、そしてマグノアウベスを擁すG大阪を相手に、「今の鹿島のディフェンスがどれだけ通用するのか分からない。」ということが不安であるということでしょう。

それでも、いよいよ今週末に開幕を迎えるJリーグを前に、チームの準備は整ったと言えるでしょう。

そんな上手くいっていたチームづくりでしたが、本当に野沢の離脱は残念で仕方ありません。
でも、いくら残念がっても治るものではなく、野沢の回復力とアントラーズFCの有するのリハビリ設備やフィジコの能力に期待するしかありません。
きっと、これまでに何度も怪我で泣かされてきた彼のことです、すぐに良くなってチームに戻ってきてくれると信じています。

そして、今の鹿島アントラーズの強みは、このように一人の選手が抜けることを待望している選手がたくさんいるということです。

今回、交替出場した青木を筆頭に、攻撃的選手なら代表に行って活躍している増田、期待の新戦力である船山、小気味良いドリブルと素晴らしい左足を持っている遠藤、2列目でもOKな興梠と、一つのポジションだけでもそこを狙うタレントは非常に豊富であります。

現実的に昨日の試合でも、野沢青木の交替の前後でそれほどチーム力が変化したかどうかは殆ど分かりませんでした。(私が鈍感なのかもしれませんが)

だから、チーム力については心配していません、どんなメンバーとなっても間の前の敵と闘うのみです!

野沢が帰ってくるまで負けないように頑張るのみです!

それはそうと、はっきり言って開幕準備はチームよりもサポーターの方が遅れていますよ。
昨日の試合を見ても、声量、体力、気迫、どれも全然足りません。
何よりも歓喜する力が足りませんでした。
「喜びたい」という気持ちがなければ、心からの叫びは出てきません。

こんな気持ちのままで試合に臨んでは、等々力で痛い目にあうかもしれません!

もう時間はないぞ!しっかりしようぜ、アントラーズサポーター!

昨年の田代のあのシーンを思い出せ!

そして“怒り”を呼び覚まそうぜ!

|

« 選手と共に鹿島神宮で必勝祈願 | トップページ | アウェーを攻略する。(笠松陸上競技場) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 選手と共に鹿島神宮で必勝祈願 | トップページ | アウェーを攻略する。(笠松陸上競技場) »