« 一喜一憂 | トップページ | こちらも新加入 »

2007年1月10日 (水)

新外国人

3人の新外国人選手との契約完了が発表され、さぞかし今朝の新聞紙上でも賑わせるものかと思ったのですが、スポーツ新聞はどれもこれも阿部の移籍話ばかり。

本当に隅っこに文字だけ数行で書かれている程度の扱いに多少の不満を抱きながらも、逆に注目されないことにホッとしているかもしれません。

昨年まで鹿島に来る外国人選手は結構大きく報道されることが多く(特にファビオ・ジュニオールとか)、そういった前評判が高い選手で期待はずれに終わるケースは他チームでもまま見られます。

だから、注目されずにシーズンが始まってから、「おっ!誰だあの外人は?」などと他チームサポから言われるような展開になりそうで、そういった期待が結構マジに高まっています。

ダニーロにしろファボンにしろ、日本のサッカーに馴染むかどうか心配される声もありますが、監督が彼らを良くしっていることや、馴染むとかいうレベルではないレベルにある選手だと確信できるので、そういった心配は無用だと思われます。

そこで、彼らにさらに期待したいことは、今いるアントラーズの若い選手達の手本となるようなプレーでありファンサービスです。(ファンサービスはおまけでいいですけれど!)

アウトゥオリがいっていた「精神的な問題」を解決してくれる存在となってくれれば、もう「鬼に金棒」といえるでしょう。

マルキーニョスにしても、ハートの強さは証明済みなので1年間怪我無く暴れまくってくれればチーム内の競走激化にも繋がり、それは皆が望むところといえるのではないでしょうか。

派手さはなくとも、しっかりとチームのウイークポイントを補強できたかどうか?それと、ここ数年取り組んでいる世代交代を完成させることができるかどうか?この2点が今年の鹿島アントラーズの行方を占うポイントとなりそうだと個人的に注目してみます。

昨年、FC東京サポのN氏と年末会う機会があり、「鹿島はさすがだよね。それほど順位を落とすことなく、しかも常に優勝争いに加わりながら世代交代できてきているよね!」と言っていただきました。

まさに自分達のことだから欲が一杯あるので、世代交代も優勝も全て望もうとしてしまうものですが、客観的に見るとそういった2~3年を送ってきたということなのですね。

あと、こうも言ってました。「若い能力のある選手は、試合に出して上げれないと可愛そうだよね。サッカー選手は寿命が短いから、大卒ならなおさらだよね。」

選手やチームに色々なことを我慢してもらうよりも、サポーターとしてはチームや選手のために自分が我慢しなきゃならないですよね!アントラーズに関する色々なことを・・・。

|

« 一喜一憂 | トップページ | こちらも新加入 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/13420085

この記事へのトラックバック一覧です: 新外国人:

« 一喜一憂 | トップページ | こちらも新加入 »