« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月31日 (水)

紙吹雪「ウルトラ」大作戦!

さて、3月11日のホーム開幕戦(G大阪戦)に向けて紙吹雪の準備の連絡がありました。

作戦名は「ウルトラ」で、その内容は輪ゴムで約2センチの厚さに束ねた紙吹雪を11束ひとまとめにして用意するといったものです。

さらに、それを“10まとめ”つくって袋に詰め、ゴール裏の通路を中心にして配りまくるという計画とのことでした。

配る人は、その束(10本)がまとめられた袋をもって、座席の端に座っている人に一つの束を渡して、「隣の人に回してくださ~い」といって渡していき、受け取った端の人がその束を列の端の人に渡して順番に一つずつ取ってから隣の人に渡していってもらうという感じでしょうね。(“11束をひとまとめ”ということは座席横一列分ということですね。)

私も既に開幕に向けて徐々に準備を進めています。
会社で残業?して、毎日10~20分くらい作業を行っています。
それくらいの時間でも、一日に新聞紙10日分くらいを切り取り、束でいうと20束くらいは用意できるのですが、開幕までにはダンボール一箱は最低でも作ろうと思っています。

それにしても作戦名が「ウルトラ」とは・・・、今年のチームスローガンの「魂~Spirits」と合わせると『ウルトラ魂~ULTRA SOUL』、どこぞの有名グループの曲名にぴったりあてはまりますね!

この乗りの良い曲のリズムに合わせて、開幕戦はイケイケ(古いかな?)で行きたいですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月29日 (月)

今朝ほどの記事はこれです。

今朝のニッカンスポーツに出ていた全面広告です。

Img_1832 こんな感じです。

さて、気になるスローガンというかキャッチコピーは右下の部分にあります。

それを拡大すると次の写真のようになります。

Img_1833 どうでしょうか?

皆さんはどう思われますか?

私のはやとちりなのでしょうか?新体制の発表とともにスローガンが正式に発表されたようですね。

もし、これが本当に今年のスローガンなら、最高ですね!

考えた人を賞賛したいと思います。

もう、心が疼き出しそうなコピー、もう、じっとなんかしていられないコピーですよね。

“魂”込めて応援しまっせ!!やったるでー!って感じになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年スローガン?

今朝のニッカンスポーツを見て驚きました!

鹿島アントラーズの“全面広告”に目を奪われました。
これは、スタジアム管理指定者としての取り組みを紹介したものらしく、目新しい記事は特にありませんでしたが、クラブとして何らかのやる気が感じられました。

ファンクラブ事務所の鹿嶋移転とか、地域密着への復活を意識した取り組みが最近見られるようになったのは新社長の方針なのでしょうか?

なにはともあれ、このような心意気は高く“評価”したいと思います!

そして、その前面広告の下の方にチケットの販売情報やホームゲームの開催情報がいつものように載せられていましたが、そこに気になる文字が・・・。

「FOOTBALL DREAM」の文字に続いて、『~‘07Spirits~』という文字が書かれていました。

確か去年ここに書かれていたのは、「一新制覇!」ではなかったでしょうか?

ということは、これは今年のスローガン又はキャッチフレーズということ?

ガセネタにならないように、これは独り言として・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月28日 (日)

「ベタ」開始!

今日は家族で水戸の京成百貨店までショッピングに出かけてきました。

その帰り道に「ひたちなか」にあるジョイフルホンダに立ち寄って、ダンマク用のクレモナロープを買ってきました。
これで、アウェー用のダンマクは完成しました。
お披露目はPSMの笠松か、或いは開幕となる等々力か今から楽しみです。

さて、そのジョイフルホンダのペットセンターで「ベタ」を衝動買いしてしまいました。

Img_1828 我が家には90センチの海水魚水槽があって、これまでそちら専門でやってきましたが、何故か急にブリーディングの楽しさに惹かれてしまい、ついつい買ってしまいました。

一応、とりあえずはベタの楽しみ方の初級編であろう鑑賞(闘魚とも言われている)を楽しむべく、オスを2匹購入しました。

Img_1829 赤い色のベタと青い色のベタ、その名前のとおり“ベタ”な選択となってしまいましたが、やっぱり基礎から楽しまなくてはいけないと思いそうしました。

今度はメスを買ってきて、繁殖をさせてみたいと思いますが、その前に飼育方法が載っている本でも読んで、充分に勉強してからにしないと・・・。

それにしてもベタって意外と安いんですね。

高いベタもありましたが、これは両方ともに1匹298円のバーゲン魚で、この水槽ケースが1個980円、ビー玉が1ケース分380円、餌が102円と約1700円でワンセット買えました。

海水魚みたいに手間もかからないということなので、気軽に飼育してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月26日 (金)

今期日程

今期の日程が発表されまして、幾つかのブログで「参戦できる試合やできない試合を眺めてみる」ということがなされていたので、私もやってみることにしました。

ところで、まだ決定ではありませんが、どうやら今年の転勤はなさそうな雰囲気です。
その代わり来年は、ほぼ転勤となることが固いでしょうから、今年転勤が無かったことは余命1年を宣告されたようなものです。

という訳で、今年は最後のつもりで行ける試合は全部行きます。(絶対に後悔しないようにするためにも)

アントラーズの試合は、
Jリーグ戦が、ホーム17試合+アウェイ17試合=34試合。
ナビスコ予選が、ホーム3試合+アウェイ3試合=6試合。
ナビスコ決勝リーグが、ホーム2試合+アウェイ2試合+国立1試合=5試合。
天皇杯が優勝まで5試合。
プレシーズンマッチが1試合。
その他、夏の親善試合が2試合程度?

以上の試合を合計すると、今のところ53試合ということでしょうか。

さて、そのうち何試合に参戦することができるかな?

続きを読む "今期日程"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

鹿嶋市民になるまで(14)

浦和レッズに残り2分で同点に追いつかれ、掴みかけていた優勝をまさに目前で取り逃がしてしまったことのショックは想像以上に大きく、やりようなない気持ちの揺れが体中を駆け巡っていました。

そんな時、同じ職場のTさんから「姪っ子の自宅に車を停めてあるから、そこまでは姪っ子の家族と一緒に車に乗って帰ろう。だから、これから合流するために家族席へ行こう。」と言われました。

まさか、そんな状況になっているとは知らず、アントラーズのエンブレムの着いたベンチコートやレプリカユニフォームしか着ていなかった私は、「こんな格好で行ける訳無いので、ここで待っています。」とコンコースで待つことを伝えたが、Tさんの勢いはそんな私の主張など全く寄せ付けることはなく、「こんな機会は滅多に無いから、大丈夫だから行こう。弟夫婦(姪っ子の両親)も一緒だから、あそこのエレベーターのところにいるから。」といって取り合ってもらえませんでした。

「でも。・・・この格好じゃ・・・。」と躊躇していると、Tさんはおもむろに自分のジャンパーを脱ぎ、それを私のベンチコートの上から着せてくれました。
“ベンチコートの上からジャンパー”というありえない格好は、当然違和感丸出しで全くもっておかしな格好でしたが、そんなことよりもTさんの気持ちがとっても嬉しかったのです。

続きを読む "鹿嶋市民になるまで(14)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月24日 (水)

快方に向かっております。

風邪の方も病院へ行き、かなり調子は良くなってきています。
まだ、咳き込むと喉というか気管支あたりが多少痛くなるのが気になりますが、鼻水ダラダラやくしゃみは薬のせいか止まっています。

まあ、それと仕事もなかなか暇にならず夜も家に帰ってゆっくりする時間を確保するだけの気力と体力しかないので、ブログの更新が疎かになってしまっております。

せっかく見に来ていただいている皆さんに申し訳なく思っております。

書きたいネタは一杯ある(オリベイラ監督のことやゴール裏の応援のこと等)のですが、今週の休みにでもまとめて色々と書くつもりですのでお許しください。

さらに、「鹿嶋市民になるまで」がかなり御無沙汰となっておりますので、こちらの更新を先にしたいと考えております。
前回は2003年の浦和レッズとの優勝の掛かった最終節、試合終了後の落胆した自分に職場の知り合いのTさんが「家族面会所に一緒に行こう」と私を誘う場面で終わっています。

次回はこの続きから書くことになりますので、その最後の部分を(続き)に入れておきます。

続きを読む "快方に向かっております。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月22日 (月)

風邪ひきました。

2~3日前から喉が痛くなって「おかしいな?」とは思っていましたが、今日は“くしゃみ”や“鼻水”が止まりません。

子供の風邪がうつったようです。

頭もボーッとしてしまっていて、通勤の車の運転もかなり危険でした。(昨晩、良く眠れなくて眠気がひどい)

今のところ、熱はなさそうだけど絶不調で辛いです。

試合が無い時で良かった・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

2007年 チーム内勢力分布図

今年度、新たなメンバーとなった鹿島アントラーズのポジション争いはどうなるのだろうか?

その前に、どのポジションにどのような選手がいるのか?

鹿島の選手達はユーティリティな選手が多く、複数のポジションを幅広くこなすことのできる技術力の高い選手を有していることではJリーグ随一だと自負してます!

毎年、使用している我が家の“アントラーズボード”に今年度の新メンバーを揃えてみました。

Img_1820 今年になって一気に増えた期限付き移籍の選手達。

右下の枠が足らなくなってしまいました。

左のコルクボードには、試合日程の紙やその時期の順位表などを張ることができます。

ところで、このブログの題名が「チーム内の勢力分布図」ということなので、その辺りをチョット見てみたいと思います。

続きを読む "2007年 チーム内勢力分布図"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

勝って鹿島に帰ろうぜ!!

まだ、紐穴とか周囲の縫い上げがまだなので完成とはいえませんが、ほぼ“新ダンマク”が出来上がりました。

今回はアウェー用のダンマクで、前回の「鹿島の神を呼び起こせ」と比較すると相当コンパクトなものになります。

横が約3mで、縦が1.1mなのでかなり小さめです。
それ故に文字のパンチを効かせるため「蛍光塗料」を使用し、しかも遠くからでも見分けやすい“オレンジ色”を選択しました。

Img_1819 ダンマクの文句は「勝って鹿島に帰ろうぜ!!」です。

これまでアウェーの試合開始前にいつも心の中で、いや声に出して思っていたことをそのまま書き出しました。(一応、今年の「書初め」です)

ゴロも非常に良く、これまた自己満足しているところです。

選手にもこのメッセージを伝えたいと言う気持ちもありましたが、特にゴール裏のサポーターの気持ちを高めたいという気持ちの方が強くありました。

「このダンマクを見てくれたサポーターの興奮度合いを少しでも高めることができればいいな」なんて思っています。

その興奮が応援に繋がれば、今まで以上にゴール裏の“勝利への意志”がピッチの選手達に伝わると信じています。

さあ、次はゲーフラだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月17日 (水)

11月20日頃に気になっていたことは?

昨年の11月20日のブログで「最近気になっていることの箇条書き」というものを書きました。
あれから2ヶ月近く経って、今度は「その頃の疑問は私の中で解決できているのだろうか?」ということが気になり検証してみることにしました。

完全に自己満足の世界ですので、興味の無い方はスルーしてください。

≪11月20日当時気になっていたこと≫

・フェルナンドはどうしたんだろう?怪我?それとも、考えたくはないが・・・?
⇒フェルナンドは怪我の治療ということでブラジルに帰国してしまったが、その時は退団のことには触れられずに、後でチームを去ることだけが伝えられた。

・當間君の入団発表は何故オフィシャルからなされないのだろう?
⇒11月22日に遠藤君とともに入団が発表された。

・ダニーロ、ファボンだけでなく、ミネイロまでサンパウロからやって来るの?本当?
⇒ミネイロは来ませんでした。

・アレックス、ファビオ、ダ・シルバはどうなるの?
⇒3人とも退団しましたが、だれか1人は残るものと思っていましたので驚きました。

・本田、名良橋のベテラン組の契約更新は?
⇒12月6日に他の外国人選手とともに、二人とも契約期間満了ということで事実上の退団が発表されたが、本田はその後熟考のうえ「引退」を決断し、名良橋は現在も移籍先が決まったとの発表はない。

・コールリーダーA氏の復帰はいつだろう?
⇒2006年内の復帰はありませんでした。今年の復帰に期待しています。また最近、H氏のリードもかなりいいですよね!

・25日の天皇杯チケット発売日に、最初にトライするのは決勝?それとも準決勝?どっちが利口?
⇒いずれのチケットも楽に入手できましたが、発売開始直後の5分間くらいは全く電話はつながらず、一番高い指定席がすぐに売り切れていました。自由席は決勝でも準決勝でも全く問題なし。

・奥野コーチは本当に草津の監督に行っちゃうの?
⇒今日現在そのような話は聞かれることは無く、監督も変わるので残留なのかな~と思っています。

・アウトォリ監督の残留は決定しているの?
⇒11月30日に退団が発表されました。ええ~って感じでした。

続きを読む "11月20日頃に気になっていたことは?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月16日 (火)

柳沢敦!期待してるぞ!頑張れ!

鈴木隆行の記事にはちょっと驚きましたが、うろたえるような記事でもないのでスルーします。

今日のサンスポの裏一面で「泣いてたまるか」という特集があり、柳沢敦のことが書かれていたので読みたい人は是非どうぞ。

気になる人も多いと思うので、彼と“その時から今日まで、そして今年”といった気持ちを少しでも共有できるかな?と感じられます。

続きを読む "柳沢敦!期待してるぞ!頑張れ!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月15日 (月)

2007年始動予定

自粛中に判明したアントラーズと私に関するスケジュールは、

1月27日(土) オリベイラ監督来日
2月6日(火) 本人内示(会社の定期人事異動があれば・・・無いことを願う!)
2月3日(土) ポイントシステムプレゼント クラブハウスにて受け取り
2月11日(日) シーズンチケット この日までに自宅に宅配
2月25日(日) プレシーズンマッチ VS水戸ホーリーホック(笠松:13時00分)
3月3日(土) Jリーグ開幕 VS川崎フロンターレ(等々力)
3月11日(土) カシマスタジアム開幕戦 VSガンバ大阪

と、このような感じでしょうか。

この間には色々とやら無ければならないことがありますが、時間はありそうに思えても意外とすぐに開幕がやってきそうな気がします。

最近、仲間とちょくちょく連絡を取るようになってきましたけれど、やはりみんなそろそろ“薬”が切れてきているようで、アントラーズに関することを何かしていないと落ち着かないようですね。

そういう自分もまさにその通りで、誰もいないクラブハウスのグランドを眺めに行ったりしています。
その行き帰りにも鹿嶋市内の道端のフラッグがボロボロになっているのを見て、「これも差し替えないといけないな~」なんて考えたりもしていました。

自分ではしごを持っていって付け替える時間はあるのですが、残念ながら“もの”(フラッグ)が無い!
「じゃあ外すだけでも」とも思ったが、まだ、無いよりはボロでも付いていた方がいいのかと思い、何もできず・・・。

開幕まで待ち遠しいけ一方、『やらなきゃいけないこと』がまだまだ沢山あって、そういう意味で“開幕まで時間が足りない!”

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自粛解除します。

深井選手の新潟へのレンタル移籍がオフィシャルより発表されました。
また、その間に羽田選手のセレッソ大阪へのレンタル移籍も発表されました。

まだ、正式決定していないどころか、交渉中であったのに新聞記事に踊らされてしまい、申し訳ありませんでした。

その罰として、オフィシャルから発表されるまではブログの更新を自粛してました。

深井選手や羽田選手にとっては「挑戦」が始まることとなり、是非とも死ぬ気で頑張って欲しいと思います。
そして、しっかり移籍先で結果を出して、再び鹿島に戻ってきて欲しいと思います。

PS.深井選手、結婚おめでとうございます!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

お詫び

今朝の新聞(スポーツ報知)を読んでいたら、「深井、新潟か残留か2つに絞る」といった記事を目にしました。
それによると、クラブと交渉しているものの結論は出ず、それでも新潟移籍か鹿島残留かの2つに絞られたというもので、近日中に結論が出るということでした。

先日のスポニチの記事で、てっきり新潟移籍で話がまとまったのかと思いましたが、その後、クラブからの正式発表がなかなか出ないので「どうしてなのかな?」と思っていたら、交渉はまだ継続していたのですね。

そんなことも知らずに、あたかも深井が移籍を決断したかのようなブログを書いてしまい、間違った情報を流していたことにもなり、ここを読んでいただいている方々に大変申し訳ない思いです。

この場をお借りしてお詫びさせていただきます。

移籍情報については、この手の勇み足がいくつもあるのでかなり注意して取り扱っていたつもりですが・・・。

今後は充分に気をつけたいと思いますので、皆さん並びに深井選手、さらにはまだオフィシャルから発表のない羽田選手に重ねてお詫びします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

こちらも新加入

こちらも新加入

こちらは私のサポーターグッズというか、応援グッズを作成するための道具(材料)で、今年新加入の選手です。
まだキャンプで使えるかどうか様子を見ている段階ですが、即戦力として期待しているので、「試し」が上手くいって欲しいところです。
近々、製作物と共にその効果をお知らせできると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新外国人

3人の新外国人選手との契約完了が発表され、さぞかし今朝の新聞紙上でも賑わせるものかと思ったのですが、スポーツ新聞はどれもこれも阿部の移籍話ばかり。

本当に隅っこに文字だけ数行で書かれている程度の扱いに多少の不満を抱きながらも、逆に注目されないことにホッとしているかもしれません。

昨年まで鹿島に来る外国人選手は結構大きく報道されることが多く(特にファビオ・ジュニオールとか)、そういった前評判が高い選手で期待はずれに終わるケースは他チームでもまま見られます。

だから、注目されずにシーズンが始まってから、「おっ!誰だあの外人は?」などと他チームサポから言われるような展開になりそうで、そういった期待が結構マジに高まっています。

ダニーロにしろファボンにしろ、日本のサッカーに馴染むかどうか心配される声もありますが、監督が彼らを良くしっていることや、馴染むとかいうレベルではないレベルにある選手だと確信できるので、そういった心配は無用だと思われます。

そこで、彼らにさらに期待したいことは、今いるアントラーズの若い選手達の手本となるようなプレーでありファンサービスです。(ファンサービスはおまけでいいですけれど!)

アウトゥオリがいっていた「精神的な問題」を解決してくれる存在となってくれれば、もう「鬼に金棒」といえるでしょう。

マルキーニョスにしても、ハートの強さは証明済みなので1年間怪我無く暴れまくってくれればチーム内の競走激化にも繋がり、それは皆が望むところといえるのではないでしょうか。

派手さはなくとも、しっかりとチームのウイークポイントを補強できたかどうか?それと、ここ数年取り組んでいる世代交代を完成させることができるかどうか?この2点が今年の鹿島アントラーズの行方を占うポイントとなりそうだと個人的に注目してみます。

昨年、FC東京サポのN氏と年末会う機会があり、「鹿島はさすがだよね。それほど順位を落とすことなく、しかも常に優勝争いに加わりながら世代交代できてきているよね!」と言っていただきました。

まさに自分達のことだから欲が一杯あるので、世代交代も優勝も全て望もうとしてしまうものですが、客観的に見るとそういった2~3年を送ってきたということなのですね。

あと、こうも言ってました。「若い能力のある選手は、試合に出して上げれないと可愛そうだよね。サッカー選手は寿命が短いから、大卒ならなおさらだよね。」

選手やチームに色々なことを我慢してもらうよりも、サポーターとしてはチームや選手のために自分が我慢しなきゃならないですよね!アントラーズに関する色々なことを・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 9日 (火)

一喜一憂

深井の新潟へのレンタル移籍がスポーツ新聞で報じられていますね。

先日には山拓の草津へのレンタル移籍がオフィシャルから発表され、カフェ(アントラーズカフェ)の方では中後が阿部の後釜として千葉からオファーを受けたとか受けないとか・・・。

この時期、この話題はサポーターやファンにとっては最大の関心事であることは間違いなく、鹿島においてもそれは例外ではなく、新加入のニュースではオリヴェイラ監督の正式決定や新外国人ダニーロ・ファボン・マルキーニョスの加入の噂に嬉しさを隠し切れない面もあります。

一方で、当事者となる選手達はどうでしょう?

選手は1年間、チームや監督の指示に従い、ただ単に勝つことだけのために働くこととなります。
その際には、個人的な希望や主張は一切許されず、不平不満があってもチームの犠牲となり駒となり働かなくてはなりません。
その選手達が自己を主張することを許されるのが、「契約交渉」なのでは?

欧米のように契約社会ではない日本では、サポーターやファンは選手達のこういった移籍等の往来に“情”を持ち込みすぎる感があるのではないでしょうか?

「もっとドライに」と言っているわけではありません。
「アントラーズファミリー」という言葉の通り、心のこもった対応が鹿島アントラーズの良さでもあります。

何が言いたいかと言うと、選手が唯一、自己の主張ができるこの時期の「契約交渉」なのですから、深井のように自分の気持ちを正直にチームにぶつけるのは当然であり、サポーターやファンはこの選手の本当の気持ちを大切にしてあげないといけないのではないかということです。

「行かないでくれ!」と言う気持ちは選手に伝えるべきだとは思いますが、このように“求めて”行くような場合は、逆に応援してあげるべきだとも思います。

Jリーグで活躍しようと思えば、鹿島のようになかなか出番がない状態でいるよりは、試合に出ることができる環境の方が数段いいのは確かで、そいうった選手を抱えておきたいと思うのはチームやサポーターのエゴでもあります。

メッシーナであのような扱いを受けた柳沢、また同様の扱いになりそうな小笠原を見ていれば、選手を中心としたこういった考え方も理解できるのではないかと思われます。

深井しかり山拓しかり、また、羽田しかり。

鹿島のベンチで試合を見ているより、鹿島を相手に戦っている方が彼らの能力が高まるはずだと信じて送り出してあげたいと思います。

そして、大きくなって強くなって、いつかはいやすぐにでも、帰ってきて欲しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年1月 7日 (日)

ナガシマスパーランド

ナガシマスパーランド

里帰りを利用して、ナガシマスパーランドにある「湯あみの島」という温泉に行って来ました。
温泉よりもマッサージが目的で、今日は『タイ古式マッサージ』に挑戦しました。
運動不足の毎日ですから、ストレッチなど全く無縁だったので痛くて仕方なかったけど、終わってからは身体の凝りが解消されたような気になりました。
鹿嶋に帰ったら、今度、神栖にあるタイ古式マッサージに行ってみようかな?
写真はナガシマスパーランドにある馬鹿でかいジェットコースターです。
死んでも乗らんぞ!こんなもん!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 5日 (金)

帰省

明日から正月の変わりに帰省します。
故郷は三重県の四日市です。

サッカー好きの人ならご存知でしょうが、四日市はサッカーがとても盛んな地域で、私も多分に漏れず子供の頃から少年団でサッカーをしていました。

小学校4年生から初めて高校2年生までずっとサッカー部で活躍してました。

活躍とは言っても、上級生になってレギュラーになるという極々平凡なプレーヤーであったに過ぎませんが。
私の子供の頃のサッカーといえば、今で言う3-3-4の古典的なスタイルで、ミッドフィルダーではなく「ハーフ」と言われていた古い時代のものです。

小学校の時はハーフやウイング、中学校の時はウイング、高校時代はハーフのポジションで、左右両方のサイドをこなすことが出来ました。
意外と足は速かったのです。
でも、体が小さかったので“すばしっこい”タイプの選手として起用されていました。

当時は、練習でも「水を絶対に飲んだらいけない」とか「学校への坂道をウサギ跳び」が当たり前で、ゲルトミュラーベッケンバウアークライフといった選手が有名で、奥寺が初のプロ選手になるといったニュースも記憶に残っています。

岡野俊一郎という名前もよ~く覚えています。(TVでの露出が多かった名前です)

スパイクは、「ウォルフガング・オベラーツ」だったことが懐かしい思い出ですね。

ペレの後継者としてジーコという若い選手が現れたという記憶もかすかにあります。

私の所属するチームは小学校時代から強く、小中学校では「優勝」か「準優勝」しかなく、高校では「全国高校サッカー選手権大会県予選」でノーシードから勝ち上がって、準決勝で四日市中央工業に敗れたのが最も悪い成績でした。

当時、三重県では野球よりもサッカーの方が盛んなスポーツでしたが、観るスポーツとしてはプロ野球の足元にも及ばず、サッカーは観るよりも“する”スポーツであると思ったものでした。

日本リーグを見ていても途中で眠くなってしまい、観ていて興奮したり楽しかったのは高校サッカーくらいでした。

その時代から思えば、現在のJリーグや日本のサッカーの隆盛は想像だにできませんでした。

代表人気も凄いですが、この人気を生み出した“Jリーグ”の発想は日本サッカー界の最大の転機であり、物凄いことだったのだと常々思います。

意外とプロ化については昔からよく話題にはなっていたのですが、「絶対に無理」という結論に必ず落ち着いていました。

日本人の気質や嗜好を考えると、「サッカーにおけるプロ化は絶対に無理である。」とか「人気が継続するわけが無い。」とかいわれていたものを、現実に生み出した人々の力には感服します。

鹿島アントラーズのことを考える時に、やはりこのJリーグ発足の原点は頭の片隅において考えなくてはならないと思います。

“原点回帰”

ここから何かが見えてくるはずです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 3日 (水)

ということで、福袋の中身。

年末に購入した今年のアントラーズ福袋の中身は、さて、どうだったのでしょうか!

例年よりも待ち列は短く、販売開始時間は9時35分でした。(去年はもっと早かったような気がします。)

今年は2万円の福袋と5千円の福袋の2種類を購入しました。

2万円のものは、持ってみて軽いものと重いものがあったので、どちらにしようか悩みましたが、敢えて軽い方にしようとしたら嫁さんから「重い方が・・」と言われ、「じゃあ、そっちにしようか。」と言うことになってしまいました。

家に帰って開けてみると、重い理由は「時計付きリストバンド」「首振りフィギュア」だったようです。

期待していたアパレル関係はそれほどでもなく、実用的なもの(ベンチコート等)が無かったのが残念でした。

とはいいつつも、一番期待していた“当たり”の商品はこれでした。

Img_1797 コーチ用のウインドブレーカーでした。

使えると言えば使えますが、何しろ私にはデカイ!

ところで、45番とは誰のものでしょう?
コーチの誰かとは思いますが・・。
イヤーブックにもコーチの背番号は載せられておらず。

Img_1798 こちらは5千円の福袋の“当たり”です。

ゴールキーパーパンツ

28番と言えば、そうです、首藤選手のものです。

こちらはもっとデカイので、全く使えるものではありませんが、サインでも貰って記念品にしたいですね。

うちの子供が、このパンツの片足に入って寝袋にしてました!

続きを読む "ということで、福袋の中身。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

新年早々!

昨日の14時頃、ブログを更新しようとパソコンに向かって文章を打ち出した時、携帯が鳴って「いや~な」感じがしましたが、やはりその予感は的中し、大晦日に引き続き仕事の呼び出しでした。

1年を通して、緊急に呼び出されることなんて1回あるかないかという職場なのですが、どうしてこの年末年始に2回もあるのでしょう?

わざととしか思えない!のですが、わざとであるわけも無く、車を飛ばして片道1時間30分かかる職場へ急ぎました。

そして発生していた問題を解決できたのが夜の19時、それからまた1時間30分かけて鹿嶋に帰り、吉野家で晩飯を取り、21時前には家に戻ることができました。

お陰でブログ「福袋編」は書けず、新しいダンマク作りにも着手できず・・・。

今日はとりあえず休みですが、正月の連休どころか普段の休みよりもひどい状況じゃないですか!(怒)

どこかで代休取れるのかな~?むりだろうな~。(嘆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は、つたない私のブログ「鹿莫迦のかしまマライフ」をお読みいただきましてありがとうございました。
2007年も「鹿島および鹿嶋」にこだわった話を綴っていきたいと思っておりますので、何卒暖かい心でご訪問ください。

ちなみに、昨日は急遽仕事が入って、夕方6時からスクランブル出勤いたしましたが、何とか年内(11時30分)に帰宅して、我が家で新年を迎えることができました。
「晩ご飯」と「年越しそば」が一緒になってしまいましたが、今年こそは静かな1年(仕事と生活)および激しい1年(アントラーズ)にしたいものです。

仕事が忙しかったことと本来のルーズな性格から、年賀状は今日ゆっくりと作成することとなってしまいました。
という訳で、まだ誰にも年賀状を出していないのですが、ここに来てくださっている皆さんには1足お先に?(既に遅いって!)今年のご挨拶状を出させていただきます。

写真は、我が家のすぐ近くから自分で撮影したものです。
“初夢”はモチロン・・・!
皆、今年はここで「思いっきり○○○○」しましょう!(○の中はそれぞれの想いを入れてください。)

Img053

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »