« 名古屋戦イベント決行! | トップページ | さすが茨城新聞(2) »

2006年12月 8日 (金)

勝たなければならないことを忘れずに!

ココログのメンテナンスで更新ができませんでした。・・・と言えれば良かったのですが、年末の忙しさからメンテナンスは関係なしに更新できませんでした。

いつも見てくださる方々に、「すみませんでした。」

さて、今週は鹿島の契約状況も判明して、早くも?ストーブリーグの雰囲気が漂っていますが、今週末に天皇杯の名古屋戦があることを忘れていませんよね。

確かに、鹿島最大の功労者である本田泰人との契約不更新はサポーターにとっても大変な事態であることは間違いありません。
また、名良橋の移籍に関することや、まさかの外国人選手全員の退団など、鹿島サポーターにとっては落ち着いていられる状況でないことも充分に理解でき、自分自身の気持ちもかなり揺らいでいます。

でも、それはそれとして、いつも試合の最中に相手に攻め込まれるときにピッチの選手に向かって「集中!集中!」と叫んでいるように、まさに今は名古屋戦に集中しなくてはならない時だと自らに言い聞かせたいと思います。

名古屋戦は絶対に敗戦が許されない一発勝負の戦いです。
しかも、今度はヨンセンという脅威のストライカーが乗り込んできます。
決して楽勝できる相手ではなく、ちょっとでも油断したら寝首を掻かれることになりますよ!

去年の仙台を思い出してください。

外国人選手が全員帰国してしまっていた大宮になんて、絶対に負けることなんてないと考えていた試合で、見事にやられてしまった鹿島アントラーズ。
いつものように?まさかの相手にやられてしまう“悪い癖”を出してしまった去年の天皇杯!

“長い冬”を過ごすこととなってしまった去年を思い出しましょう。

今度はホームのカシマスタジアムでの戦いです。
本田名良橋アレックスファビオダ・シルバと少しでも長く一緒に戦うためにも、絶対に負けるわけにはいきません!

お別れも出来なかったフェルナンドのいるブラジルへ「吉報」を届けるためにも、さらにアウトゥオリ監督と一緒に優勝を喜ぶためにも、絶対に油断などで負けるわけにはいきません!

そんな今週こそ、全ての思いを込めて試合に臨み、“鬼気迫る”姿勢で名古屋をぶっ潰しにいかなくてはなりません!

さあ、もう明日です。

鹿島アントラーズサポーターの“力”を、名古屋にそして本田アレックスに見せてやろうじゃありませんか!

みんな!準備はいいですかー!

|

« 名古屋戦イベント決行! | トップページ | さすが茨城新聞(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/12977686

この記事へのトラックバック一覧です: 勝たなければならないことを忘れずに!:

« 名古屋戦イベント決行! | トップページ | さすが茨城新聞(2) »