« さすが茨城新聞(2) | トップページ | 名古屋戦イベント御礼 »

2006年12月 9日 (土)

ベスト8進出

「速報Jリーグ」じゃなかった、「天皇杯ダイジェスト」でも軽~くさらっと流されてしまい2対1で“名古屋に辛勝”と勘違いされてはいけないので、今日の試合についてご報告です。

結果的には2対1と際どい試合のように思えますが、そのとおり終盤はドキッとするような場面が何度もありました。(おいおい、言っていることが違うぞ。)
10人となった相手に「おお~、助かった!」と胸をなでおろしたシーンが幾度かありました。
そのため、私は終盤には「動け!動けー!」と自然に叫んでいました。

それでも、そうなる以前にはアレックス田代の決定的チャンスが何度もあり、もっと大差で勝っていても可笑しくない、いいや大差で勝っていなければならない試合だったと言えます。

記憶にあるチャンスでは、アレックスがDFを交わしてGKと1対1になりそうになった時に、DFが後ろからタックル、「FKもしくはPK?」と思ったら審判のお決まりの「ノーファール」、「今日も出たー!」ってところ。
しかも、その直後のプレーではボールをすぐに奪い返して、今度は本当にアレックスがGKと完全1対1、「もらったー」と思いきや、「ピッピー」と、一体何の反則?

“いつものように”12人目の相手の活躍に若干の不安を感じながらも、その後は田代の絶好の抜け出しにスピラールがたまらずファウル!退場!
10人となった相手を完全に崩しきって、本山からゴール前のアレックスへの余裕のパス、ノーマークのインサイドキックで押し込み、「ごっちゃんゴール」と思いきや、これまたオフサイドの判定。
一体誰がオフサイド?いい加減にしろよ。

それにもメゲズ、右サイドから篤人が切り込みゴール前へ流し込みを、それを走りこんできたアレックスがインサイドでちょこんとあわせたところが、アレックスとしては信じられないゴールバーを越えるミスキック。

決めるところをきちっと決めておかないと・・・、反省しましょう!

そんな状態でも、試合の内容としては「いい試合をして勝てた。」といった印象でした。
正直言って、“強さ”を充分に感じられる試合だったと思います。
本当に、今の鹿島アントラーズにとって最大の敵は浦和でもなく、ガンバでもなく、ましてや清水でもなく、それは「油断」であると言えます。

次は熊本での清水エスパルス戦となりますが、磐田の6連勝、名古屋の6連勝を何なくストップさせている今のチーム状態なら、たとえ好調で自力のある清水でも敵では無いでしょう。
本当の敵である「油断」に対して、試合終了の笛が鳴るまで戦うことができれば、絶対に負けることはありません!

今は、元旦までの全ての試合が「自分自身との戦いである」ということを再認識できた今日の一戦でした。

 

「サポーター会議」に出席しました。
有意義だったことには間違いありませんが、集まった大半が“オーバー30”とあっては今後のアントラーズサポーターが心配にならざるを得ません。(アンダー30で出席されていた方がいらっしゃいましたら「すみません」)

今日の会議の内容は、「応援の盛り上がり」や「席取り」その他について幾つか意見が出されましたが、結論を出すのものではなく今後話し合っていく“議題探し”ということでした。
今後は「シーズン前とかで、年に1回、サポーター、インファイト、クラブ、選手で話し合う機会が設けられれば。」といったプランを聞くことができました。

そんな中でも、一つだけ結論のでたことがありました。
それは、「何事にも、人に期待するのではなく、自分自身で行動する。」ということでした。

その通り!

|

« さすが茨城新聞(2) | トップページ | 名古屋戦イベント御礼 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/13001736

この記事へのトラックバック一覧です: ベスト8進出:

« さすが茨城新聞(2) | トップページ | 名古屋戦イベント御礼 »