« 明日は久々に雨の試合? | トップページ | 韻について »

2006年11月12日 (日)

久々の快勝!

ガンバ大阪に見事な逆転勝利!やったね!

最初に失点した時は「そんなに差があるのか?」とチームの力を疑ったが、オウンゴールとはいえ野沢の鋭いコーナーキックからの得点から見事にチームが切り替わりました。

その後の得点シーンが素晴らしいことは言うまでもありませんが、途中の試合展開においても最近では見ることが余りなかったサイドチェンジからの速攻など、光るプレーや攻撃が随所に見られたいい試合だったのではないでしょうか。

ファビオのサイドが最初やられていた時などは、「やっぱりファビオじゃ駄目!」との気持ちが思わず口に出てしまったのですが、その後のプレーでは彼は何度もクロスを防ぐことができており(破られてクロスをあげられるシーンも何度かあったが)、「時間をかけて見守ってあげなくてはいけないものなのかな?」とも感じる部分もありました。

それにしても、アウトゥオリ監督の交代の遅さにはひやひやさせられます。(監督にはそれなりの勝算があるのでしょうが、見ている側としてはいつも心配の種となっています!)

 

昨日の試合のMVPは田代でしたが、一番光っていたのは私は新井場だったと思いました。

後半には、疲れから足が止まってしまいボールをキープすることができない前線のメンバーを鼓舞するかのように、猛ダッシュでの攻撃参加、激しいアクションでの審判や見方へのアピールには“勝利への執念”が感じられ、凄く彼の気持ちを感じることができました。

そして、『カシマスタジアム入場禁止処分』が適当であると思われるガンバコールリーダー?の新井場への卑劣な野次は、新井場本人とともに我々アントラーズサポーターは、決して忘れません!

これら全てのプレーや気持ちが現れたのが、試合終了後の新井場“ガッツポーズ連発”とゴール裏の“新井場コール”だったと思います。

段々とですが、選手とゴール裏サポーターとの気持ちのキャッチボールができてきているのではないかとも思えました。

 

それと昨日はコールリーダーがAさんではなく、また天皇杯でリードした方でもなかったですね。

ゴール裏も人材育成に着手したのでしょうか?まあ、当然必要なことなのでしょうけどね!

これも、インファイト組織の若手の頑張り(若返り)一つとして取り組まれているのであれば素晴らしいことだと思います。

周囲のサポーター達はそんな若いインファイトを盛り上げるべく、できる限りの協力をしていくことができれば、少しでも理想のゴール裏に近づいていくはずです。

 

残り少ない今年のリーグ戦ですけれど、チームとともにサポーターも“一体感”を大切にして頑張って行きましょう!

あ~やっぱり勝利の後の1週間は気持ちがいい!

|

« 明日は久々に雨の試合? | トップページ | 韻について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/12653331

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の快勝!:

« 明日は久々に雨の試合? | トップページ | 韻について »