« Jリーグタイム | トップページ | 12月を前に »

2006年11月28日 (火)

うれしい言葉

相馬直樹氏のブログで、日曜日の鹿島-川﨑戦について適格に分析され書かれていました。
その中で、我々サポーターにとって凄く嬉しいコメントが書かれていたので抜粋します。

「退場者を出しながらも決して消化試合なんかではない、プライドをかけた戦いなんだというところを見せてくれた。サッカーに関わる者として、こうした戦いを見せてくれた選手たち、そしてそれを引き出してくれたサポーターたちに感謝したいと思う。」

あの試合では、確かに田代退場後のヒートアップは凄まじかったけど、試合開始前からかなりのテンションでの応援だったとは思いました。
スタジアムの形状のせいかもしれませんが、ボリュームや勢いはここ数試合の?といった雰囲気は全くなく、「いいよ~今日は勢いがあって、声も出てるよ!」ってな感じではなかったですか?

今日だと思っていた録画放映も、私の勘違いで明日放映のようですから、その時は退場のシーンだけでなく鹿島の応援についても確かめて見たいと思います。

でも、明日は会社に泊まりなので、ビデオは明後日しか観れませんけどね。

|

« Jリーグタイム | トップページ | 12月を前に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/12853432

この記事へのトラックバック一覧です: うれしい言葉:

« Jリーグタイム | トップページ | 12月を前に »