« 18チーム中、唯一! | トップページ | これからの取り組み »

2006年10月 2日 (月)

Jリーグ百年構想

先日、カシマスタジアムでのFC東京戦の時に撮影されたJs Goalの「J1ゲーフラ特集」で、本山応援用のゲーフラで“グッドデザイン賞”をいただきました。

残念ながら、本山は怪我のため休養中なので最近このゲーフラの出番は全くないのですが、一日も早くスタジアムで掲げられる日が来ることを祈っています。

そんな自作のゲーフラですが、今年はまだ一本も作製していません。

来るナビスコ決勝での、「その瞬間」のために何か一つ考えて作製しようと思っています。

ところで、今年はこれらゲーフラに関して、個人的にはもっと嬉しいことがありました。

スタジアムで試合開始の1時間くらい前に流れる「Jリーグ百年構想のプロモーションビデオ」において、私の作製したゲーフラがアップで取り上げられているのです。

放映時間が5分以上と長いPVの冒頭の部分で、各チームの応援風景が次から次へと映されています。

その中で我らがアントラーズ(カシマスタジアム)のゴール裏が映され、その直後に一つのゲーフラがアップで写されます。

Img_0064 「最後まで選手と共に戦うぞ」というキャッチコピーのゲーフラがそれです。

このコピーは実は昨年のリーグ戦でリードがなくなってしまい、勝たなければならない場面でことごとく引き分けて、何度も何度も気持ちが切れ掛かってしまった時に、気持ちを振り絞って考えたコピーなのです。

だから、本当のピンチのときにだけ使用したいとの思いのゲーフラなのです。

ともかく、私のゲーフラがJリーグのPVに取り上げられるなんてことは“晴天の霹靂”であり、これを観た瞬間は息が止まってしまうくらいの驚きでした。

そして、大好きなサッカーの、しかもJリーグの大構想に貢献できたことは、自分にとってとても満足できることあり、かつ、凄く幸せに感じることができました。

ゲーフラを作るときは、これらの見返りなんて全く考えもせず、選手にアピールできることのみ考えていました。

でも、その純粋な気持ちが一番良かったのでしょうね。

だから、これからも“その時その時の気持ち”を大切にしたゲーフラを作りたいと思います。

ナビスコ用のゲーフラはどんなものにしようかな~!

こう考えることができるだけでも、充分に幸せですね!

|

« 18チーム中、唯一! | トップページ | これからの取り組み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/12126115

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ百年構想:

« 18チーム中、唯一! | トップページ | これからの取り組み »