« 勝ったぞー! | トップページ | 超!多忙につき »

2006年9月 1日 (金)

家本ジャッジ ビデオ検証

昨日、名古屋戦のVTRを観ました。

家本のジャッジについては、かなり気になっていたので何度もリプレイして確認してみました。

・前半、深井への本田のファウルはPKだったと思われます。が、あのパターンではPKとはせずにFKとするのは仕方ない判定ではないかと・・・

・ファビオのFKが相手DFにあたってゴールを外れたのに、ラインズマンともにGKにしてしまった判定はあきらかにミスジャッジ。でも、横から見ていたのではDFにあたったことが分かりにくいかもしれません。ラインズマン、家本ともに横から見ていたのであのような判定になっても仕方ない?

・後半のファビオのオフサイド判定については、その通り「戻りオフサイド」ですね。ラインズマンが良く見ていたと思います。

・バイタルエリアでダ・シルバが山口に倒されてファウルを取ってもらったシーンについては、明らかなミスジャッジで鹿島にとっては儲けもの。

秋田へのイエロー~PKとなった問題のシーンは、秋田が岩政のマークに着いており、野沢のキックの瞬間に岩政がゴール前に走りこむスタートを切ろうとした際、秋田は岩政のユニフォームを引っ張っており、岩政はそれを振り切って走りこんだが間一髪ヘディング間に合わず、楢崎がボールをキャッチしたもの。普通ならファウルは獲らないだろうが、秋田が振り切られた後も岩政を追いかける時に手を伸ばしてユニフォームを引っ張ろうとしていた印象が良くなかったのか、家本の位置からは目の前の出来事で看過できなかったのでしょう。(前半の深井が倒されたシーンとの帳尻あわせも・・・?)

青木と大森の2枚目のイエローは、両方ともファウルではあってもカードを出すようなものではなく、この時間帯の判定は明らかに尺度が狂ってしまっているような気がする。

私もVTRを見るまではかなり儲けものの「勝ち」かなと感じていたのですが、検証後はそんなことは無く「勝つべくして勝った!」と実感しました。

パスミスは多かったけれど、ボールポゼッションも勝っており、FKの数も圧倒的に多い。

途中交替した選手も含めて、個々の選手の頑張りも充分に評価できるものであり、自信を持って次の試合に望める内容だったと思います。

次戦は主戦メンバーが戻ってくるのでしょうが、今回と同じメンバーで闘ってみるのも面白いかもしれませんね。

善戦どころか“がっぷり四つ”で組んでも力負けしないと思いますよ。

|

« 勝ったぞー! | トップページ | 超!多忙につき »

コメント

初めまして!

>・バイタルエリアでダ・シルバが山口に倒されてファウルを取ってもらったシーンについては、明らかなミスジャッジで鹿島にとっては儲けもの。
僕も見直したのですが、ボール取られたところはファールじゃないんですけど、後ろの脚がダ・シルバに接触したところをファールにしたようですね。

ビデオで見直して思いましたが守備がヤバ過ぎだと思いました。(現地でも思ってましたけど)
最後の中村直志が飛び込んだところなんか、心臓が止まりそうでした…(僕はアウェイ自由席観戦でしたので余計に)
守備の改善は難しいと思いますので、攻撃力で買っていきたいですね。

投稿: なま | 2006年9月 1日 (金) 11時17分

ダ・シルバのシーンについては、なまさんのおっしゃる通りですね。ただ、あのようなプレーはシュミレーションを取られても仕方ないくらい微妙なもので、ビデオで何度も確認しなければならいないようなプレーですよね。ですから肉眼では雰囲気的に流すプレーであってもおかしくないと思います。だから、山口にはかわいそうな判定でうちにとってはラッキーな判定ということですね。

たしかに最後の中村のシーンには凍りつきました。ホント良かった~。

投稿: 鹿莫迦 | 2006年9月 1日 (金) 16時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/11712762

この記事へのトラックバック一覧です: 家本ジャッジ ビデオ検証:

« 勝ったぞー! | トップページ | 超!多忙につき »