« 秋田豊が伝えてくれた | トップページ | 誰もいなくてもクラブハウス »

2006年6月16日 (金)

オリジナルTシャツの作成(3)

遂にデザインの候補が出来上がってきました。

Front 「角」のデザイン2種類です。フォントのところが違います。

個人的には、文字の下に線が入っていない方がいいかな?と思います。

このデザインはシャツの前面用です。

Back こちらは背面に入れる文字です。デザイン作成の際に「できればポルトガル語で」とお願いしたら、そのとおり作ってくれました。これだとポルトガル語が分かる人以外は何が書いてあるか分かりませんね。これはこれで気に入っていますが、英語でもいいのかな~?と思っています。

ちなみに英語は、仕事で関係のあるアーセナルファンのイギリス人(英会話の講師)に以前に作成した英文を見てもらったところ、細かな間違いがあったので修正してもらってあります。

だから、このポルトガル語も正しい文章かどうか少し不安です。

Skull 最後に、背面用として「SKULL」のデザインです。

これは秀逸!だと思います。やっぱりプロの仕事は違うな~と感じさせられる出来映えではないでしょうか!とっても気に入っています。

これに対する前面は今回はありませんが、簡単に文字だけならその場で製作を依頼できるので問題はありません。

前が「角」、後ろが「SKULL」ではやはり“うるさすぎる”感があるので、それぞれのデザインで分ける方が良いと思います。

個人的にはどっちも欲しいー!

さあ、皆さんどうですか?

|

« 秋田豊が伝えてくれた | トップページ | 誰もいなくてもクラブハウス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/10552815

この記事へのトラックバック一覧です: オリジナルTシャツの作成(3):

« 秋田豊が伝えてくれた | トップページ | 誰もいなくてもクラブハウス »