« 記憶にない・・・。 | トップページ | さあ、出番だ! »

2006年5月17日 (水)

努力してないのは誰?

今朝、出勤前に鹿島神宮に立ち寄って京都戦の必勝祈願をしてきました。

その時に宮中市街(市街とはいえないのかも)の街灯に掲げられた「反撃宣言」のペナントを見た。昨年のペナントがまだそのままになっている・・・。

NHKでJリーグ開幕当時の地元の熱狂ぶりや必死の取り組みを見たが、今の地元にはそのかけらも感じられない。その象徴となっているのがこの去年のペナントだろうと思う。

これはアントラーズFCが管理しているものなのか?それとも地元商店街等が管理しているものなのか?いずれにしても更新を怠っているのは事実。もしかしてこれからは廃止すつもりなの?

このペナントは宮中だけでなく、その他の通りにもいくつか見られるものであり、いわば鹿嶋市内全域で昨年のままのペナントが掲げられているとういことになる。

他の地域では地元の取り組みとして最初に実施されるのが、これらペンナントやポスター張りといった広報宣伝活動である。これを行わない理由は一体何なのだろう?地元やクラブは「地元熱の衰退」を容認しているのか?

クラブや地元に限ったことではなく、努力と言うものは他人に見せびらかすものではなく人知れず行うものであり、結果が伴った時に始めて賞賛されることが美徳とされるのが社会通念!

逆に、努力していないことは絶対に悟られてはいけないことなのではないでしょうか?人が他人にやる気の無さをさらけ出す時は開き直った時でしょう。ということは、クラブ(若しくは地元)は地元のアントラーズ熱を上げることに対して、既に開き直っているのかもしれませんね!

開き直った人達に意見を聞き入れてもらうことは・・・相当大変なことです。

予算が足りなくて今年のペンナントを作成していなかったり、人手(人件費)が足りなくて付け替えるのが遅れているというのならまだ救いはあります。

予算がないなら「1口ペナントサポーターの募集」でもやって資金集めしてもいいだろうし、付け替える作業に人手が必要なら喜んで参加するボランティアはたくさん集まるはずです。

要するにやる気の問題!

選手に気持ちの入ったプレーを期待するのなら、フロントや地元が先に気持ちを入れなきゃいけません!

「一新制覇!」のペナントを掲げたいな~。

|

« 記憶にない・・・。 | トップページ | さあ、出番だ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/10109480

この記事へのトラックバック一覧です: 努力してないのは誰?:

« 記憶にない・・・。 | トップページ | さあ、出番だ! »