« 流鏑馬神事 | トップページ | 横断幕の作成(折り返し地点) »

2006年5月 3日 (水)

ホームでの敗戦

残念な結果が待っていた。またしても大分にやられてしまった。しかもホームで・・・。

確かに今日のアントラーズの選手達はどこかおかしかった。いつものようなパスワークが見られず、アレックス田代にもボールがおさまらない。両翼も全く羽ばたかない。飛び道具のFKも不発に終わってしまうと、なすすべが無い!

負けるべくして大分に負けた。大分の勝利は当然の結果だろう。

サポーターはどうだった?

いつもよりも多くのフラッグが立った。紙吹雪の量も大幅に増えた。声も出ていた。

でもサポーターも12番目の選手、アントラーズの11人の選手とともに今日の試合を戦ったのだ。

チームの敗戦は我々の敗戦。選手だけが悪いわけではない。11人の選手の中で頑張ったと評価される選手も何人かはいるだろう。サポーターもその一人にすぎない。

サポーターは頑張った!選手は?・・・なんて区別は有り得ない。

評価されることのなかった選手達の力を引き出せなかったサポーターの力不足も今日の敗戦の一因である。

いや、もしかするとサポーターも評価されるような応援が出来ていなかったかもしれない。

だから選手とともに反省すべき点は反省し、気持ちをすばやく切り替えて次の大事な一戦に備えなくてはならない。

今日の敗戦から今のアントラーズに必要な修正点を見つけ出そう。今のサポーターに足りないものを探し出そう。

それでいいじゃないか!

|

« 流鏑馬神事 | トップページ | 横断幕の作成(折り返し地点) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/9887554

この記事へのトラックバック一覧です: ホームでの敗戦:

« 流鏑馬神事 | トップページ | 横断幕の作成(折り返し地点) »