« 清水戦(ホームタウンデイズ潮来の日) | トップページ | ゴール裏から選手を応援しよう!(1) »

2006年4月16日 (日)

ホームでは決して負けさせない!

昨日の清水戦でマルキーニョスに先制されたシーン、奴は我々ゴール裏のサポーターに向かってこれ見よがしに煽ってきやがった。

無性に腹が立った!そして「野郎!目にもの見せてやる!」との思いが湧き上がってきた。

「絶対に負けさせない。俺たちが勝たせる!」という熱い感情を剥き出しにしたかった。

出来る事は、攻められた時は強烈なブーイング!ボールを奪った時は選手の動き出しよりも早く声を出す!この繰り返ししかない。

そして選手達がこれら声援に応えてくれる。アウトゥオリ監督の采配に期待が高まり、田代が追い付く。柏原が案の定やってくれたが、これで更に気持ちが一つにまとまる。遂に新井場が感動させてくれる。そして深井がゴール裏のボルテージを最高潮に引き上げてくれる。

最高の試合だった!そしてその瞬間には自分も頑張ったという自負があった。周囲の人々の声は全く聞こえなかったけど、自分の声だけしか聞こえなかったけど・・・だからこそ余計に頑張って大声を出し続けた!

今回、マルキーニョスに煽られて改めて気付いた事があった。奴はアントラーズサポーターとも戦っていた。

我々は挑まれた戦いに勝利しなくてはならなかった。負けるわけにはいかなかった。アントラーズを負けさせるわけにはいかなかった!『鹿島の誇り』があったから。12番目の選手という自負心があったから。

これまでホームで勝てなかった時、色々とその要因を自分なりに推し量ってきていたがそれは大きな間違いであったということに気付いた。

ホームで勝てなかった時、それは選手の責任ではなくサポーターの責任であるということ。

ホームでは我々12番目の選手がチームを勝利に導かなくてはならない。それを実行しなくてはいけない。勝てなかった時、サポーターはその責任を果たせていなかったということ。サポーターにも結果を求められるのである。

そのような自負心をもってゴール裏に立っていたい!

|

« 清水戦(ホームタウンデイズ潮来の日) | トップページ | ゴール裏から選手を応援しよう!(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/9625988

この記事へのトラックバック一覧です: ホームでは決して負けさせない!:

« 清水戦(ホームタウンデイズ潮来の日) | トップページ | ゴール裏から選手を応援しよう!(1) »